1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

ブラウン管を駆け抜けたクルマ達; 元祖黒い麗人(の復刻版) ~ CORGI BLACK BEAUTY from THE GREEN HORNET

ねこざかなさんとの長期連動もひとまず終了。今回はこちらでFZIROさん覆面えるさん に連動させて頂きます。


Corgi_a_team_van_7


さて、前々々回、A-チームのコングに殴りかかっていた謎の男であります。


男「貴様!その怪しいバンで子供達を誘拐しようとしているな!」


コング「何を言ってるんだ、俺は見掛けによらず子供好きな優しい男なんだぞ。」


男「なんだ、そうだったのか・・・あははは」


コング「そうだよバカ野郎、あはははは。」


Corgi_black_beauty_1


・・・と、、バカはこれぐらいにして(汗)。。。謎の男の正体は・・・反対から見ると↑こういう感じ。TVシリーズの”グリーンホーネット(原題;THE GREEN HORNET)”でブリット・リード=グリーンホーネットの助手を務めるカトーであります。演じていたのが若かりし日のブルース・リーであった事をご存じの方も多いのではないでしょうか。グリーンホーネットは遡れば1930年代にラジオドラマとして放送されたり、コミック化されたり、近年では劇場用映画としてTV版をベースにリメイクもされた長い歴史を持つ正義のヒーローであります。そしてTV版で2人の足として活躍したのが今回ご紹介するブラックビューティーでした。


Corgi_black_beauty_2


Corgi_black_beauty_3


↑スケールは微妙ですが、おおよそ1/43と言って良い物ではないかと思います。


TV版のブラックビューティーは'66年型のクライスラー・インペリアル・クラウンをベースに、ザ・モンキーズのモンキーモビルも手掛けたディーン・ジェフリーズ氏の手によってカスタマイズされました。撮影用のブラックビューティーは2台製作されたそうですが、'64年以降のインペリアルは基本的に同じボディなので何年式がベースなのか当方は正確な所は良く分かりません。氏の作品は「世界が燃え尽きる日」のランドマスターや「007ダイヤモンドは永遠に」の月面車等々多数に及び、バットモービル等を手掛けたジョージ・バリス氏と共にTV・映画の劇中車デザインの重要人物と言えそうです。(コチラのサイトではジョージ・バリスのハイライトレンダリングによるブラックビューティーの別案等を見る事が出来ます。)


Corgi_black_beauty_4


Corgi_black_beauty_5


↑コーギーのミニカーらしくギミック満載。最近のミニカーとはまた異なる楽しさがあります。


ご紹介するミニカーはコーギー製で、当方が所有しているのは'60年代から製造されたオリジナルを近年になって復刻したものです。この復刻版がオリジナルと同じ金型を使用しているのか、それとも金型から新たに製作された物なのかは当方は良く知らないのですが、往年のオリジナル版同様コーギーらしいギミックを満載しています。レバー操作でフロントグリルが開いてミサイルを発射。同様にレバーを操作する事でトランクリッドが開き、ローター状の物体(ミサイル?)を射出します。以前ご紹介したボンドカーのアストンDB5復刻版とは異なり、それぞれ確実に動作します。例によって冒頭でご紹介したカトーの精巧なメタル製のフィギュアが付属しています。


Corgi_black_beauty_6


Corgi_black_beauty_7


↑今日的な目で見ると素朴な出来ですが、黒一色のボディはなかなか迫力があります。


残念ながら当方は当時モノのオリジナルは所有していませんが、復刻版と異なりカトーは運転席に座り、後席には身を乗り出して銃を構えるグリーンホーネットが付属しています。復刻版の別物フィギュアも良いのですが、劇中車としての楽しさはやはりオリジナル版の方が数段上という感じがします。この貴重なオリジナル版はお友達のFZIROさんがアップされていますので是非合わせてご覧下さい。また、主人公のグリーンホーネットとカトーの精巧なフギュアは、同じくお友達の覆面えるさんの記事を合わせてご覧いただけると楽しいかと思います。


Corgi_black_beauty_8


↑新旧ブラックビューティの揃い踏み。どちらもそれぞれカッコ良いです。


・・・さて、このグリーンホーネット、劇場版映画としてリメークされたのは記憶に新しい所。ブラックビューティーも往年に近い姿で大活躍しており、1/43ではビテスからミニカーが発売されました。次回はそちらをご紹介したいと思います。




YouTube: The Black Beauty Documentary Part 1




YouTube: The Black Beauty Documentary part 2


↑興味深い動画を見つけたので貼りました。(2011年11月21日)

スポンサーサイト

Comments
 No title
どもども、勝手連、ありがとうございまーす。

で、やっぱホーネットは当時モノに限りますよねー
あの、ノホノホした空気の中に響き渡るリー先生の鋭い空手w

まだ、米国でもホンコンカンフーは知名度が低くて、カトーと云う空手家としての登場となりましたが、それが後のドラゴン怒りの鉄拳で仕返しされたのでわと、真剣に思ってしまいますw
 No title
覆面リー様

