1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

POST Hobby '70 Mustang Boss 429

いや~、良い時代になった物です。こういう製品が1/43で発売されるとは・・・。


Post_hobby_70_boss429_01


↑こういうビューもかなりカッコ良いです♪。


当方が心待ちにしていた製品が発売になりました。ポストホビーさんの'70 マスタング・ボス429であります。BOSS429は’69~’70年型のマスタングに設定された特別なグレード。同じBOSSでも302がマスタング自体のSCCAトランザムレース出場ホモロゲーション取得のために製作されたのに対し、こちらは429cu.in.エンジンそのものを500機量産し、NASCARのストックカー用ホモロゲーションを得るために企画された物でした。


Post_hobby_70_boss429_02


Post_hobby_70_boss429_03


↑レジン製ですがシャシーも一通り再現されているので低いアングルでのシルエットもなかなか良いです。(排気管は別パーツ)


NASCARで実際にこの429cu.in.エンジンを搭載して活躍したのはフォード・トリノやマーキュリー・サイクロンでしたが、NASCARのレギュレーションではエンジン・車両のそれぞれ500台という量産台数が課せられていたものの必ずしもその両方がセットである必要なかった事から、手っ取り早く500基のエンジンを捌くため、こうした高性能バージョンにお金を払うユーザー層が多そうなマスタングに白羽の矢が立ったのでした。


Post_hobby_70_boss429_04


Post_hobby_70_boss429_05


↑飾り気のないシンプルなボディは却って不気味な迫力を予感させます。


ベースのマスタングは’69年に大幅なスタイルチェンジを行い、より低く長く彫りの深いダイナミックなデザインとなり、'70型ではデビュー以来の独特なヘッドランプベゼルを廃し、ランプをグリル内に収めた独特な顔付きとなっていました。BOSS429はリバールージュ工場で製造されたボディ(出荷時には428エンジンを搭載していた)に、リマ工場で製造された429エンジンをフォードGT40の開発にも携わったカークラフト社で搭載・調整して完成させるという方法で生産された正に特別なマスタングでした。


Post_hobby_70_boss429_06


Post_hobby_70_boss429_07


↑オリジナルと'71~ビッグマスタングの過渡期のような独特のスタイリングが'70の魅力だと思います。


巨大なエンジンをカバーするフードバルジとフロントスポイラー以外はスタンダードなスポーツルーフのマスタングとほぼ同じシンプルなボディである事も、却ってスパルタンでスペシャルな雰囲気を醸し出しています。この辺りは大胆なカラーリングや各種アクセサリーで派手に装ったマッハ1やボス302とは、また一味違った存在感・魅力があるように思います。


Post_hobby_70_boss429_09_2


↑車高は実車よりも低めにセットされているような感じがしますが、同様に車高が低めのミニチャンプス製マスタング達と並べた時の相性は良いようです。


モデルはレジン製完成品。製造を担当したのはスパークでお馴染みのミニマックス社で、パッケージの裏面にもSPARKとMINIMAXの銘が印刷されています。マスタング歴代で最もマッチョでワルな感じのする実車の雰囲気を良く捉えているように思います。車高は実際よりもやや低めにセットされているようにも感じますが、これはこれでカッコ良いです。ミニチャンプスの’68や’71マッハ1と並べた時の違和感は少ないかもしれません(笑)。


Post_hobby_70_boss429_08


↑グラバーブルーの'70 BOSS 429はマッチボックスからも発売されていました。同じ色でも模型的解釈は随分異なります。個人的なイメージでは明度は2台の中間くらいかな~という気もするのですが・・・。


ボディカラーはブラック・レッド・ブルーの3色が発売されており、どれもそれぞれに良いのですが、当方が個人的にお気に入りなのは今回ご紹介しているグラバーブルー。'69~'72頃まで設定されていた色なので、やはり一番決まっている感じがします。同様に設定されていたグラバー・オレンジも欲しくなりますが、そちらはスパークの方でトランザムレース仕様が発売予定になっているようです。(・・・という事はBOSS302として製品化されるという訳です!!)


Amt_69_mustang_01


Amt_69_mustang_02


↑'69マスタングの1/43はベストと言える物がないので、AMTの1/43プラキットをベースにBOSS 429に仕立てつつ自分好みにモディファイ中。


'69~'70マスタングの1/43モデルは色々と面白い物もあるのですが、仕掛かり中のAMTプラキットが一向に完成しないのでご紹介出来ずにいます。今回のモデルの発売を機に製作を加速させたいな~とは思っているのですが・・・・(汗)

スポンサーサイト

Comments
 No title
 やっと本道に戻った感あり。色がいいですね。
 No title
doobie brother様

いらっしゃいませ~。
お褒めのお言葉有難うございます(笑)。m(_ _)m

これはもう、本道も本道。当方にとって最重要車種ですから
もう、ホント嬉しいのですよ。
ボディの造形もかなり思い入れの感じられる仕上がりです。

1/43アメリカ車を取り巻く環境も本当に変わって来たな~と
感激ひとしおな当方であります。
 No title
おおおっー♪

最初の写真、いきなり度肝を抜かれてしまいますた。。
カック良いです、最高であります。。

一瞬、モノグラムの1/24の完成品かとも思いましたもの、、
素晴らしいフォルムですねー

AMTの1/43プラキットって、なかなか芸が細かいですねー
完成が楽しみであります。
 No title
覆面える様

いらっしゃいませ~。
マスタングの'69, '70ってワルな感じでカッコ良いですよね~。
ちょっとクライスラー系に近い魅力を感じます。

このモデルの出来もなかなかの物だと思います。
マッチボックスのも良い出来でしたが、新しい分上を行っている
な~という感じがします。赤や黒もそれぞれカッコ良いのですよ~。
スパークブランドでBOSS302のトランザムレース仕様も発売予定
で、こちらも物凄く楽しみであります!

