1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

待ってました! ~Premium-X '72 Buick Riviera

かねてから待ちわびていた製品の1つが遂に発売になりました。


Premium_x_72_riviera_1


↑どちらか1方を選べなくて、両方買ってしまいました。


本日ご紹介するのはプレミアムXのビュイック・リビエラ、ビル・ミッチェル肝煎りの大胆なボート―テールデザインを纏った3世代目のモデルです。3世代目のリビエラは'71モデルイヤーにデビューし、'73年型までは特徴的なボートテールデザインを維持していました。しかしアバンギャルド過ぎたスタイリングが保守的な購買層に敬遠されたのか販売は低迷。'74モデルイヤーにはごく普通のノッチバックルーフに改められ、その後鋭い逆スラントだったノーズも平凡な角4灯ヘッドランプに変更され際立っていた個性は大幅に薄められてしまいました。’77モデルイヤーに次世代モデルへとバトンタッチしています。


Premium_x_72_riviera_2


Premium_x_72_riviera_3


↑プロポーション、ディテール、カラーリング共に上々の仕上がり。個人的には1/43のディテールはこの位迄が心地良いように思います。


今回、プレミアムXでは過去にご紹介したヤトミンの’71とはモデルイヤーを変え、’72年型を製品化して来ました。外観的には横基調だったラジエターグリルが格子タイプになり、テールランプのパターンが変わった事、及びトランクリッドにあったルーバー(室内空調用の吸気口らしいです。)が無くなった事などが変更点でしょうか。基本的なボディシェルは変わっていないので、それ程大きなイメージの違いはありません。’71に比べるとほんの少しフォーマルな高級感の方向にシフトした感じでしょうか。翌'73年型もボートテールのスタイリングは維持しましたが、その尖り具合は若干弱まってややマイルドな印象となっていました。


Premium_x_72_riviera_4


Premium_x_72_riviera_5


↑グリーン系のメタリックにコーディネートされたバイナルトップとインテリア。'60~'70年代のアメリカらしさに溢れたカラーリングだと思います。


さて、ミニカーですが、これはなかなかの仕上がりぶりかと思います。ヤトミンの'71もプロポーションは素晴らしかったですが、こちらはプロポーションが良い上にクロームのモール類や細部の色差しが効いていて、実車の重厚感や優雅な雰囲気が良く再現されています。室内も細かく塗り分けられており、高級パーソナルクーペらしさが程良く出ているように思います。とにかく尖った実車のスタイリングがシャープに再現されているのが嬉しいモデルです。長年製品化に恵まれなかったリビエラが、こういうクオリティでモデル化されるのは本当に隔世の感があります。予定されているラインナップといい、プレミアムXの今後に展開には期待大です。


Premium_x_72_riviera_6


Premium_x_72_riviera_7


↑赤系のボディカラーは魅力的に撮るのが難しい(苦手。。。)ので、魅力が上手くお伝え出来ないかもしれませんが、個人的にはボートテールにはこの色が良く似合っていると思います。


最近は1/43ミニカーも随分と高価になり、カラーバリエーションを揃えるなんて事はなかなか出来ませんが、大好きな車種の出来の良いモデルともなると話は別。今回発売になったのは暗めのレッドメタリック(明るい所で見ないとソリッドに見える)にアイボリーホワイトのバイナルトップとインテリア、淡いグリーンメタリック(ゴールドに近い)にコーディネートされたグリーンのバイナルトップとインテリアの2種類。どちらも実車に設定されていたカラースキームで良い仕上がりです。個人的にはどちらか1つを選べなかったと言うのが正直な所。NEOなどに比べると比較的安価な事にも助けられました。・・・と、引き合いに出したNEOからは2世代目の最終年式である '70年型も発売され1部国内ショップには入荷済み。リビエラがここまで1/43モデルで揃うなんて・・・本当に以前では考えられなかった事です。


2


↑当ブログのリビエラ過去記事はコチラへどうぞ。 


NEOの'69はコチラ

スポンサーサイト

Comments
 No title
こんばんは。
まってました!紹介記事(笑)

これ、発売時にネットショップの画像で見て、てっきりレジンかと思ったんですがダイキャストですね。価格もレジンにしては安いなと思ったんですが。

こんな車種がダイキャストで今モデル化されるとは思いませんでした。
私も欲しいなぁと思いつつ、財布のひもを緩めず我慢してます。

断然緑!と思ってましたが、こうして見ると赤もいいですね。

プレミアムXのダイキャスト、マスタングと言いコレと言いなんかやけにシャープじゃありません?
イクソ系ですが、力の入れ方ちょっと違う?って思いました。
 No title
hiroki様

いらっしゃいませ~。
プレミアムX製品はダイキャストとレジンが混在しているようで、
今回同時期に発売されたダッジ・チャレンジャー(現行)はレジン製でした。
当方はレジン製モデルの脆弱なウインドー周りはどうも好きになれません。
多少厚くても、プラで成型されている方が安心出来ます(笑)。

このボートテールのリビエラは過去にヤトミンが'71を製品化していた
のですが、比べてしまうとやはり細部の仕上げや塗装はプレミアムX
の方が良いですね。

仰る通り、発売済の車種はフォードエコノライン他も含め良い出来です。
今後の製品には大いに期待しています。
・・・それにしても、当方が若い頃は1/43ミニカーは3000円前後で買えた
のですが・・・このプレミアムXがお値打ちと思えてしまう現状は、正直
しんどいです。ミニチャンプスも、どうしてアメリカ車は高いのやら・・・。
 No title
僕はゴールドの特注のを買いました。
http://www.ebay.com/itm/280938731981
 No title
毛唐様

