1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

これはビックリ、祝!DVD発売(済); スクリーンを駆け抜けたクルマ達 ~激走!5000キロ

今回は久しぶりにお友達のFZIROさんへ勝手連です。


The_gumball_rally_01


かつてのジャンクマンの国内盤DVD同様、その知らせはまたしても情報誌やネットではなく会社の同好の士によってもたらされました・・・。


ある日職場の休み時間中―。


Ponys41「それにしてもこれだけ色々DVDが発売されているのに、なんで激走!5000キロの国内盤DVDは出ないのかね~。」


S氏「あれ?激走!5000キロのDVDって発売されてるでしょ?僕の友達はみんな買ってたよ・・・。」


Ponys41「え゛っ・・・(絶句)。」


・・・と言う事で、そうなんです。発売されていたんです。カーチェイスムービー・・・というか元祖非合法公道レースムービー(?)の傑作、 ”激走!5000キロ(原題;THE GUMBALL RALLY)”の国内盤DVDが・・・。と言ってもこのDVD、何処でも買えるという物ではありません。実はTUTAYAさんがDVDオンデマンドというシステムで限定販売している物なのです。どういうシステムかというと、顧客が注文してから製品を製造するといういわば受注生産で、大量生産されにくいカルト作やマイナー作品をDVD化しようという企画です。媒体はDVD-Rのようです。


The_gumball_rally_02


激走!5000キロと言えば子供の頃に劇場で観て大好きだった作品。長い間国内盤DVDが発売されなかったので当方も早速注文しました。受注後3~12日以内に届くと言う事でしたが、当方の場合注文から1週間程度で手元に来ました。画像はサイズが4:3のテレビサイズ、字幕はON/OFFが出来ないという仕様で、どうやらかつてのVHSソフトの内容をそのままDVD化したもののようです。画質もリマスターされたDVDのそれを期待する事は出来ませんが、中古のVHSが物凄いプレ値になっている本作、新品で買えるだけでも本当に有難いと言えそうです。


The_gumball_rally_03


↑この2台が並ぶとそれだけで嬉しくなってしまう当方であります(笑)。


作品のストーリーは至って単純。ガムボールの製造販売会社を経営するバーノン(マイケル・サラザン)がアメリカ大陸横断の非業合法レースを企画、昔からの悪友スミス(ティム・マッキンタイアー)をはじめクルマ好き、スピード好きの面々が集まりニューヨークからロサンゼルスまでの5000キロを文字通り大激走するというもの。そこに彼らの逮捕に執念を燃やすロスコー警部(ノーマン・バートン)が絡んでフリーウェイは大混乱に・・・。作品にはイタリア人レーサー役のラウル・ジュリアやカマロのスタントマンの相棒、ギブソン役のゲイリー・ビジーなど名の通った俳優も出演していますが、全体としは典型的な’70年代のB級カーチェイスムービーの趣です。非合法ストリートレースのお話ですが、全体のトーンはほのぼのしていてユーモアもあり楽しく観られる作品です。


Kyosho_cobra_427sc_01


Kyosho_cobra_427sc_02


↑京商のコブラ427S/Cは過去にもご紹介済ですが、”激走!5000キロ”のDVD発売を記念して再登場です。ブルーメタリック単色のボディカラーが嬉しい1台。ミニカーには特に年式の表記はありませんでしたが、映画の劇中車に合わせておきました。


主人公バーノンの愛車は’66年型のシエルビー・コブラ427, ライバルスミスのマシンはフェラーリ365GTSデイトナスパイダー。映画の製作当時でも希少車だったであろうと思われますが、今日では垂涎のヴィンテージカー2台が洪水調節用の水路で水飛沫を上げながら爆走してしまったりするのですから、それだけでも見る価値があります(笑)。撮影にはどちらもレプリカではない本物が使用され、激しいアクションによる損傷もあったとの事。(コブラは1部レプリカも使われたらしい・・・。)その他錚々たる名車や珍車が登場しますが、その辺りはお友達のFZIROさんのコチラの特集を是非合わせて御覧下さい。ジャガーEがスタート出来なかった理由など、色々興味深い情報満載です。


Detailcars_365_gts_01


Detailcars_365_gts_02


↑赤のデイトナスパイダーはディテールカーズ製。プロポーションは中々良いと思います。トレッドが広過ぎでタイヤが飛び出して見えるのがちょっと惜しい。。。映画の劇中車はワイヤーホイールではなく5本スポークのホイールを履いていました。


