1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

スクリーンを駆け抜けたクルマ達~女王陛下の007三たび・・・Universal Hobbies Mercedes Benz 220S

下線文

タクシーを特集中ではありますが、余りそればかり続けているのもなんですし、fziroさんに007ネタで勝手連して頂いたので、垂涎のお宝、黄金銃レプリカへの勝手連返しと、更に覆面えるさんのドクターノオ劇中車、当方も大好きな'57ベルエアConv.への勝手連で三たび女王陛下の007劇中車をお送りしたいと思います。


Uh_007_mb220s_1


↑女王陛下の007のカーチェイスシーンを再現。今回の主役は敵車の”ハネベン”220Sです。いつものパターンでランプ類はフォトレタッチで光らせました。実際のミニカーは点灯しません(笑)。


ユニバーサルホビー製ミニカー付き冊子のボンドカーコレクション、海外では相変わらず新作のリリースが続いていて随分マイナーな脇役キャラも増えています。このシリーズは当ブログでも過去に色々ご紹介して来ましたし、女王陛下の007に至っては先ず主役とも言える '69マーキュリークーガーConvを、その後まさかの発売で第2回目として脇役の可哀そうなオースチン・ミニをご紹介して来ました。2回目の記事の時に、「ここまで来たらいっその事イルマブントのベンツ220や、他の巻き込まれグルマ(フォード・エスコートやビートル)まで製品化しちゃって頂きたい。」なんて言っていたのですが、それがあっさり現実になってしまったのでした。・・・と言う事で3度目の”女王陛下の007(原題;ON HER MAJESTY'S SECRET SERVICE)”劇中車のご紹介です。


Uh_007_mb220s_ft1 Uh_007_mb220s_rr1


↑車中にはマシンガンを手にしたイルマブント他ブロフェルドの手下4人が乗車。ルーフのキャリアに積まれたスキー板など、劇中車のディテールをしっかり再現しています。


劇中に登場するメルセデスベンツの220Sとその一族は'59年から生産されたタイプで'、50年代にアメリカで大流行したテールフィンの影響を受け、小ぶりなフィンを持つリアスタイルから日本では”ハネベン”の愛称があります。生粋のメルセデスファンには”アメリカ市場に迎合し墜落したデザイン”などと揶揄された事もあるようですが、当方はこのスタイル嫌いじゃないです。(アメリカ車が好きだから或る意味当たり前か?/笑)どちらかというと押し出しの強さやアグレッシブさが前面に出ている昨今のベンツより、この頃のタテ目から'70年代位のクルマの方が落ち着きと気品があるような気がするのは当方だけでしょうか?


Uh_007_mb220s_2


↑例によってジオラマ風ケースに収まるの図。簡単な物ですが背景との組み合わせでなかなか良い雰囲気に仕上がっています。


さて、映画の中でのこのクルマは落ち着きとも気品とも甚だ無関係に(笑)、カーチェイスシーンでボンドとトレイシーを追うブロフェルドの手下達が乗車していたものです。ミニカーの方は車中でマシンガンを手にした女傑イルマブント他ブロフェルドの手下や、ルーフに積まれたスキー板など劇中車をしっかり再現していてなかなか良い雰囲気。出来・不出来にバラツキのある同シリーズではまあまあ頑張っている方ではないかと思いますが、このシリーズの癖でキャビンの天地寸法が高めな感じもあり、非常に良い出来のクーガーと並べるとちょっとだけ見劣りしてしまうような気もします。


Uh_007_mb220s_ft2 Uh_007_mb220s_rr2_2


↑車種によってはキャビンの天地寸法が高過ぎるのもこのシリーズの癖のように思います。


以前も記しましたが劇中大活躍の'69クーガーは英国情報部がボンドに支給した物ではなく、この作品のボンドガール、トレーシーの愛車という設定で登場します。そしてカーチェイスシーンでステアリングを握っていたのもボンドではなくトレイシーでした。007シリーズで唯一ボンドが結婚を決意したのも、そうした彼女の男勝りな一面に惹かれたのでしょうか?カーチェイスのラスト、クーガーの体当たりを食らったベンツは転覆、炎上してしまいましたが、乗っていたブロフェルドの手下達は辛くも逃げ出して助かりました。もしもこの時イルマブントが助からなかったら、映画は大きく異なる結末を迎えていたかも・・・。でも、もしそうなっていたら、この作品がシリーズ屈指の名作と呼ばれる事もなかったのかもしれませんね。。。