いらっしゃいませ~。
ドイツの特注品ですね。これも魅力的ですよね。
出来の良いキャストにイメージピッタリのメタリックカラー、最高ですね。

ドイツの某ショップ特注はミニチャンプスのC2コルベット・コンバーチブル
の赤とか、スパークの'59インパラHTの黒とか、なかなかよく分かってる
チョイスが多いと思います。
NEO/アメリカンエクセレンスの特注もあるので目が離せません。
 No title
>> どちらか1方を選べなくて、両方買ってしまいました。
うんうん、あるある・・・(遠い目)

仰るとおり、ショーモデルみたくとんがったデザインですね!
バンパーに意味あるのか、とツッこみたくなるノーズがナイスww
 No title
ねこざかな様

いらっしゃいませ~。
このモデル、定価4千円台後半と言うのは、内容や他のブランドの
価格高騰を考えるとかなり頑張っているのではないかと思います。
上回りの作り込みに比べると、床板はあっさりとしているので、或いは
その辺りがコストダウンに繋がっているのかも知れません。

>バンパーに意味あるのか、とツッこみたくなるノーズがナイスww
・・・そういわれてみるとエンジンフードの方がバンパーより前に出ている
ような気が。。。いずれにしても、こんなデザインは日本人にはとても
出来そうもありません。これを保守的な高級パーソナルカーの市場に
投入したのは凄いと思います。・・・見事に失敗しましたが。。。
 No title
ボートテールのリビエラ....GMデザインルームはビルミッチェル氏の指揮下で最大限脂が乗り切っていたに違いない―冒険を恐れず、そして見事に敗北した「チャレンジ精神の美学」。
 No title
真鍋清様

いらっしゃいませ~。
仰る通り、この頃のGMデザインは本当にアメリカのメーカーの中でも
最先端だったように思います。アメリカのみならず、欧州や日本に与えて
いた影響も絶大だったですね。

商業的には成功しなかったボートテールのリビエラですが、
当方は大好きです。こんなクルマ、アメリカ人じゃないと造れませんよね。
ここまでダイナミックな造形は、このサイズじゃないと無理なのかも知れませが、
このテーマを現代に甦らせるのも面白いかも・・・また失敗しちゃうでしょうか(笑)。
 No title
リビエラはどれもカッコイイナァ!ヽ(´ー`)ノ
その中でも71か72辺りのリアウインド回りの処理が最高ですネェ!

何か映画に出てないか調べてみよっと(笑)。
 No title
いやいや、最高ですねっっー♪

やっぱ、71から72までのボートテールに限りますねー
73は、ちょっとおとなしいリアになってしまいましたしw

あと、お色、、シャンパン系のゴールドは、やはり米国車のモノだと思います。
 No title
fziro様

いらっしゃいませ~。
仰る通り、'71~'72のリアデザインは歴代リビエラの中でも
最もユニークかつカッコ良いな~と思います。ウインドウの処理は
C2コルベットクーペに通じるモノが有りますね。
http://www.imcdb.org/vehicles.php?resultsStyle=asImages&sortBy=4&yearFrom=1971&yearTo=1972&makeMatch=2&make=BUICK&modelMatch=1&model=RIVIERA&modelInclModel=on&modelInclChassis=on&origin=&madein=&madefor=&role=
映画には格好の題材とも思える'71~'73リビエラですが、IMCDbで
調べても印象に残っている作品は少ないです。

当方が知っているのはブルース・ウィリスの「ラスト・ボーイスカウト」と
ニコラ・スケイジ、デニス・ホッパー出演の「レッド・ロック」、それとリメーク
のデスレースくらいでしょうか。
この先、もっと再評価されても良い車種だと思うのですが・・・。
 No title
覆面える様

いらっしゃいませ~。
いわゆるボートテールのリビエラ、やっぱりらしいのは'71 & '72でしょうか。
ホント、これだけ過激なデザインをよくぞ保守的な高級パーソナルカー
に採用したものだと思います。

これ以降しばらくの間は、ごく常識的なフツーのデザインになってしまうので
ちょっぴり残念な感じがします。
このリビエラと’66~’67トロナード、’67~エルドラードはGM製
パーソナルクーペの中では個人的にはベスト3かなと思っています。

ボディカラーもゴールド系、グリーンメタ、ダークレッドメタ系はこの手の
クルマには定番ですよね。バイナルトップもお約束のアイテムだと思います。
 No title
こんばんは。
小生、先ほどの入浴でアメリカ製KIEHLのボディシャンプー兼バブルバス"Pour Homme"で体を洗い、同じくKIEHLのPour Hommeのボディローション(ボディシャンプーと全く同じ匂い!)を皮膚に塗り、全身「アメリカならではの華やかな柑橘系の香り」を周囲に振りまきながらパソコンを打っております。
アメリカの文化、空気を垣間見させてくれる我がパソコン机という「小宇宙」にビュイックからダッジまでの素晴らしきアメリカ車―まさしく絶妙なキャストで決まり度最高ではないでしょうか。
Ponys41様もA-Cars10月号をご購入されてお読みになったでしょうか。
今回はダッジチャージャー他クライスラー製後輪駆動車についての投稿ですが、次回はビュイックかフォード・トーラスについて出そうかと考えております。
 No title
真鍋清様

いらっしゃいませ~。
当方、ミニカー以外はイマイチアメリカ度の低い男であります。
儚い拘りと言えば、ジーンズはリーバイスしか買わない事ぐらい。
それも、足が短いので丈詰めがハンパではなく、
そういう意味でもアメリカ度の低い男であります(笑)。

A-Cars、最近コンビニにクルマ雑誌が少ないのでまだ入手
出来ていません。でも必ず入手しますよ。

Body
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08