いらっしゃいませ~。
勝手連、ご快諾有難うございます。m(_ _)m

”覆面リー”まさしくその通りですね(笑)。
実は当方未だにTV版をちゃんと観ていないので、観たいな~と
思っている所であります。

ブラックビューティーも、実は映画版のビテス製を先に入手していて、
コチラを並べたくなってしまったのでした。。。
コーギーのミニカーは流石に当時モノは高いので、当方は復刻版で
ガマンであります。でもカトーのフィギュアの出来も良いし、これはこれで
良いのではないかなと思います。

映画版の方は(多分)TV版とはかなり違う設定だと思いますが、
それはそれで結構楽しめました。ベースが同じインペリアルなので
映画版のブラックビューティーも中々カッコ良いですよ。
 No title
ブラックビューティーは独特のワルっぽさがカッコイイですね。
夜の大黒PAなんか行ったらその辺のVIPサルーンが場所開けてくれそうw
15年位前に福岡で再放送があった時、久々に動くブラックビューティーを見た時に改めてそのカッコよさを再認識。
全体のボディーラインが似ている三菱デボネアをベースに…と思ったけど5ナンバーサイズじゃ大胆なストレッチやセクショニングでもしない限りは寸詰まりになるかw

また、ブルース・リーのアクション(この頃はまだジークンドーではなく燕春拳"えいしゅんけん"だったらしいです)も冴えててカッコイイ!
旧シリーズレンタル出ないかな?

バリスのレンタリングは中々興味深いですね。
ただ…グリーンホーネットが使うにはチョット派手な気がするw
 No title
桃色ジープ様

いらっしゃいませ~。
ブラックビューティー、ちょっとワルな感じのカッコ良さはやっぱりベース
がクライスラー系だからでしょうか?
なるほどデボネアベースと言う手もありそうですが、やっぱりボディを
チョップしたくなっちゃうかも・・・(笑)。

当方は現行のクライスラー300ベースでも結構カッコ良くなるんじゃ
ないかな~と思いました。ラジエターグリルのカタチも似ているので
結構ハマるんじゃないかと思います。
劇場版グリーンホーネットのDVD特典映像で、撮影の為にインペリアル
を30台も集めたと言ってました。ワイスピのチャージャーもそうですが、
貴重なクルマをあんまり壊さないで欲しいな~という気もします。

えるさん家やFZIROさん家の記事で動画が貼ってありましたが、リー先生
の動きはホントにシャープでカッコ良いですね。当方は燃えよドラゴンが
また観たくなりました。

バリスの案は・・・実物を見てみたい気もしますが、どちらかと言うとやっぱり
バットモービルっぽいですかね・・・。
 No title
グリーンホーネットの大連動、楽しませていただきました。

復刻って、わりかし手抜きになっちゃうこともあるけど、
この時期のコーギーのは、おまけフィグもついてて嬉しいですよね♪
 No title
ねこざかな様

いらっしゃいませ~。
コーギーの復刻版、ここまでやっちゃうとオリジナルの価値が
下がってしまうのでは?とも思ったのですが余計な心配でした。

FZIROさん家のオリジナルを拝見すると、ちゃんと車内に
グリーンホーネットとカトーが乗車しているのですね。
ポージングも決まっていてやはりオリジナルは数段上と感じました。

・・・モノホンは高いので当方はこれで満足する事にします(笑)。
どちらかと言うと、ブルースブラザースのフィギュアを、メタルで精巧に
作り直して欲しい・・・(笑)。
 No title
勝手連、ありがとうございます。m(_ _)m

復刻といえど、ギミックが確実に動くなら、バリエーション違いとして貴重ですね。
内部フィギュアの省略はともかくも、ビミョーに色が違うのは
正統派ミニカーコレクターにとってはゴホウビかも?(笑)

ビテスのもカッコイイですね~!
次回にも期待してます。
 No title
FZIRO様

いらっしゃいませ~。
久々の勝手連、ご快諾有難うございます。m(_ _)m

この復刻版、画像アップをしませんでしたが、床板にもちゃんと
ハチマークが再現されています。
オリジナルの価格が高めに推移しているだけに、比較的入手しやすい
のは有難いな~と思います。

でも、やっぱりフィギュアは同じ縮尺でクルマに乗っている方が
俄然楽しい感じですよね。当方はレプリカでも満足ですが、
較べる程にオリジナルの輝きが増すように思います。

映画版/ビテス版、こちらもなかなかカッコ良いですよ~。
劇中では何度も破壊されてしまうのでちょっと可哀そうですが・・・。
今週末のホビーフォーラムネタを挟んでご紹介したいと思います。

Body
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

123456789101112131415161718192021222324252627282930 09