AMTの'69プラキット、、それなりに良いプロポーションなのですが、
好きな車種だけにちょっと気になって・・・いじり始めてこの状態
で放置プレーです。。。今回の'70と並べることを目標にして
仕上げてあげられたらな~と思っております。。。
 No title
グラバーブルーのフォード・マスタング「ボス429」。
抜けるようなスカイブルーのボディカラーとはっちゃけたデザインが複雑な社会情勢を弾けさせてくれますね!
何と言ってもこんなスタイルで後席が下手な小型セダン以上に広い点こそマスタングの良き伝統、世界に無類の「痛快なパッケージング」だと思います。
マスタングに元気をもらった所で、今度の日本語教師の授業教案を読み返さないと!
 No title
真鍋清様

いらっしゃいませ~。
'70マスタング、グラバーブルー/オレンジのBOSS429とミディアム
ライムメタリックのBoss302は当方も特に大好きな仕様です。
このモデルは本当に嬉しい1台です。

確かにマスタングの後席は実用になるプラス2ですよね。
アメリカ車としては決して大柄ではありませんが初代以来の良き
伝統だと思います。次世代はダウンサイジングされるという噂も
ありますが、何とかエキサイティングなスタイリングと優れた
パッケージを引き継いで欲しいものです。

>日本語教師の授業教案・・・真鍋さんは先生だったのでしょうか?
当方の恥ずかしき文章の数々、大変失礼いたしました。。。(汗)
 No title
コレかっこいいですよねぇ。
今回出た3色、どれもそれぞれ雰囲気がイイと思います。
でも、特注ということもあって高いですよね…
レッドが欲しいですが、限られた予算がなかなかこちらに回りそうにありません(^^;
 No title
hiroki様

いらっしゃいませ~。
マスタング歴代随一のワルな雰囲気を醸す'69~'70マスタングです(笑)。
60年代末から70年代初頭はアメリカ車が性能的にも最も過激に
なっていた時期なので、時代の空気というか、やはり独特なオーラ
のような物を感じます。同時期のモパーマッスルなども何とも言えず
カッコ良いですし・・・。
この後はオイルショックや排ガス対応などでダウンサイジングが進行し、
性能面でも見るべきものがなくなってゆくので、なおのことその輝きが増します。

この辺りのクルマも色々と1/43化されそうなので楽しみです。
 No title
次期マスタングはなんとフォード謹製の4気筒2000ccエコブースト・ターボ(220ps)を使うそうな―トーラスからフォードエクスプローラー(そう、SUV)に至るまで幅広く使われて好評を博しているあの名機を!
歴史的にマスタングは第一次オイルショック直後に小型化されて登場したマスタングIIならびにその次の「フォックスプラットフォーム」をフェアモントと共有して1979年に登場した四代目に積まれた4気筒2300cc/89psが史上最小ですが、もし実現すれば次期モデルでは過給器付きとはいえ2000ccと史上最小記録を塗り替える小排気量で重量一トン半を超すボディを駆動させることになって痛快な図ではないでしょうか。
さて同クラスつながりで思い出したことですが、小生が目下所有している一台であるレクサスIS350/2009年式は平均燃費は高速/市街地入れて9.2-9.5km/lを推移しており、現行マスタング3.7/309psの13.1km/lに遠く及ばず同じくマスタング5.0GT/418psにやっと追いつく程度となってしまう辺り、「排気量当たりの燃焼効率」という点で新世代アメリカ車は世界的にも盤石の地位を築くのではないかと予測できて今後が恐ろしい気すらします!
もちろんこのレクサスISは名義等の関係から父親にほぼ独占されており、小生の足は事実上ヴィッツ1300U-L(2004年式)一本となっておりますが、我が老ヴィッツときたら93571km走行して平均燃費が10.3-10.9km/lとマスタング5.0とさえ10-15%程度しか違っていない有様でげんなりさせられてしまう程です、他方の1/4近い排気量なのに(´・ω・`)
 No title
真鍋清様

いらっしゃいませ~。
誕生50周年にあたる2014年には次期マスタングが登場すると言われており、
ボディ、エンジン共々ダウンサイジングされるという噂は色々ありますね。
4気筒+ターボはやはり’79年登場の2.3リッターコブラを彷彿とさせ
ます。現状の6気筒モデルが2005年型のV8を上回るパワーを発揮
していることを考えれば4気筒+ターボでもそれなりのポテンシャルは
あるのでしょうが・・・ファンとしては、マスタングにはやっぱりV8搭載
モデルを残して欲しいですし、技術力はV8で4気筒並みの燃費
みたいな方向に使ってほしいと思います(笑)。

最近のアメリカ車の燃費はかつてとは較べ物にならないくらい改善
されているのに、いまだにアメリカ車というと「バカデカい」「ガス食い虫」
みたいな言われ方をする場面が多いのには閉口しますね。
 No title
69年型マスタング、決定版が出たみたいです!

http://shopping.hobidas.com/shop/mini-kojima/item/HY-HW43003.html
 No title
毛唐様

いらっしゃいませ~。
とうとうハイウェイ61の1/43モデルが発売になるのですね。
こちらのショップはいつも他店より入荷が早いみたいですので、
もう少しするとあちこちのショップに入荷するようになるのかも知れませんね。

情報、有難うございます。

Body
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10