1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

宇宙船か?空飛ぶタクシーか!?スクリーンを駆け抜けたクルマ達 ~2015 DS TAXI from BACK TO THE FUTURE PARTⅡ

デロリアンからバック・トゥ・ザ・フューチャーと、久々にねこざかなさんと連動させて頂きましたが、当方のBTTFネタはこれにて打ち止めであります。


Bttf2_03


↑映画のシーンを再現してみたのですが・・・如何でしょうか?


と言う訳で先回の続き。ホバーコンバージョンを装備したデロリアンと空中衝突しそうになったのは・・・シトロエンDSのタクシー、但し2015年型(!?)です。このシトロエンDSは、シリーズ2作目の”バック・トゥ・ザ・フューチャーPart-Ⅱ(原題;BACK TO THE FUTURE PART2)”の中で主人公のマーティが2015年の未来にタイムスリップした際、誤って空中ハイウェイの反対車線に飛び込んでしまいあやうく正面衝突しそうになった相手です。


Norev_15_ds_taxi_1


Norev_15_ds_taxi_2


↑ホントはルーフが外れて室内を見られるらしいのですが・・・レジンなので破損が怖くて外せません。。。


映画では僅かなシーンに登場しただけですが、元ネタのDS自体1955年デビューという旧いクルマでありながら、前衛的な流線形のボディやハイドロニューマチックサス等の先進的なメカニズムで「宇宙船」と形容された傑作車であり、更に未来的なモディファイを施されているので劇中車として非常に魅力的です。この'50年代生まれの「宇宙船」を未来の空飛ぶタクシーとして持ってくるあたり、映画関係者の車種選択の絶妙さとユーモアのセンスには唸らさせられます。


Norev_15_ds_taxi_3


Norev_15_ds_taxi_4


↑流石実車オーナーの監修だけあって、劇中車の特徴を余す所なく再現しています。


モデルはノレブブランドで発売されたものですが、パッケージにはプロバンスムラージュの銘が記されておりレジン製完成品となります。蓋が上に開く紙箱に入ってメイキングDVDが付属するタイプと、通常のプラケースにミニカーだけが収まっているタイプの2種類があり、どちらも本来はかなり高価な物です。・・・が、当方はちょっとした幸運に恵まれ、プラケース入りを一般的な1/43モデルと同じくらいの価格で入手しました(経緯は詳しくは記しませんが/笑)。タクシー萌えで劇中車好きの当方としては何としても入手したかった念願のアイテムでありました


Bttf2_04


↑劇中では共演シーンは少なかった2台。ミニカーなら並べて楽しむ事が出来ます。


このモデルはオランダの熱狂的なシトロエンDSコレクターであるミッシェル・サベロルラ氏が映画の撮影に使われた実車をネットオークションで入手した後、ノレブのファンでもあった同氏が製作を依頼して製品化されたものだったそうです。実車オーナーが徹底的に拘って監修した渾身の一品だけに、その仕上がりは素晴らしいものです。この辺りのストーリーや実車の詳しいディテールはモデルカーズ誌No.169(2010年6月号)に詳しく記載されています。興味のある方は是非ご一読を。


●ちょっと脱線。1/43cc(笑)


シトロエンDSはアメリカ車ではありませんが、その強烈な個性ゆえ大好きなクルマでミニカーも何台か所有しています(それほど珍しい物はありませんが・・・)。普段は1/43cu.in.としてアメリカ車をミニカーでご紹介している当ブログですが、今回は手持ちの1部を番外編としてついでにご紹介しちゃおうかなと思います(笑)。


Vitesse_ds_40th_1


Vitesse_ds_40th_2


↑4つのバルーンに乗ったID19。ハイドロニューマチックサスによる「空飛ぶ絨毯」のような乗り心地を強調する為、実車のカタログ撮影用に製作された車両で、水面に浮かんだような広告写真は有名です。ミニカーはビテス製で1995年にDS誕生40周年モデルとして発売された物。水面に浮かんだ情景を簡単に再現したパッケージとなっています。


Vitesse_ds_taxi_1


Vitesse_ds_taxi_2


↑TAXI繋がりと言う事で・・・同じくビテス製のTAXI RADIO(無線タクシー?)色合いがちょっとBTTFの劇中車に似ていると思いませんか(笑)。


Eligor_citroen_ds21_1


Eligor_citroen_ds21_2


↑ヘッドランプがカバーの中に収まったDS21。BTTFのベースもこのタイプですが、個人的には丸目の初期型よりコチラのスタイリングの方が馴染みがあるし好きです。ミニカーはエリゴール製の旧い製品ですがプロポーションは上々です。このタイプのDSはノレブやユニバーサルホビーに出来の良い新しい製品もあるのですが、最近はアメリカ車意外にはなかなか資金が廻りません。。。


