1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

ミニカーコラムシフトvol.7 ~ブログアップの舞台裏その1(撮影編)

さて、今回ご紹介するのは前回のボンネヴィルに続きNEOのビュイック・ルセーバー・・・ではなくて(笑)、今回は当方がどんな手順でブログアップの準備しているかをお話したいと思います。


Photo


↑撮影の背景は手近にある物でも何とかなります。当方が新規に買ったのは色画用紙のみ(笑)。


普段アメリカ車を1/43ミニカー中心でご紹介している当ブログ、先頃某方面より写真の撮影やトリミング等の処理方法を紹介してみては?とのアイデアを頂きました。そもそも、カメラや写真についてそれほど深い知識もないし、ミニカーに関するブログを始めた時も周到な準備をした訳ではなく素人の我流の域を出る物ではありませんが、たまにはそういうのも面白いかなあと思ったので今回と次回はその辺りを記してみたいと思います。(間違った事を書いていたらゴメンなさい。。。)


1.撮影機材


現在当ブログで撮影に使用している機材は・・・


・カメラ;コンパクトデジカメ ソニーサイバーショットDSC-H10


・三脚;簡易伸縮タイプ高さ1.1m程度の物       ・・・の2点のみです(笑)。


Photo_2 Photo_3


↑デジカメは本来の目的を見失い(笑)、カタチで選んでしまった(!?)サイバーショットDSC-H10。色々遊べてなかなか面白いカメラです。三脚はコンデジ用なら2000~3000円程度の簡易な物で充分かと思います。因みにセットしてあるのはブログ開設当初使用していたCanon IXY60。現在も奥さんの普段使い用に現役で活躍中。


デジカメはいわゆるコンデジの範疇に属するものですが、被写界深度を深く取りたかったのでマニュアルモードで絞りを変えられる物を選びました。・・・購入当時、ホントはもっと絞りを深く出来る機種もあったのですが、1眼レフをミニチュア化したようなこのカメラの外観に惹かれてしまったのでした(本末転倒、どこまでもミニチュア好きな男です/笑)。本機の絞りは浅いか深いかのどちらかにしかシフトできませんが、深い側にした時の絞り値は撮影距離によってF8~F9(?ですがデジタルなので相当値なのでしょう。)といった所です。この数値がマニュアルモードのないデジカメに対して被写界深度が深くなっているのか否かは良く分かりませんが、(ひょっとしたらポートレートモードで浅く出来るようになっているだけかも。。。)それでもブログ開設当初に使っていたCanon IXY 60よりはピントの合う範囲が増えたような気がします。


Photo_5 Photo_6


ワイド側38mm相当でアメリカ車らしいワイド感を強調したり、テレ側で前後が詰まったような効果を狙ったり。(上の画像は光学ズーム6倍)・・・もう少し広角側が欲しいかな・・・。


このカメラを選んだもう一つの理由は、当時はまだそんなに多くなかった光学10倍ズームでした。残念ながら広角側は36mmでいまいちワイド感が出ませんが、(当時28mm相当になるワイドコンバータも販売されていました。)レンジが広ければ色々と撮影の幅も広がりそうだと思ったのでした。現在なら広角側20mm台で10倍以上の光学ズームを持ったコンデジも結構たくさんありますよね。三脚はカメラがコンデジなら軽いので、価格2~3千円で最大伸長時で1.2m程度の物で十分だと思います。(但し転倒・破損には充分な注意が必要です。)


2.撮影ブース(≒掘っ建て小屋/笑)


Photo_4


↑有り合わせの物でまとめた割には良い仕事をしてくれている撮影ブース(笑)。ごまかしごまかし、1/50のバスぐらいまではこのブースで撮影出来ます。大型トレーラーなどは床のアクリル板を諦めてブースを拡張します。


元々思いつきで始めたミニカーブログなので、当方は撮影用に市販の背景装置等は購入していません。その時手近にあった物を利用しています。具体的には板厚3mmのアクリル板、背景用の色画用紙、VHSのビデオテープ2本(笑)自作簡易レフ板(段ボールや・透明プラケースに銀色のメタリックテープを貼った物)など。ブログを始めるにあたって新たに購入したのは色画用紙だけでした(笑)。背景はブログ開始当初は黒、現在は青色の色画用紙を使っています。レフ板の光を背景に当てているのは、実は本当はミニカーのラジエターグリルを狙って設置した所、たまたま背景に当たって面白い効果が出たという偶然の産物であります(汗)。


