1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

超精密なフツーの米国車たち ~American Excellence '68 Pontiac Bonneville HT Coupe

今回は新し目の製品をご紹介したいと思います。


Amex_bonneville_1


↑古のディンキー製パリジェンヌセダンとツーショット。パリジェンヌの名前は、この世代ではカナダやオーストラリアで使われていました。


ここの所、当方のストライクゾーンド真ん中の製品を続々リリースしてくれ(ちゃってい)るNEO/American Excellence。エッチングパーツなどを多用したモデルは非常に精密で見応えのある仕上がりです。NEOブランドの方でリリースされるのはアメリカ車に限らないのですが、特筆すべきはそのラインナップ。レジン製ボディによる少量生産への対応性を武器に、ダイキャストの量産メーカーが手掛けないようなマイナーな車種を数多く手掛けています。アメリカ車に関しても、従来は手薄だったポンティアックやビュイック、'70~'80年代のキャデラックやリンカーンをフォローしてくれていて、この辺りの特別なヒストリーを持たないフツーの米国車がハイクオリティな1/43モデルで揃うのは、当方には本当に感慨深いモノがあります。


Amex_bonneville_ft1


Amex_bonneville_rr1


↑こういう車種がこのクオリティーで出て来るとは・・・昔では考えられない事です。


さて、今回はそんなNEO/American Excellenceの面目躍如ともいうべき1台をご紹介。車種は'68年型のポンティアック・ボンネヴィルです。この名前はトリムレベルの違いによりカタリナ、ベンチュラ、エグゼクティブ、等様々な名称を持つポンティアック・フルサイズの中で最上級のモデルに与えられていました。余談ですがトップの画像で並べている4ドアセダンは古(いにしえ)のディンキー製で車名はパリジェンヌとなっています。このネーミングは当時主にカナダやオーストラリア向けに用意されていたもので、アメリカ本国でこの名が使用されるのは80年代に入ってからの事でした。


Amex_bonneville_ft2


Amex_bonneville_rr2


↑素晴らしい出来ですが・・・写真に撮るまで気付いていませんでしたが、リアウインドーが浮いてしまってます。。。直せるかな・・・。


フルサイズならではの伸びやかなフォルム、中央部が大きく突き出たフロントエンド等、なかなかに押し出しの強い魅力的なスタイリングです。同じフルサイズ系の中でも下級のカタリナ、ベンチュラと上級のエグゼクティブ、ボンネヴィルではホイールベースが違っている上に、2・4ドアHT、コンバーチブル、セダン、ワゴンなど一通りのボディラインナップを有していたのですから、このフルサイズラインだけで下手な自動車メーカー1社分のバリエーションと言えそうです。当時のアメリカの豊かさが偲ばれます。


Amex_bonneville_2


↑大きな立体がぶつかり合うようなダイナミックな造形は、この年代のアメリカ車の特徴と言えるでしょう。痺れます。


今回ご紹介するのはブルーメタリックのボディのアメリカン・エクセレンス版。伸びやかでダイナミックなフォルム、美しい塗装、エッチングパーツなども使用した精密な造りで非常に見応えがあります。同じボディのゴールドのモデルはNEOブランドで日本に入って来ていて、どう見ても同じキャストだと思うのですが・・・NEO SCALE MODELSAmerican Excellenceではウェブサイトも別々になっていて、この両ブランドの関係は当方には今一つ良く分かりません。アメリカンエクセレンスのサイトにはディベロッパーズ・ダイアリー(開発者の日誌)というコーナーがあって開発中の試作品をチラ見せしてくれているのですが、これがもう、当方には堪らない車種・・・ばっかり・・・なのですが、、、全部買ったら幾らになるのかを考えると気絶しそうであります(既に'50sの車種は諦めてます/泣)。。。お願いだから新製品のリリースはMAXでも毎月1台ぐらいにして~~~~!!!!

スポンサーサイト

Comments
 No title
今晩は.
この,ミニカー,出来がすごいいいですね.

僕は,1963 Buick Rivieraが好きです.
「ミッドナイト・クラブ・ロサンゼルス」というレースゲームで登場してます.
 No title
ルカ様

いらっしゃいませ~。
はい、素晴らしい出来なんですが・・・当方の入手したモデルはリアウインドウ
がハネちゃっているし、ボディもレジン製なので経年による変形等の劣化が心配です。。。
急激な温度変化や湿度など、注意深く見守る必要がありそうな気がします。

'63のリビエラ、当方も大好きです。過去にフランクリンミント製のモデルを
ご紹介していますが、今回ご紹介したNEOでは2代目の'67を製品化する予定のようです。

http://www.neoscalemodels.com/produkten.aspx?Schaal=1%3a43&Merk=Buick

また、同じ様にレジン完成品でコチラも良い出来なスパークは、'65のリビエラを製品化
する予定のようです。どちらも楽しみですが・・・値段を考えるとアタマ痛いです。。。
 No title
どもども、、

良いですねっっー、、68年式のポンティアックって、横に広くて、大好きなデザインでありますー

特に写真のボンネビルの2drHTは、一番のお気に入りでして、20年ほど前に、どーしてもカタチが欲しくて、1/25サイズの当時モノのmpcキットを組み立ててしまいますた。

今考えると、なんて惜しいことを(爆
 No title
覆面える様

いらっしゃいませ~。
'68~'69ボンネビルはかっこ良いですよね~。クーペも良いし4ドアもまた良し!
この立体的なノーズやフロントガラスよりリアガラスの方がなだらかなプロポーション
が当方も最も好きな年代でして、ホント、この辺りが1/43で手に入るのは本当に嬉しいです。

・・・が、そうこうする内に同じネオの'65ボンネビルと'72グランプリも発売
になってしまいました。。。・・・・・このペース、ちょっとフォローしきれないカモ。。。
http://www.neoscalemodels.com/produkten.aspx?Schaal=1%3a43&Merk=Pontiac
他にもグランドワゴニアとか、'73フォードLTDの4ドアHTとか当方好みの車種が目白押し
で・・・もう、ウギャーであります。(色んな意味でちょっと壊れ気味/笑)

>どーしてもカタチが欲しくて、1/25サイズの当時モノのmpcキットを組み立ててしまいますた。

貴重なキットとは言え、好きなクルマはカタチにした方が精神衛生上
よろしいのでは?なかなかカタチに出来ない当方としては羨ましい限りです・・・。

Body
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10