1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

フォードに続いてシボレーを・・・Road Champs '00 Chevrolet Impala NYC Taxi

お正月も3が日を過ぎてしまいましたが、新年明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。昨年末に開始したタクシー特集、旧年中は”フォード・クラウンヴィック祭り”に終始した感があるので、今年は心機一転(笑)シボレーのタクシーからご紹介して行きたいと思います。


Rc_00_impala_taxi_1


新年一回目にご紹介するのは'00年型シボレーインパラのイエローキャブ仕様です。インパラという名前は元々は58年型ベルエアのパッケージオプションとして登場し、'59年型で独立した車種名称となりました。その後更に上級のカプリースが設定され、ある時期からそれがベーシックグレードとなる等、シボレーフルサイズの名称は複雑な経緯を辿っています。先代の古き良きアメリカンフルサイズ、フルフレーム+FRレイアウトのカプリス/インパラSSが生産中止された後、しばらくの空白を置いて登場したのがこの'00年型インパラでした。歴史ある名前を引き継ぐクルマでしたが、歴代のインパラと大きく異なるのはモノコック構造のボディとFF(前輪駆動)であるという点、そしてV8エンジンの設定が無かったという事でしょうか。その後'06モデルイヤーでボディ外板の多くを一新するモデルチェンジを行い、V8エンジンの搭載を復活させて今日に至っています。個人的には古き良きFRの先代モデルが好きだったので、FFになったこの世代はそれほど好きではないのですが、ポリスカーやタクシーになった姿はなかなか好ましい感じです。



Rc_00_impala_taxi_ft1_2 Rc_00_impala_taxi_rr1_3


このFFのインパラが継続する一方で、ポンティアックG8やカマロのベースとなったゼータアーキテクチャーを用いて、FRのカプリスが'11年型ポリスカー専用車種として復活すると言われています。実質的にはオーストラリアのホールデンが製造しているクルマにシボレーのバッジを付けた物のようなのですが、かつて同じシボレーフルサイズの名前であったインパラとカプリスがこの先どのように共存して行くのか?それとも一方が消え去る運命なのか?興味のある所ではあります。


Rc_00_impala_taxi_ft2_2 Rc_00_impala_taxi_rr2_2


↑プロポーション、各部のディテールは先代にあたるカプリスより向上しているロードチャンプスのインパラ。特徴的な丸いテールランプも何とか表現しています。


ミニカーは先代カプリースやクラウンビクトリア等のポリスカーで膨大なバリエーションを誇るロードチャンプス製。このモデルも本来はポリスカー用として製造されたものと思われます。実車もNYPDをはじめ各警察で採用されており、このロードチャンプスの他、ギアボックストイズでも多数のポリスカーが製品化されています。同じロードチャンプス製でも、先代にあたるカプリースに較べるとプロポーション、各部のフィニッシュ等格段に向上しています。ドアとトランクが開閉するのも何だか嬉しい(笑)。残念ながら同ブランドは近年ミニカーを生産していないようなのですが、1/43アメリカ車ミニカーファンとしては是非復活して欲しいなあと思います。


Rc_00_impala_taxi_2


↑モデルはフロントドアとトランクが開閉可能・・・毎回同じパターンですいません。。。


と言う事で新しいモデルから始まった2010年のタクシー特集、少しずつ古い方へ戻って行きたいと思います。・・・と言っても古い車種は余り持ってないのですが。。。(尚、次回は新年早々飛び入り記事が入るかもしれません!?)

スポンサーサイト

Comments

Body
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

123456789101112131415161718192021222324252627282930 09