3.撮影方法


7 Photo_7


↑結局被写体との距離を長めにとって撮影し、周囲をトリミングします。そもそもデジカメで撮った画像のタテヨコ比では無駄が多いので結局トリミングする事には変わりがないかなと思います。


撮影対象は全長12~3cm程度の1/43ミニカーが中心ですので、かなりカメラを被写体に近付けて撮影する事になります。前述の通りカメラはマニュアルモードで絞りを変えられるものを選んだものの、1眼レフ程に絞りを深く出来る訳ではないので、近接撮影でピントの合う範囲は限られています。ですのでここはコンデジ撮影のセオリー通り、ミニカーとの距離を多めに取って撮影し、後で周囲をトリミングする手法を採っています。


Photo_8


↑フィルムカメラと違い失敗した物は後で消去すれば良いので、露出補正してどんどん撮ります。


当方は撮影時に特別な照明を当てる事はしていません。強い光を当てると白など明るいボディカラーではディテールが飛んでしまう(・・・と思い込んでいた。。。)ので通常の部屋の蛍光灯照明だけです。おのずから撮影時間が長くなるので三脚を使い、セルフタイマー2秒で手ブレを防いでいます。また、露出はオートだと当方の環境ではかなりオーバー気味になってしまうので、露出補正でマイナス側に3段階ほど水準を振って撮影し、その中から最良の物を選択しています。カメラの液晶画面で見るのと、パソコンに取り込んで見るのとでは印象が異なる場合も多いので要注意です。


Photo_9


・・・と言う事でとりあえず撮影は終了。次回は撮影した画像の加工についてご紹介したいと思います。

スポンサーサイト

Comments
 No title
こんにちわ♪
写真については常々悩んでいたので今回はとても勉強になりました。
以前より光沢のある床のある撮影環境に憧れていましたが、アクリル板を敷いていたとは盲点でした。
また美しい写真に期待しています。
 No title
うる様

いらっしゃいませ~。
当方も試行錯誤の自己流でこんな感じでやってます。
ちょっと定型化しているので何か新しい表現が出来ると良いのですが・・・。

アクリル板は模型工作用に購入していたもので実は1部切り取って使った
跡があります(笑)。ホントはガラスの方が良いのでしょうが、そこまで
気合い入ってません。。。床にこの手の物を敷くと、今度は背景との境界が
気になります。この辺が課題でしょうか・・・。

当方も光沢ある床にミニカーが写り込んでいる感じ好きなんです。
プルバックのユルいミニカーも、少しは良い物のようにみえるかなあと・・・
当方なりの愛情表現のつもりです(笑)。
 No title
撮影は 面白いよねっ!
AZも ミニチュアも好きだけど…
ブログはじめるようになって 撮影が 楽しくなりました。
「偶然の産物」 が 嬉しいんですよねっ!
あぁしてみようか こうしてみよか…♪

そうこう しているウチに3月ですね…。
絶対 春が来る前に 一回は撮ろう!!
 No title
あはは、レフ版がほぼ同じようなモノでつ!
背景は私はピーカン主義なんでレフ当ててませんがw

表面がツルツルのミニカーだと天井のライトが写り込むんで、
トレーシングペーパーをかまそうかどうかただ今思案中……。
 No title
AZ様

いらっしゃいませ~。
ミニカーの撮影って、ハマるとハマりますよね~(笑)。
レフ板で光を当てたり、背景の高さやミニカーとの距離を調節したりして、
ボディにキレイなリフレクションが入ったりすると嬉しくなっちゃいます。
工夫すればコンデジでも結構楽しめるものだな~と思います。

撮影手順が定型化しつつある当方とは違って、AZさんは毎回新しい表現に
チャレンジされていて、そのクリエイティビティには感服しています。
それだけに産みの苦しみも尋常じゃないのでは?と思うのですが・・・
同じ手法で全く違うタイプのミニカーを撮ったらどうなるのかな~なんていうのも
見てみたい気がします。

新たな作品、楽しみにしていますね。
 No title
fziro様

いらっしゃいませ~。
>あはは、レフ版がほぼ同じようなモノでつ!
あ~やっぱり!(喜)。人間、考える事は一緒ですね(笑)。
・・・機材にお金は掛けず、その分ミニカーに投資です。

当方は天井の蛍光灯だけで撮影しているので写り込みは余り気になりません。
でも、トレペを使うのは光が柔らかくなって有効かもしれませんね。
その昔東京モーターショーにフェラーリミトスが展示された時、(古っ)
クルマの上に白い布が張られていて、それが赤いボディに映って美しかった
のを思い出しました。是非トライしてみて下さい・・・っていうか当方も試してみようかな・・・。