・・・と言う事で、たまには欧州車をご紹介するのも楽しいなと思ってしまいました(笑)。

スポンサーサイト

Comments
 No title
こんにちは~ ねこざかなさん友人のグッドバランスです。
これはサプライズですね。
速さを求めたアメリカ車、乗り心地を求めたフランス車、
まぁ、そんな簡単な分け方は双方に失礼ですが、トコトコ楽しみ乗るのは、フランス車の魅力のような気がします。最近、日本進出の激しいルノーやプジョーでも、そのあたりは引き継がれているような気がします。
 No title
グッドバランス様

いらっしゃいませ~。
当方とてアメリカ車以外は認めないというほどガチガチのアメリカ車党
と言う訳ではなく、結構色んな国のクルマ(日本車も含めて)が好き
だったりしますが、旧いフランス車の独特な個性・・・というか体臭(?)
みたいなものは結構好きだったりします。プジョー504やルノー16なども
そうですが、このDSはまさにそんなフランス車の筆頭ではないかと思います。
こうしたクルマが近未来SFに登場するセンスってなかなかだと思います。

・・・最近のフランス車というと、当方は今回のDSの名を引き継いだDS5が
結構気になるクルマだったりします。
 No title
連動につぐ連動ありがとうございます!

当方もデロは今回で打ち止め・・・ですが、
DSとはまた美味しいネタを・・・

こちらでも連動させていただくかも知れませんww

ところで、ノレブの未来DS、いいですね!
これは見落としていました・・・物欲が騒ぎます。
 No title
こんにちわ~♪

シトロエンでタクシーとはこれまた私にストライクな内容です(笑)。

地元では同県内にシトロエン専門のショップがある為か動いているDSを年に数回は見ることが出来ます。

登場した当初は未来から来た車と言われましたが、50年以上たった今でも未来の車のようですね。
 No title
ねこざかな様

いらっしゃいませ~。
こちらこそ連動有難うございました。m(_ _)m
時々会社の同好の士とテーマを決めてミニカーを職場(笑)に
持ち寄ったりするのですが、結構壮観な眺めになります。
皆さんと同じ様な事したら面白いでしょうね~。

DSタクシーの劇中車はずっと欲しかったのですが、通常価格が高い
ので二の足を踏んでいました。素晴らしい出来ですがこれもレジン製
なんですよね。最近購入品のレジン比率が物凄く上がっちゃってます。
資金の捻出も大変ですが・・・変形とか破損も心配です。。。
 No title
うる様

いらっしゃいませ~。
シトロエンDS、たまに実車を目にするとその存在感に圧倒されます。
仰る通りその魅力は全然色褪せていないですよね。
今でも映画やCMに登場するのも頷けます。デロリアンとは違った
意味でタイムマシンかも知れませんね。

シトロエンDSのミニカーは古今いろいろと名作も多いですが、
これはかなり異色の製品でしょうね(笑)。
写真は撮りませんでしたが、ビテスの通常版タクシーと並べるのも
なかなかオツなものでした。
 No title
へ~、この未来バージョンのシトロエンのミニカーあったんですねぇ!
ノレブなんて大メーカーが、レジン製でこういうの作ってくれるのはウレシイなぁ!
 No title
FZIRO様

いらっしゃいませ~。
ホント、映画での登場シーンは少ない劇中車でしたが、タクシー萌えの
当方にとっては結構印象的な1台でした。
劇中車の実車を所有するコレクターさんの執念が実らせたミニカー化
とも言える1台なので、そうした意味でも興味深いです。

この手の近未来に旧いクルマというミスマッチでは、未来世紀ブラジル
のメッサーシュミットなんかもありましたね。
 No title
♪きーろいシトロエン♪(笑)~
さて、♪タクシーに手を上げて♪~と、都内青山通りでシトロエンDSタクシーに手をあげたらいくら払っても良いから埼玉県志木市の自宅まで一直線に送り届けてもらいたいな.....などと「良からぬ妄想」を誘発させてくれるシトロエンDSタクシーのミニカー群ですね♥
同じフランス車つながりでは先ほどYoutubeのPeugeot 404 Coupeの動画を見て、その♪プチプチ プルプル ビビグイーン♪~という往年のフランス車特有のエグゾーストノート(エンジン音)に首ったけでそれは同時にシトロエンDSシリーズの排気音とも類似した音質であるのは印象深いです。
世知辛い現世に癒しをくれる新旧のフランス車―アメリカ車と並んで世界に唯一無二の貴重な乗り物ではないでしょうか。
 No title
真鍋清様

いらっしゃいませ~。
シトロエンDSのタクシー、日本にあったら当方も手を上げてみたいです。
空を飛ぶ2015年型にもね(笑)。
タクシーと言えば日本には1台クラウンビクトリアのイエローキャブが
あるのだとか・・・。TVの撮影にも使われたりしているらしいのですが
これなども目的がなくても思わず乗ってしまいたくなります。

フランス車、仰るように癒しキャラ(笑)のクルマも沢山ありましたよね。
最近シトロエンなどはかつてのような個性の強いクルマが多くなって
来ていてちょっと嬉しい感じがします。クルマのデザインも画一化・
均質化するより、それぞれのお国柄が出ている方が楽しいですよね。
日本のクルマももっと元気になってくれると良いのですけどね~。
 No title
何はともあれこのDSのキットが出てたってのが驚き!

