1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

黒い麗人のベースは!? ~GamdaKoor Sabra '66 Chrysler Imperial Conv.

今回の記事はブログをリンクして頂いているうるさんの素敵なコーギー製クライスラー インペリアルに初勝手連しちゃいます。


Gamdakoor_66_imperial_1


↑2ドアのコンバーチブルでモデル化されたガムダクールの'66インペリアル。


1/43でアメリカ車をコレクションしようなどと言う酔狂な事をやっている当方、素晴らしい出来の最新製品も増えてきたとは言え、好きな車種を網羅しようと思うと古(いにしえ)の絶版ミニカーやプルバックのトイカーなどに頼らなければならない事も多々あります。それゆえ「旬な」とか「今更ですが・・・。」といったフレーズは当ブログではほとんど使う事がありません(笑)。今回ご紹介するミニカーもそうした絶版ミニカー、当方の大好きなガムダクール・サブラのモデルですが、車種的には或る意味タイムリーな1台と言えるかも知れません。


Hallo, vrienden in Nederland.


http://www.3inchforum.nl/viewtopic.php?p=193603


I am collecting American cars by mainly 1/43 scale die-cast model cars. Recently, there are some new products about American cars, but I often buy vintage model cars or pullback motor toy cars to collect my favorite cars. This time I would like to introduce one of my favorite brand GamdaKoor Sabra. It's also part of vintage model, and also hot topic.


Black_beauty


↑劇場版グリーンホーネットのブラックビューティー。画像は映画のパンフレットから引用させて頂きました。


何がタイムリーかと言うと、往年のTVドラマのリメークである映画”グリーンホーネット(原題;THE GREEN HORNET)が日本でも公開され、その劇中でかの有名なブラックビューティーが大活躍しているのですね。このブラックビューティーのベースになっているのがコンバーチブルと4ドアHTの違いこそあれ、'64~'66年型のクライスラーインペリアルなのです。最新映画の劇中車はTVシリーズのそれに良く似ていますが、こちらはエンジンフードの大型マシンガンやグリルに仕込まれた火炎放射器などより過激なスペックとなっております(笑)。


What is hot topic? Because this '64~ '66 Chrysler Imperial appeared in latest movie "THE GREEN HORNET". This cool and beautiful car called "Black Beauty". Latest movie car looks like TV version, but it has large machine guns and flamethrower etc. those modifications are heavier than TV version.


Gamdakoor_66_imperial_ft1


Gamdakoor_66_imperial_rr1


↑シンプルながらプロポーションの良いモデルの多いガムダクールですが・・・このクライスラーインペリアルはプロポーション、ディテール共に・・・まあまあといった感じです。(贔屓目)


当方実はTVシリーズは未見なのですが、ブラックビューティーの活躍が気になって劇場版は観に行きました。映画自体も結構楽しかったのですが、やっぱりと言うかクールなブラックビューティのカッコ良さにすっかりやられてしまいました(笑)。この劇場版ブラックビューティーのミニカーはサンスター/ビテスが1/43で劇場版を、ファクトリーエンターテイメントが1/50で劇場版とTV版の両方をリリース予定。当方がサンスター/ビテス版を予約したのは言うまでもありません(笑)。


I have never seen TV series, but I was very interested in Black Beauty. So, I went to movie theater. I enjoyed the movie and became a big fan on the Black Beauty. Model car of the Black Beauty will release from Sunstar/Vitesse at 1/43, and from Factory Entertainment at 1/50. Of course I reserved Sunstar/Vitesse version.


Gamdakoor_66_imperial_ft2 Gamdakoor_66_imperial_rr2


クライスラー・インペリアルはプリマス、ダッジの上に位置するクライスラーディビジョンの中でも最上級に位置する車種。'55年型から独立車種となり、シリーズ内にカスタム、クラウン、ルバロンを内包していました。今回ご紹介しているのは'64年型でデビューした世代で、'66年型はその最終年式にあたり、独立したぺリメーターフレームを持つ車体構造はこの'66年型までとなりました。'60年代中盤のアメリカ車らしい直線的なスタイルをしていますが、側面に大きく廻り込んだフロントウインドウシールドなど、'50sのフレーバーもそこはかとなく感じられます。中央にジェット噴射口を配したようなリアデザインも独特で、劇中車のベースにもなりやすかったのかもしれません(笑)。


Chrysler Imperial was a high end car in Chrysler division higher than Plymouth and Dodge. The car became individual series from 1955 and had Custom, Crown and Le Baron on its lineup. I am introducing 2nd generation Imperial that debut in 1964. These model cars shows '66 model year. That year was a last year of this generation Imperial.