Uh_007_mb220s_3


↑ボンドカーコレクション、女王陛下の007からマーキュリー・クーガー、メルセデス・ベンツ220S、オースチン・ミニクーパーの揃い踏み。女王陛下~からは他に本来のボンドカーであるアストンDBSや英国情報部協力者のビートル等も発売されています。(当方は未入手。)

スポンサーサイト

Comments
 No title
毎度です♪、、

勝手連、ありがとうございますー、

で、このベンツ、仰るとおり、ちょっとキャビンが大きめですが、なかなか良い感じですよねー、、

当方も仕入れましたけど、製作時の瞬間接着剤の影響なのか、ボディ全体が白く曇っていまして、で、スキーも2~3本、バラバラになっていました、、

そんなわけで、完全にバラバラにして、ボディを磨きなおしましたよー。。
 No title
ハネベンのキャビンがちょっと高い所為か「鳥山明のイラストっぽいな」と思いつつ、プロポーションが破綻してない所を見ると原型師の好みなんですかね?
クーガーはルーフが低くてシャープな感じな所を見ると、ルーフを高くする事でセダンとしてのスタイルを強調しているのかな?

しかし、クーガーのベコベコ具合とイイ、MI6の協力者のビートルをモデル化してる所とイイ、向こうのマニア(と言うかファンの力?)はスゲー!
 No title
覆面える様

いらっしゃいませ~。
勝手連、ご快諾下さり有難うございます。m(_ _)m

瞬着の白化ですか~。普通のミニカーでも時々ありますね。黒いボディだと特に白化が目立ってしまいますよね。。。

当方は古いミニカーなどは時々分解して清掃する事もあるのですが、瞬着が多用されているとお手上げなんですよね・・・。その点、構造がシンプルな古のミニカーはラクであります(笑)。
(床板カシメの物を除く/笑)

更にスキー板も破損とは・・・ケースに固定されているのに何で壊れますかね~。お疲れ様です。・・・でも、えるさんが分解して磨いたんだったら、新品以上の輝きになっていそうですね。
 No title
桃色ジープ様

いらっしゃいませ~。
このシリーズ、前回ご紹介のランチェロや、今回も並べているミニもキャビンが上下に長くて、仰る通り原形を造った人の好みかもしれません。当方は、実はフィギュアが良く見えるようにわざとキャビンを大きく作っているのでは?などと勘繰ってもいるのですが・・・。こういう旧いクルマは実車メーカーにも3Dデータが無いでしょうし、原型師のセンスがモロに出ますよね。

日本の国産名車コレクションなどもそうですが、ボンドカーコレクションも海外では人気らしく、シリーズが延長・拡大されているらしいです。日本でパイロット版の販売が休止されっちゃったのも或いはそのせいかもしれません。海外での販売が終わったら国内で再販してくれると良いのですが・・・。
 No title
お返し、ありがとございました!
イルマのベンツですか~、このシリーズもシブイとこ突いてきますねぇヽ(´ー`)ノ

ラストにイルマが乗ってるのもベンツでしたよねぇ…。
同じクルマなのかしらん?

映画ではあの後、イルマがどうなったのか描かれてないんで、
実はボンドは本当の敵討ちはしてないという話も…w

日本版の発売中止は契約問題という話だったから、
本国の延長によるもので、いずれ再開されるんだったら、いいなぁ………。
 No title
FZIRO様

いらっしゃいませ~。
このベンツ、最初に某店のマイショップで見掛けた時は、実はどうしようかちょっとだけ迷ったのですが、やっぱりクーガーがあって、巻き込まれるミニがあったので外せませんでした。。。日本での販売休止は契約上の問題でしたか・・・何とかクリアして販売再開して欲しいですね・・・。

ベンツはカーチェイスのラストで転覆・爆発・炎上しちゃいましたから、ちょっと修理は不可能だったと思います(笑)。ラストシーンはロールスかベントレーだったかも・・・記憶曖昧ですみません。。。

そう言えばイルマブントのその後はシリーズ内では描かれていませんね。ブロフェルドの方は、「2度死ぬ」や本作、「ダイヤモンドは永遠に」では狡猾・非情な悪役だったのに、「ユア・アイズ・オンリー」の冒頭では何とも情けない最期を遂げていましたが・・・。

Body
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08