プライベートブランドのガレキとかでしか無いって思ってました。

DMC12(って書くと何かミニとかヴァンプラの親戚みたいな感じがするのは俺だけですか?)と初代インサイトと共に"未来的トンデモモデファイ"が似合う車だと俺は思ってますw

スカイネットで出してくんないかな?

ファントマ電光石火の空飛ぶDSとフェラーリの鷹のニースのジャン仕様(いや、ソレ普通のDSじゃんw)と一緒に。
 No title
桃色ジープ様

いらっしゃいませ~。
ホント、実車オーナーの熱意がなかったら製品化される事はなかった
んじゃないかと思います。ジープさんの仰るように余り出来の良くない
ガレージキットやトイ的なものしかないのが不満でノレブに話を持ち
かけたそうです。

実はファントマの空飛ぶDSもノレブが製品化しています。そちらも高いので
入手はしていないのですが、やはりレジン製の完成品なんじゃないかと
思います。フェラーリの鷹のDSは・・・今回ご紹介したエリゴール製に
そっくりなボディカラーのがあります。実はプロゲットK製のグリーンの
ジュリア・スーパーと共に入手済みであります。機会をみてご紹介したいと思います。
 No title
流石Ponyさん!
そのうち"フェラーリの鷹"ネタをやってくれるのを楽しみに待ってます。
 No title
問題は本来主役のフェラーリ250GTEでして・・・。
ミニカーは色々あるのですが皆前期型。映画の劇中車は後期型
なので拘りはじめるとちと厄介であります。。。

http://www.imcdb.org/vehicle_4898-Ferrari-250-GTE-1963.html
 No title
こんばんは。

つい先日、CSでBTF2を少しだけ見てました。
このシーンもばっちり見てましたが、こんなタクシーだったんですね!
一瞬だったのでわかりませんでした…

未来的なような、ノスタルジックなような、不思議で面白いグラフィックデザインですね。
DSはまさに宇宙船といった感じで、好きです。
 No title
hiroki様

いらっしゃいませ~。
BTTF2の未来のシーンには他にもGMのショーカーやら、コルベットや
プローブの改造車やらあやし気なクルマが色々と登場しています。
当方は記憶が定かではありませんが、ブレードランナーのスピナーも
出演しているそうですよ。
その辺りを改めてチェックしながら作品を観返すのも面白いかも知れません。

・・・そんな中でもこのDSタクシーはデロリアンに次ぐ存在感があった
のではないかと思います。↑本文中に記したモデルカーズの記事による
と、映画では殆ど出てこないインテリアもしっかり作ってありました。
そんな拘りが熱狂的なファンを生み出すのかも知れませんね。
 No title
うわぁー、、コメントが凄いことに、、
さすがにシトロエンだと、お好きな方が多いんですねー♪

当方も、例のディアゴスチーニ(と思う、、)がフランスで展開している分冊百貨、週間「シトロエン名車シリーズ」(日本語に訳すと、たぶんそんな名前w)の1/43のモデルを少しづつ揃えているところであります。
 No title
覆面える様

いらっしゃいませ~。
え~、、当ブログは一応1/43のアメリカ車中心なのですが・・・(汗)。
宗旨変えしようかしら(笑)。

えっ、えるさんボンドカーコレクションのみならずシトロエンにも食指を
伸ばされているのですか!? ひょっとして、シムカやセアトまで手を
染めているとか(笑)。ヨーロッパでは日本では考えられないシリーズ
が色々あって興味をそそられますよね。
(日産名車なんてのも日本以外では考えにくいですが・・・/笑)

・・・かく言う当方もブックアイテムは価格が安いので、ヨーロッパで展開
されているルマンシリーズなどには興味津々です。330P4や917、シャパラル
2Dなどイクソ製で出来も良さそうですし・・・。タクシーに続き、世界のパトカー
コレクションなんて始まったらヤバいかも・・・。
 No title
まいどー、

あと、今、ハマってるのが、同じくディアゴスティーニが、ロシアで展開している分冊百貨「週間、旧ソビエト連邦名車シリーズ」(日本語に訳すと、きっとそんな名前w)でして、それはもう超マイナーなCCCPのクルマたちが、、

でもでも、当然ながら冊子はすべてロシア語なんで、一切意味が理解できまへんww
折を見て、そのうちアップしますねー♪
 No title
おお、分冊百貨「週間、旧ソビエト連邦名車シリーズ」ですかっ!
流石は同志エルネンコ(笑)。
GAZとかVAZとか、あの世界もハマると奥が深そうですよね~。
あのシリーズにモスクビッチもあったと思うので、リアルウサビッチとか
も出来そうですね(笑)。

当方もボーンスプレマシーを見てシビれてしまったので、IXOのソチラ系
シリーズ、iSTのGAZ3110ヴォルガを買っていたりします(笑)。その内
タクシーに改造してやろうと妄想しております。

ポニイノフスキー

Body
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

123456789101112131415161718192021222324252627282930 11