Gamdakoor_66_imperial_ft3


Gamdakoor_66_imperial_rr3


↑ちょっとユルめですが、特徴的なリア廻りもしっかり再現しています。


さて、ご紹介しているミニカーは当方のお気に入りブランド、イスラエル製のガムダクール・サブラです。例によって床板と一体のグリルやバンパーなどシンプル極まりないパーツ構成でクライスラーフルサイズをモデル化しています。これまた例によって、プラスチックケースの大きさに規制され、縮尺は1/43よりもかなり小さ目となっています。当方が入手しているのはアイボリーホワイトと淡いグリーンメタリックの2台。グリーンの方はシルバーの上にクリアグリーンを塗装しているようで独特の風合いがあります。


The model cars are one of my favorite brand, GamdaKoor Sabra  made in Israel. So simple construction but pretty good proportion. The scale of the model cars are smaller than 1/43. That scale limited by the size of plastic case. I have two colors of the variation, one is ivory white and the other is pale green metallic.


Gamdakoor_66_imperial_ft4 Gamdakoor_66_imperial_rr4


'66クライスラー・インペリアル、グリーンホーネットのブラックビューティーが発売された暁には、並べて悦に入りたいと思う当方であります。


When model car of Black Beauty will release, I would like to put it on next to the Imperial.

スポンサーサイト

Comments
 No title
おじゃまします♪
ミニカー的なかっこよさで言うならコーギーよりもガムダクールのインペリアルの方が好きだったりします。白は割と見ますがグリーンメタは初めて見ました。眼福です。

そういえばオリジナルのブラックビューティーもベースはインペリアルだったのでしょうか?
 No title
うる様

いらっしゃいませ~。
ガムダクールの方が細長い分、プロポーション的にはアメリカ車っぽい
雰囲気ですが、拝見したコーギーのミニカーとしての出来の良さ、フィギュア
やゴルフバックの醸し出す味わいはとても魅力的ですね。
当方も良い出会いがあれば入手したくなりました。こちらこそ眼福でした。

オリジナルのほうもやはり同じ世代のクライスラーインペリアルがベースです。
↓コチラの情報によるとTV版は'66年型がベースのようです。
恐らく撮影当時最新のモデルをクライスラーが提供したのではないでしょうか。
http://www.imcdb.org/vehicle_2004-Imperial-Crown-1966.html

映画版の方はソースによって'65と表記されていたり'66と表記されていたりと色々です。
最近のハリウッドは撮影の為に同じクルマを複数台準備するようですから、
古いクルマなので同じボディの'64~'66をかき集めたと言うのが実情ではないでしょうか?
当方も確証がないので曖昧に'64~'66と表現してしまいました。。。
 No title
劇場版、最新ブラックビューティーって、、
違う、ちがうんだおー、ううっっ、、、(;>ω<)/ 。・゜゜・

もっと、のほのほしてて、なんとなく幸せな気分になるTV版が本物なんだおー(爆)
 No title
覆面える様

いらっしゃいませ~。
当方、恥ずかしながらTVシリーズは未見なんですよ~。
映画版は基本アクションコメディで、主人公もおマヌケな所のある設定でした。
思わず声出して笑っちゃうようなシーンもあってそれはそれで楽しめましたよ。
劇場で観ながら「TV版の主人公はきっと全然違うキャラなんだろうな~。」と、
考えたりしていました(笑)。

当方はエレノアもオリジナルのバニシングin60版もリメイクの60セカンズ版もOK
という節操のない人間なもので・・・ブラックビューティーも両方OKです(笑)。
TV版、物凄く観てみたいし、コーギーの復刻版で良いからTV版のブラックビューティー
も欲しいなあと思っている今日この頃です。
 No title
風合いが いいですね!
60年代のアメ車 に 良く似合っている
そんな気がします。

