1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

アメリカのタクシーと言えば・・・Ertl '59 Checker Cab

しつこく続けて来たタクシー特集(笑)も持ちネタが少なくなって来ました。この辺りで有名なチェッカー・キャブのミニカーをを何台かご紹介したいと思います。


Ertl_checker_cab_1


↑デビューイヤーはトライシェビーと同じ頃の'56年。そのまま80年代まで製造が続き、最後の1台はNYで99年まで現役として活躍していたのですから、様々な世代の人々にとって身近な存在だった事でしょう・・・。


さて、やっぱりアメリカのタクシーと言ったらこのクルマを抜きに語る事は出来ませんよね。チェッカーキャブのデビューは'56年、その時の型式はA8型と言い、後に型式をA11,A11E(ロングホイールベース版)に改めました。'59年からは一般向けの自家用仕様(A10→A12,A12E)も開発され、スーパーバ、マラソン(登場時は上級版、その後この名称に統一。)の名で販売されています。頑強なラダ―フレームシャシー、シンプルなメカニズム、背が高く居住性に優れたボディ(ロングのA11Eでは補助椅子を使えば最大8~9人の乗車が可能)は走行距離も長く酷使される事の多いタクシー業界のニーズに合致しており、'82にチェッカー社の経営悪化により生産継続が出来なくなるまで20年以上の永きに渡って製造されました。長期に渡る活躍によりニューヨークの風景の1部と言われるなど、その存在は単なる自動車ではなく文化的なアイコンにまで昇華しています。


Ertl_checker_cab_ft1_2 Ertl_checker_cab_rr1_2


↑至って素朴なミニカーですが、実車が個性的なだけに見紛う事無きチェッカーキャブです(笑)。バンパーが大型化する以前の姿なのが貴重かもしれませんね。


初めにご紹介するミニカーはアーテルの”ビンテージ・ビークルズ”シリーズの1台で、箱の印刷によれば製造は'88年から。今日的な目で見れば至ってシンプル&素朴な出来ですが、高価なホワイトメタル完成品を除けば1/43ミニカーはこれしかない時代が長く続いたので当方には貴重な存在でありました。モデルの細密化が進む昨今、この素朴な味わいが逆に新鮮と言ったら誉めすぎでしょうか?(笑)'59年型という事になっていますがどの辺が'59年型なのかは当方には良く分かりません。。。実車は長年同じカタチで製造されましたが、'74年型からゴツい衝撃吸収バンパーを装着しており、近年IXOから発売されたミニカーはその仕様になっていますのでその辺が識別点でしょうか・・・。


Ertl_checker_cab_ft2_2 Ertl_checker_cab_rr2_2


↑購入以来20数年、大した手入れもしていませんでしたが・・・どうです、この矍鑠(かくしゃく)たる佇まい。素朴だけど長期保存に耐えるミニカーと、素晴らしい出来ながら数年で劣化が始まってしまう精密なモデルカー。10年、20年というスパンで考えた場合、果たしてどちらが価値ある存在なのでしょうか?


余談ですがこのミニカーは購入してから20年くらい経っており、今回撮影の為に久々に引っ張り出したのですが目立つ塗装の劣化やプラ部品のメッキのヒケもなく、至って良好なコンディションを維持しておりました。撮影にあたっては台所用の中性洗剤を垂らした水をティッシュに含ませて拭い、模型用のコーティング剤で軽く磨いただけです。安価で素朴な作りのミニカーながら天晴れ・・・。本来ダイキャストのミニカーは長期の保存に耐え得るからコレクションホビーとして定着して来た筈であり、この辺りは管理が悪いと数年で塗装が劣化してしまうような最近の脆弱な製品にも大いに見習って欲しい部分であります。少ない資金をやり繰りし、生産数の少ないミニカーを苦労して手に入れても、それが数年でゴミと化してしまうようでは・・・この趣味を続ける気持が萎えてしまいますよホントに。

スポンサーサイト

Comments
 No title
お~チェッカータクシーですね!

へ~、これってそんなに古い品なんですか!
コンディションもデキもいいから、ぜんぜんそうは見えません。
ホント、昔の品は長期保存に耐えてくれるモノが多くて助かりますよね。

今回、このクルマが来たってコトは、次あたりアレですかね?ヽ(´ー`)ノ
 No title
FZIRO様

いらっしゃいませ~。
当方はアーテルのこのシリーズの素朴さは結構好きなのですが、20年前に買った時も安いミニカーでしたが、今でも全然高値になってません(笑)。因みに後ろのピンクのキャデも同じシリーズの物で、何処にもそう書いてないのですがコレってFZIROさんが以前お書きになっていたプレスリーのママのクルマですよねきっと・・・。

>今回、このクルマが来たってコトは、次あたりアレですかね?ヽ(´ー`)ノ

・・・アレってアノ映画のことですよね?更新ペースも遅いしお待たせしてしまって申し訳ないのですけれど、アレの前に別の映画で一ネタやるつもりであります。今暫くお待ち下さいませ~。m(_ _)m
 No title
>>生産数の少ないミニカーを苦労して手に入れても、それが数年でゴミと化してしまうようでは・・・

ぐっ、、アタシ、、いつもの事で日常茶碗時お茶づけサラサラでつけど(爆)

ココのところ、チェッカーを続けて二台仕入れたのですけど、、どちらもイマイチでして、、

こちらの、素朴でステキなモデルを見てしまうと、本当に、萎えてしまいそうでつ。。
 No title
覆面える様

いらっしゃいませ~。
最近のミニカーで要注意はやっぱり塗装、と言うかその下で発生する白錆ですよね。。。某有名メーカーでも特に黒のボディなんかはけっこうヤバイです。アレ、なんでなんですかね~。不思議と古のミニカーには少ないトラブルのような気がするのですが・・・最近のはなんですぐダメになっちゃったりするんですかね~。金属の配合のせい?キャスティング時の不良?・・・はたまた塗装や下地処理をケチっているせいなのか・・・出来が良いモデル程劣化時のショックもデカイです。。。

>ココのところ、チェッカーを続けて二台仕入れたのですけど、、どちらもイマイチでして、、

はて?1台は”例のシリーズ”として、もう1台はなんでしょうか?とっても気になりますね~。当方は次回、”例のシリーズ”のをご紹介の予定であります。

Body
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08