1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

ライトウエイト・コンペティション ~EAGLE COLLECTIVLES '64 CORVETTE GRAND SPORTS

C2コルベット特集、ようやく’63年型から脱却です。・・・余りネタは残っていないのですが。。。


Uh_crovette_gs_1


↑'63のノーマルと並ぶ'64グランドスポーツ。よりマッチョな闘うマシンとなっています。


'64年、C2コルベットは2年目に入ると早くも改良が加えられます。最も変わったのは外観で、'63年型で特徴的だったスプリットリアウインドウが、1枚ものの曲面ガラスに変更されました。この変更の理由は後方視界改善の為だったとも言われていますが、3方向に大きくカーブした曲面ウインドウも、それはそれで個性的で美しいのではないかと思います。機構面ではエンジンのパワーアップやサスペンションのリファインなど細かな項目に留まっています。


Uh_crovette_gs_2


Uh_crovette_gs_3


↑とにかくダイナミックな迫力は良く捉えているユニバーサルホビー/イーグルコレクティブルシリーズのC2コルベット・グランド・スポーツ。いくらなんでも、タイヤはちょっと大きすぎる気が・・・。


・・・ところがこの’64以降のC2、1/43でのモデル化が非常に少ないのです。'64に関して言えば、当方が所有しているのはコンペティション用のグランドスポーツ(以下GS)のみ。GSはモータースポーツでの使用を前提にゾーラ・ダントフが中心となって開発したライトウエイトバージョンとも言うべき存在。レーシングタイヤに対応して大きく張り出したフェンダーや大き膨らんだエンジンフードが只者ではない雰囲気を醸し出しています。モータースポーツの世界で大暴れしていたシェルビー・コブラへのシボレーの対抗策と言えるのではないかと思います。


Uh_crovette_gs_4


Uh_crovette_gs_5


↑新製品当時、ヒストリーも良く分からずにカラーリングのカッコ良さで選んだ'64年のセブリング12時間レース仕様。A.J.フォイト/ジョン・キャノン組のドライブで総合23位という戦績だったようです。


ミニカーはユニバーサルホビーからイーグルコレクティブルとして発売されていたモデルで、たくさんのカラーバリエーションがありました。10年ぐらい前のモデルですが良く作り込まれていて当時の価格は2000円台でミニチャンプス等と比べるとお手頃価格だったと記憶しています。レーシングバージョンとは言えタイヤが非常に大きくゴツイ印象もありますが、ノーマル以上にマッチョでダイナミックなGSのフォルムをよく捉えているのではないかと思います。スプリットウインドーの'63以外では数少ないC2コルベットクーペの1/43モデルです。


Uh_crovette_gs_6


Uh_crovette_gs_7


↑'64年型からリアウインドウは左右一体の曲面ガラスになりました。モデルは中々細かく作り込まれていますが、新製品当時のお値段は2,400円。今では考えられない価格ですね・・・。


当方が数あるバリエーションのの中からこの1台を選んだのは、単にカラーリングがカッコ良かったから(笑)。濃いブルーメタリックのボディにホワイトのストライプ、左フェンダーに入れられた2本のレッドラインは、後年のC4コルベットGSとも共通するイメージです。仕様としては’64年のセブリング12時間レースの出場車で、改めてネットで調べてみるとA.J.フォイト/ジョン・キャノンのドライブで総合23位に入賞したマシンのようです。残念ながら、少なくともこのレースではコブラへの雪辱はならなかったようですね。実車の画像を検索すると左フロントフェンダーの赤いラインは見られません。このミニカーも初期ロットは赤いラインはなかったらしいのですが、何故途中からラインが追加されたのかは謎であります。

スポンサーサイト

Comments
 No title
プロポーションはともかく、ライト類等まるっと変更されていますね。
ヤツメウナギみたいなリアランプが格好イイ!
 No title
ねこざかな様

いらっしゃいませ~。
そうなんですよね。フロントのリトラクタブルを固定式に改造するのは
市販車のカスタムでもよくコピーされています。

リアの方は仰る通りヤツメウナギみたいなんですけど、元の4つ以外は
ランプじゃないっぽいです。マフラーはボディサイドに突き出ているし・・・
なんなんでしょうね。何かの冷却用かもしれません。

これのオープンボディ版がワイルドスピードの最新作で崖から転落
してました。もちろんレプリカだとは思いますが・・・。
 No title
うわぁー、、凄い作りこみですねっっー
とても1/43の量販モデルとは思えませんですー

リアの八目うなぎテール、、大好きであります♪
 No title
覆面える様

いらっしゃいませ~。
当時の価格を考えると、ユニバーサルホビーはいい仕事してましたよね。
'49のマーキュリーなんかも、今見ても良い雰囲気だと思います。

グランドスポーツは当方も大好きですが、この作り込みを今やったら
一体幾らぐらいになってしまいますやら。。。TSMと言うブランドから、
レジン製の精密なモデルが発売になる予定なのですが、当方はこの
ユニバーサルホビー製でじゅうぶんかな・・・と思っておりマス。

・・・現物を見たら気が変わっちゃうかもしれませんが(汗)。
 No title
リトラでなくなっただけでかなり印象変わりますねぇ!
みなさんおっしゃってるように、リアの小さいライト群もカコ(・∀・)イイ!
レース仕様って事は、どのくらいの馬力を生み出してたんでしょうねぇ…。
本家魔改造、いいなぁ…( ;´Д`)ハァハァ
 No title
fziro様

いらっしゃいませ~。
グランドスポーツの外観は、C2魅力の男性的な逞しさの面を拡大した
ようなイメージがありますね。レーシングマシーンとは言え、欧州の
それと違って荒削りな感じがするのもまた魅力かもしれません。

グラスファイバーのボディを軽量化した上に、エンジン出力は550hp
位になっていたようです。仰る通り魔改造ですよね~(笑)。

Body
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08