ご紹介しているミニカーは主役級の2台。シェルビーコブラは京商の427SCでかなり初期の物です。つい先頃も再生産されましたが、ブルーメタリック単色は初期ロットにしかなかったかも知れません。旧い製品ながら凝った作り込みがなされていますが、何よりこのブルー単色のボディカラーが当方にとっては重要な点でした(笑)。対するフェラーリ・デイトナ365GTSはディテール―カーズ製。デイトナというクルマも様々なメーカーから製品化されていますが、一般的な価格のダイキャストでは「これだ!」という決定版がなかなか見つからないように思います。そうした中ではこのディテールカーズ製はベルリネッタ、スパイダー共に良い線を行っているではないかと思います。このキャストは後にマテルブランドでも再生産もされました。


The_gumball_rally_04


・・・当ブログのサイドメニューにも掲示していますが、往年のカーチェイスムービーもかなりの部分がDVD化されました。ここまで来ると、後はマルホランドラン、フェラーリの鷹、爆走!キャノンボール(デイビッド・キャラダイン主演)、ノーマンズ・ランド、TV版リメークのバニシングポイント、辺りをDVD化して欲しくなります。皆さんがDVD化して欲しい作品はなんでしょうか?

スポンサーサイト

Comments
 No title
TUTAYAって、販売もしていたんですね!知らなんだ・・・
レンタルはしてないのでしょうね。私も買おうかな。
復刊ドットコムのビデオ版といったところでしょうか。良い企画ですね!!
 No title
ツタヤがそんな事やってるとは…俺も注文しようかな?
レンタルビデオからダビングしたビデオがあるんですが、βのテープな上にデッキ(と言うかヘッドが)ダメになってしまってるもんで見るに見れないと言う生殺し状態…同様の理由でマルホランド・ランと激走!キャノンボールとターボ・クラッシュ(カーアクションをラジコンでごまかすと言うトンデモナイ事をやってのけた伝説の映画w)も見れないorz…

オクやジャンク屋で同型のデッキを部品取りで探してるんですけどね…。

>デイトナのホイル…
そういや映画のヤツはクロモドラの星型でしたね。
ミニカーの様なワイヤースポーク(多分ボラーニかな?)はオプションだった筈。
ワイヤーのエレガントさもイイけど、クロモドラの力強さもデイトナのマッシブなスタイル(マッシブと言いつつエレガントさも充分)にピッタリ。

マイアミ・バイスで使われたレプリカでイイからデイトナスパイダー欲しいわ。
あまりの出来の良さにフェラーリが訴訟受けた上に「今後、劇中で使わない」と言う約束の為に爆破されてしまったあのレプリカ…日本に一台だけ生息してた筈。
そういやそのレプリカメーカー、MGBベースのACエースの精巧なレプリカ販売してたな。
 No title
欲しいと言えば、冒頭でスミスがお姉ちゃんの体の上を激走(笑)させてたカメのミニカーが欲しい。
実は小学生の頃に映画館で見てからずっと欲しかったりするw
 No title
おおお、ついに出ましたか!
まぁこういう仕様とはいえ、出たことを素直に喜びましょう(笑)。
この映画のことをいろいろ調べつつ、記事にしていた頃が懐かしいです。

しかし、これミニカーの方を、ホットウィール辺りで
ちゃんと映画仕様のシリーズで出してくれたらいいんだけどなぁ…。
アメリカでもそういう人気は無いのかしらん?
 No title
ねこざかな様

いらっしゃいませ~。
当方も会社の同好の士に教えてもらうまで、このような形態の販売が
ある事は全く知りませんでした。。。

ちょっと前に製品化して欲しい作品を募集していたらしいんですよ。
もし知っていたら、当方は絶対「マルホランドラン」と「フェラーリの鷹」
「ノーマンズ・ランド」はリクエストしていただろうなと思います。

過去の物とありつつあるVHSが物凄いプレ値になっていたりする作品
もあるのでこうした企画は有難いです。なんだかんだ言っても、やはり
日本語字幕はあった方が助かりますし(笑)。
 No title
桃色ジープ様

いらっしゃいませ~。
ベータですか~。素晴らしい作品群ですが・・・。
最近ではVHSのデッキですら入手が難しくなって来ましたもんね。
ターボクラッシュ!ココ一番の大技アクションはCGならぬ模型で
切り抜けるという・・・(笑)。SFならともかく、カーアクション映画としては
たしかに破天荒な作品だったかもですね。

今回ご紹介しているデイトナのミニカーはベルリネッタは5本スポークでした。
マテルで再販されたスパイダーも5本スポークなのですが、当方
が知る限りは赤のボディカラーは無かったと思います。デイトナと言う車種は
数あるフェラーリの中でも好きな車種ですが、やぱりこの映画の影響は
大きいと思います。