しかし…こんな “フルサイズ” が
砂埃まきあげて 走ってたんですねぇ…。
憧れ-ですね。
 No title
まいどー♪、、んじゃ、こちらでもぉー

http://minkara.carview.co.jp/userid/240223/blog/17857792/

乱闘中にフッ飛んだホーネットの帽子が、次の瞬間、元に戻ってますー(爆
 No title
AZ様

いらっしゃいませ~。
有難うございます♪。このガムダークールのテイスト、シンプル故かイスラエル製
なのにアメリカ車らしいおおらかさが感じられて大好きなのですが・・・。
同じ様に感じて下さる方は少ないようです。
日本では全然人気がありません。。。

60~70年代のアメリカ、訪れてみたいですね~。きっと1日中街ゆくクルマを
眺めて過ごしてしまいそうです(笑)。
・・・当方の場合、きっと現代でも同じかな。。。クラウンヴィックのイエローキャブ
やポリスカーを見て狂喜乱舞しちゃうと思います(特異体質/笑)。
 No title
覆面える様

いらっしゃいませ~。
拝見して参りました~。確かに帽子が元に戻ってますね~。
ますますちゃんと観たくなって来ました。映画もそう遠からずDVDになるでしょうから、
そのタイミングでオリジナルもDVD化されないですかね~。
買うのは無理でしょうけでど、レンタルで借りて観たいです(笑)。

・・・映画版のミニカーを入手したらFZIROさん家と共に勝手連させて頂きたいと
思います。その際は宜しくお願い致します~。m(_ _)m
 No title
オリジナルは、もしかしたらブルース・リーが出演してたのでは?昔、映画のパンフの出演作歴のところに書いてあったような気が・・・。
 No title
doobie brother様

いらっしゃいませ~。
劇場版はまだ公開中だし、TV&映画の話は劇中車仕様のミニカーをご紹介する
時にするつもりですが、仰る通り、TV版にはブルースリーがカトー役で出ていました。
その後ブルース・リーの主演映画が大ヒットしたので、彼が主役のように再編集
した作品も作られたそうです。

その辺りはFZIROさんのコチラ↓や、
http://charaminicarbase.blog102.fc2.com/blog-entry-328.html#trackback

覆面えるさんのコチラ↓を是非参照してみて下さい。
http://minkara.carview.co.jp/userid/240223/blog/17857792/
 No title
出るは出るは、アメリカの至宝達―。
このガムダクールのクライスラー・インペリアル、その大まかなボディラインの再現の「大まかさ」加減が、大きなアメリカ車という車両キャラクターにマッチして良い味を醸しだし、一つの文化を感じさせてくれる逸品ですね!
同品の薄いエメラルドグリーンのボディカラー、小生のラッキーカラーそのものでスイスのルガノ湖やオーストリアのチロルの空など、アルプス情緒も感じさせてくれる洗練された色だと思います。
このインペリアルのボディカラーはもっと濃いグリーンだったものが経年変化で薄れたものなのか、もともとこういう塗装だったのか教えていただきたく存じます。
PS
小生、このインペリアルと全く同じグリーンのセーターや長袖シャツをまとって、以前乗っていた1992年製メルセデス260Eを走らせまくっていたことを懐かしく思い出します。この色はヒトに落ち着きと反射神経をもたらす良い色に思えてなりません。
 No title
真鍋清様

いらっしゃいませ~。
このインペリアルのグリーン、比較的最近絶版品を扱うミニカーショップで
購入した物なので、この色合いがオリジナルなのかリペイントなのか、
経年変化で色味が変化した物なのかはちょっと分かりません。

ガムダクールは床板がカシメ止めになっており、外した形跡は・・・あるような
ないような・・・です。。。
プラ床板のミニカーの場合、カシメ部をハンダコテで熱して床板を外す裏ワザが
あるそうです。海外の文献には似た色合いの写真が掲載されていますが、
正確な所は分かりません。ガムダクールは資料が少ないので分からない謎が多いです。

Body
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 07