1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

愛しのトイカー達; 一応1/43・・・かな!? ~Tins' Toys '70 Dodge Charger R/T

今回は久しぶりの”愛しのトイカー”ネタ。このミニカーもプルバックで元気に走っちゃいます。


Tinstoys_70_charger_1


・・・と言う事でダッジ・チャージャー特集、今回は'70年型をご紹介したいと思います。'68モデルイヤーで登場した2代目ダッジチャージャーですが、この頃のアメリカ車の例に洩れず年度毎に比較的大きなフェイスリフトが行われています。分かりやすい所では'68では横幅一杯の縦格子グリル/丸型4連のテールランプだったのが'69では左右2分割グリル/独特な形状の横長テールランプとなり、今回ご紹介する'70ではバンパーがラジエターグリルの周囲をぐるりと取り囲むいわゆるサラウンドタイプに、テールランプは'69と似ていますが、クロームモールで左右がつながったようにも見えるデザインに変更されていました。


Tinstoys_70_charger_ft1


Tinstoys_70_charger_rr1


↑プルバックモーターを組み込んだティントイズの'70チャージャー、'70らしいディテールはしっかり押さえています。


映画の世界では'68が”ブリット”、'69が”ダーティ・メリー クレイジー・ラリー”や”爆発!デューク”で大活躍していたのに対し、'70は長らくコレといった活躍がありませんでした。しかし近年”ワイルドスピードシリーズ”の1作目と4作目に登場した事で一躍脚光を浴びる事となりましたね。TVシリーズの爆発!デュークを別にすれば、どの作品でもクールでワルな役柄を演じていたのはこの世代のチャージャーが持つ独特の雰囲気故でしょう。やっぱりそこがこのクルマの最大の魅力ではないでしょうか・・・。”イケメンでワル”人間の男だったら女性に最もモテるタイプですよね羨ましい(笑)。


Tinstoys_70_charger_6_2


Tinstoys_70_charger_7_2


↑'68, '69, '70チャージャーの変化。ミニカーだと分かりにくいでしょうか。。。


さて、今回ご紹介するのはそんな実車のワルな感じとはちょっと違ったほのぼの系のトイカー。プルバックモーターで元気に走っちゃうダイキャストミニカーです。こうした玩具的なプルバックカーは、実は大手ブランドが手掛けないようなマイナーな年式や車種を1/43で製品化している事が多く個人的にはかなり注目しているジャンル(!?)。入手出来るのが雑貨店、ファミレスのレジ脇や高速道路のサービスエリア、観光地の土産物店など一筋縄では行かないのが難点でしょうか(笑)。


※以下の画像はクリックで少し拡大します。


Tinstoys_70_charger_ft3_3 Tinstoys_70_charger_rr3_3


↑ボディカラーは全部で4色、ソリッドカラーは赤とダークブルーに白のアクセント。


ブランドは以前ご紹介したフォードE350と同じ中国のティントイズ。同社のサイトでその存在だけは知っていて気にはなっていたのですが、この度ようやく入手出来ました。eBayに色違い4台セットが20数ドルで出品されていたのですが、日本への送料を含め最終的には1台あたり1000円位の価格でゲット。届いてみると、「あれっ、コレ何だか大きいんじゃない???」・・・いつぞやのマイスト製2010年型マスタングConv.と同じ様な悪寒が。。。


Tinstoys_70_charger_2_4 Tinstoys_70_charger_3_2


↑床板に無造作に貼られたラベルには、品番・車名と共にしっかり1:43の表記あり!他のチャージャーのミニカーと並べるとおおよそは1/43スケールのようです・・・車高以外。。。


彼の地(米国)では1/43ミニカーは余り人気がないので、eBay等でのスケール表記もかなりアバウト。1/32から下、3インチのミニカーより大きい物は大らかに1/43と表記されているケースがままがあります(笑)。当方も過去に珍しいミニカーが!と喜んで落札、届いて見てがっかり・・・というような事を何度か経験しました。(先方には悪気は無いようですが/苦笑。)