マイアミバイスのフェラーリは、テスタロッサの方もパンテーラベースの
レプリカだとか言う話を聞いたことがありますが・・・今日ではパンテーラも
ヒストリックカーですから勿体ないな~と思ってしまいます。

カメのミニカーは・・・なかなか意味深な存在ですよね(笑)。
 No title
fziro様

いらっしゃいませ~。

久しぶりの勝手連、ご快諾有難うございます。m(_ _)m
改めて拝読しても、fziroさんの特集は興味深い情報満載でした。

ホント、激走!5000キロは中古VHSが凄い値段になっちゃってますし、
海外版のDVDもその気になれば手に入るものの、リージョンの問題があるし、
如何にカーチェイスムービーとは言え、字幕や吹き替えが無いのは
正直辛いですよね・・・。

劇中車のミニカーと言うと、昔はジョニーライトニング、最近だと
グリーンライトが積極的にリリースしていますね。
マテルはエリートシリーズで1/43の劇中車も製品化していますが、
今の所何らかの形でカスタマイズされたデザインの物に限られています。
こうしたノーマルな外観の劇中車も製品化してくれると嬉しいのですが・・・。
 No title
えっ、うそっ、
それも、半年も前にって、、嬉しいですねー、、
早速、注文をば、、

で、FZIROさんとこの記事、改めて見ても、凄いですよねー
アタシのように超テキトーな人間には、とてもマネの出来ないディープさであります。
 No title
覆面える様

いらっしゃいませ~。
ですよね~。当方も教えてもらうまでは全然知りませんでした。。。
他にも旧いSF映画とか、ちょっと興味深いものが色々あります。
画質はVHS相当ぐらいなのだと思いますが、買えるだけでも本当に
有難いです。VHSのプレ値はホントに凄い事になってますから・・・。
本物のコブラやデイトナが激走するのを見るだけでも価値があります。

FZIROさん家の記事はもちろん凄いですが、えるさん家のネタも
ディープで凄いです。最近のティントーイ系は北原さんかと
思ってしまいます。当方はもっぱら1/43ミニカーネタですが、
次回は(ちょっとだけ)変則ネタで行ってみようと思います。
 No title
小生も理屈抜きに「激走!5000キロ」のDVDを丸井志木店のバージンレコードに注文しよう!
明日日本語教師の仕事からの帰りに同店に寄る予定です。
一方、愛車2004年式トヨタヴィッツ1300U-Lは目下100644kmに届き、燃費悪化に悩まされており来週日曜日の定期点検が楽しみです―それ以上に要交換箇所が多すぎて財布を直撃しないか、ハラハラ・ドキドキでもあります(苦笑)。
 No title
真鍋清様

いらっしゃいませ~。
今回ご紹介している「激走!5000キロ」のDVDはツタヤさんの限定販売品です。
他店では購入出来ないのではないかと思います。
↑本文中にもリンク(紫色の文字の所)がありますので参照下さい。
http://shop.tsutaya.co.jp/dvd/product/4988135905949/

お近くにツタヤがあればネットでの購入時に指定してそちらで受け取る
事も出来るようです(送料が掛からない)。
元ネタがVHSのようなので画質もそれなりですが、本作の場合は
観られるだけでも感謝したい感じです。
 No title
ええと、ちょっと急ぎの案件(つっても勿論、玩車関係)があって昨日、直アドにメールを差し上げました。
もしや、アドレス変わってるのかな(汗)。お手数ですが、このコメントのアドレスに一通送っていただければ幸いです。
 No title
ねこざかな様

すみません。。。お送り頂いていたメール、ちゃんと届いております。
こちらのメールアドレスは変わっていません。
遅ればせながら先ほど返信差し上げました。
ご連絡が遅れまして申し訳ございません。
ご確認下さいませ。

                                      Ponys41
 No title
あと[マッハ78]
という作品ですね、ひっそりと、DVD化されてましたよ。
 No title
てる様

はじめまして。
1/43アメリカ車ばかりの当ブログへようこそおいで下さいました。
コメント有難うございます。

マッハ78、日米スタントチームの技の競い合いの映画ですね。
子供の頃従兄さんに連れられて劇場に観に行ったのですが、何故か
サイン会をやっていて、パンフに主演俳優さんのサインを貰いました。

クルマ絡みの映画のお好きな方からのコメントはとても嬉しいです。
よろしければ是非またコメントで遊びにいらして下さい。
よろしくお願い致します。

Body
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10