仲間内で知恵を出し合うのも面白いかもしれませんね・・・。
 No title
うわー、、勉強になりますー♪

当方は、ニコンのD50と、ニコンD3000と云う、なぜか入門機二台で、三脚も使わずに、全部オートでパシャパシャ撮ってるだけで・・(爆)
うーん、っぱ、絞りを深くして、で、レフ版と三脚は使おうかしら、、撮影のたびに引っ張り出すのがメンドーで(汗

あと、当方で電動玩具の動画を撮影してるのが、まさに↑の、 IXY60でありますー、、
いろいろと実験してみましたが、コレで撮る動画が一番ラクチンで、
本格的な、HDビデオカメラよりも、ずっと小回りが利いて、いい感じですよー
 No title
覆面える様

いらっしゃいませ~。
おお、デジイチをお使いとは羨ましいです。絞りはいかほどまで?
当方のカメラは手ブレ防止機能がついていますが、特別な照明を当ててないので
暗くて、手持ち撮影はブレブレで絶望的です。。。

>撮影のたびに引っ張り出すのがメンドーで(汗
当方、撮影ブースと三脚は年中ほぼ出しっぱなしです(笑)。
片付けちゃうと更新が止まってしまうカモ(爆)。

>あと、当方で電動玩具の動画を撮影してるのが、まさに↑の、 IXY60でありますー、、
ええっ!IXY60にそんな特技があったのですか?ビックリです。てっきりビデオ撮影かと・・・。
あれも良いカメラですよね。餅は餅屋じゃないですが、写真の表現力も高いように思います。
普段使いには今でも充分だと思っています。金属ボディも質感が高くて、持つ喜びもあるし・・・。
でも、動画は殆ど使った事がありませんでした。。。

DSC-H10購入時、PowerShotも検討したのですが、当時は見た目が好きになれなくて・・・
記録メディアを変えてまでサイバーショットにしてしまいました。。。
 No title
撮影はほんとに奥が深いですよね。
ブースは段ボールなんかでも作れますが、あとはレフ板や照明などこだわりだすときりがないです。
さらにはそれらを駆使して作り上げた情景を、いかに魅力的に撮るか…
色合いなんかの調整も、むずかしいところですよね。

ちなみに、上でトレペの話も出てますがほかには半透明のごみ袋なども代用できますよ♪
ただ、トレペなどかませると、照明の力が弱いとすぐに光量が無くなっちゃいます…
 No title
hiroki様

いらっしゃいませ~。
hirokiさんも撮影には拘りがあるから、どんなブースで撮影しているのか
興味ありますね~。

情景と言えば、ヨーロッパのミニカーフォーラムなどを見ると、ミニカーを
ジオラマに置いて撮影してる人も結構多いようです。
我々日本人は割とミニカー単体を見せようとしますが、この辺りにも
お国柄が出ていて興味深いです。当方も鉄道模型のOゲージ用ジオラマ
などを使った撮影にチャレンジしたいな~とも思うのですが・・・。
組み立てキットでも意外と高いので手を出せていません。。。

>上でトレペの話も出てますがほかには半透明のごみ袋なども代用できますよ♪

なるほど~。やっぱり人それぞれノウハウをお持ちで面白いですね。
本文に記したように、当方は特別な照明は当てずに撮影をしているのですが、
何だか色々トライしてみたくなって来ました(笑)。
 No title
撮影ノウハウ勉強になります!
何枚も撮影してイイモノを選んでらっしゃるのですね。

うちはデジイチなのに、いっつもオートばかりで・・・

左右二方向から照明あてた上に、フラッシュまでたく。
記事だけでなく画像までも邪道な猫でつ(汗)
 No title
ねこざかな様

いらっしゃいませ~。
当方の撮影方法も自己流なのできっと邪道です(笑)。
・・・というか方法は人それぞれで良いと思うので常道も邪道もないのかも?
それより、当方は後加工でライト光らせたりタイヤ回したりしてるので、
そっちの方が邪道かもしれません(笑)。

ねこざかなさんは両方から光を当ててフラッシュも使われるのですね。
その方が物のカタチが分かり易くなるような気もします。
やっぱり皆さんそれぞれ独自のノウハウをお持ちですね~。
ねこさん家は白いバックに白いクルマでもディテールが飛んでないから、
それもすごい事だと思います。

個人的に撮影が難しいと思うのは、白と黒でコントラストの強いパトカーかな(汗)。

Body
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10