Tinstoys_70_charger_ft2 Tinstoys_70_charger_rr2


↑メタリックは渋めのグリーンとゴールドに黒いアクセントの2色。個人的にはコチラの2台のほうが好み。


・・・しかし、このチャージャーはメーカーのサイトでも1/43と表記されていたような気がするし、ミニカーの床板張られたシールにもしっかり明示されています。で、手持ちの他のチャージャーのモデルと較べてみると・・・う~ん、、余り厳密ではないダイキャストミニカーの尺度で言うと、ま、一応1/43の範疇でしょうか。全長と全幅はそこそこなのですが、全高だけが妙に高い・・・つまりボディが上下に厚くプロポーション的にはやや寸詰まりな感じがします。縮尺が大きく感じたのはおそらくこの車高ゆえでしょう。


Tinstoys_70_charger_4 Tinstoys_70_charger_5


↑エンジンフード、ドアが開閉、エンジンルーム内やインテリアもなかなか頑張った造りです。


ですが、プルバックモーター内蔵のトイカーながらこれが結構頑張った造りなんです。開閉するドアには三角窓と樹脂製のドアトリムが装備されているし、エンジンルーム内も思いのほか(失礼!)細かく造り込まれ、メッキのエアクリーナーまで奢られています。ルーフ形状もちゃんとしているし(笑)、前後のフェンダーの峰がドアで入れ違っている独特のプレスラインをここまでしっかり再現しているダイキャストミニカーは実はそう多くありません。当方が知る限りでは、'70チャージャーの1/43ミニカーはこれぐらいしか思いつかないのでなかなかに貴重です。やはりプルバックのトイカーは侮れません(笑)。

スポンサーサイト

Comments
 No title
こんばんは~御無沙汰してまつ(汗)

チャージャーって、仰るとおり、ワルいフェロモン出してますねー。
トランスフォームさせたら、絶対、デストロン陣営ww

昔のアメ車って、毎年、顔とか変わってたのですね。
デザイナーも工場も大変だったろーなー(苦笑)

でも、それだけ、会社にも市場にも余裕があったつーことでしょうか・・・。
 No title
ねこざかな様

いらっしゃいませ~。
>トランスフォームさせたら、絶対、デストロン陣営ww

それはもう、絶対ですね(笑)。あの雰囲気で正義の味方と言われても
簡単には信用できないかも・・・。それと、どうも正義の味方はGM限定みたい
なんで、ダッジでは2重にムリですね(笑)。

ホント、50~60年代のアメリカって、一体開発/生産部門にどれくらいの人が
居たのかな~と思います。初期のマスタングも2年毎にボディパネルを一新
してましたし、あのキャッツアイテールの'59インパラも、あのスタイルだったのは
たったの1年だったのですからね~。(そのかわり1年で40~50万台位捌けていた)

毎年カタチを変える上に、膨大な車種を抱えていましたからね・・・
デザイナーや設計者なんかは年度ごとにシフトでも組まれていたのかしらん
と思ってしまいます。
 No title
あ、、いや、爆発!デュークでも、十分ワルだと(超爆

で、今回のモデルって、どれも、とってもステキですねー、、ちょっとユルユルの作りなんだけど、しっかりと実車の特徴は押さえてあるし、中華人民驚異的手先器用仕様の高価なモデルよりも、ずっと良い感じだと思いますー

>>eBay 等でのスケール表記もかなりアバウト・・
そそ、何度泣いたことかww、、実は、前週末に届いたプラモも1/32の表示だったのに、届いたら1/24でちた、、

おいっ英語人っ、、箱のサイズも読めんのかぁぁぁぁ!、、って言いたいです、、えっ、自分でよく確認してから入札しろっって(爆
 No title
覆面える様

いらっしゃいませ~。
>あ、、いや、爆発!デュークでも、十分ワルだと(超爆
いや、まあそうなんですけど、殺し屋や銀行強盗に較べれば・・・。
密造酒の運び屋っていうのは色々と映画にもなってるし、アメリカでは人気
のあるおシゴトなんですね(笑)。

今回のミニカーは届いた箱を開いた瞬間「ヤバイ!」と思ったのですが、
ちょっとボディが上下に厚いけど一応1/43の範疇でした。。。
当方もスケール表記のアバウトさには何度も泣かされましたが、先方には
悪気は無さそうなんで却って困ってしまいますね~。

で、このモデルは何より'70年型なのが貴重であります。お陰でまがいなりにも
'68, '69, '70の揃い踏みが実現しました。ユルイなりに頑張っている辺りが健気
だったりして・・・。前述の通り、ボディが上下に厚いので、コロッとしてちょっとメタボ
なチャージャーです。これを改造してワイルドスピード仕様にしようって気は・・・
全然起こりませんです(笑)。
 No title
こんばんわ。

今、日本に帰国しており、
その機会をとらまえて(=ネット環境がいいうちに)、
Ponys41さんとかの過去ブログを拝見しています。

Tins' Toys に、このような乗用車(?)のラインアップがあったとは知りませんでした。適度にゆるくていいですね。

あと、
>1/32から下、3インチのミニカーより大きい物は大らかに1/43と表記され>ているケースがままがあります(笑)

ほんじゃ又です。

これには、こっちも(笑)でした。おおらか!
 No title
celica197012様

いらっしゃいませ~。
駐在、ご苦労様です。色々と不便な面も多いかと思いますが、
得難い経験・・・と、得難いミニカーに出会う機会も多々あるのでは
ないかと思います(笑)。
慣れない環境、くれぐれもお体にはお気を付け下さい。

Tins' Toys、結構いろんなスケールでいろんなミニカーをリリース
しているみたいです。当方的には結構気になる物もチラホラ・・・。
http://www.tinstoys.com/
このチャージャーは1/43では年式的に貴重なので
ずっと入手したかったモデルでした。

当方もcelica197012様のブログは楽しく拝見させて頂いています。
(応援もしていますよ!)
彼の地で面白い物を見つけたら、ぜひ紹介してください。
楽しみにしております!!
 No title
ああ、ゲンナリ―「プルバックカー」と聞いただけで体の力が抜けていく感じだ!
小生、同じアメリカ車モデルを中心としたメーカーなら、米国GREENLIGHT(大元はアメリカ/生産は中国に下請けという近年お決まりのパターン)製の1/64ダッジ・チャージャーや新旧マスタング、シボレー・カマロ等のモデルにぞっこんです。何なら同社は「小粒ながらも独特の作風を持った、感度の高いモデル」を実現しているのだから!
さあ中国の日本語教師の応募の履歴書にトライするか、各種アメ車に元気をもらった心身で!
 No title
真鍋清様

いらっしゃいませ~。
おや、真鍋様はプルバックミニカーはお嫌いですか・・・。
最近までまっとうな1/43アメリカ車のミニカーは限られた車種しかなかったので、
こうしたプルバックのトイカーを含めないとコレクションの幅が広がらない
次期が長く続きました。(今では製品が有り過ぎで困ってしまう/笑)
たくさん集まるとこうしたトイカーもなかなか可愛いものですよ(笑)。

グリーンライトやM2マシーンズ、確かに良い出来ですよね。当方はすっかり
お金が廻らず、ブリットのセットとか限られた物しか買えていません。。。
グリーンライト名義の1/43ミニカーもあるにはあるのですが、ハイスピード
のOEMだったりしてアメリカ車はコブラくらいしかありません。
1/43も真剣に手掛けてくれたら素晴らしいと思うのですが・・・。
 No title
Ponys41様に速報!
ダッジチャージャーつながりで、新発売のA-Cars10月号に小生の投稿(クライスラー製中大型車全般について)が「埼玉県S.T」名義で(同名は小生の本名のイニシャルより)掲載されましたので手前味噌ですがお読みになって頂けたらと思います。
拙文はスキャニングして添付ファイルにてPonys41様の連絡先=http://1-43cu-in.blog.ocn.ne.jpにお送り致しますのでご了承のほどを。
 No title
真鍋清様

いらっしゃいませ~。
A-Carsは今や当方が毎月欠かさず購入している唯一の自動車雑誌です。
10月号、チェックしてみますね。
本ブログのコメント欄には添付ファイルはつけられないと思います。
皆さんからの画像や資料を貼れる機能があったら面白そうですが・・・。
その内掲示板などの機能が追加されるようなら検討してみたいと思います。

Body
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08