1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

古(いにしえ)のマスタングミニカーたち(補足編Part2) ~Solido '64 1/2~'65 Mustang Rallye

乗りかかった舟、今回も古(いにしえ)のマスタングミニカー補足編をお送りしようと思います。


Solido_mustang_rallye_1


↑”RALLYE"はスペルの間違いではありません。ソリドはフランス製、フランス語のRALLYです。


・・・と、言う事で大好きなソリドのマスタングです。過去、ノーマル仕様ラリー(SPA SOFIA LIEGE)仕様をご紹介していますが、今回は同じラリーでもモンテカルロ仕様です。初代マスタングは実際にヨーロッパのサルーンカーレースやラリーに出場しており、最初期ボディのモデルは'65~'66年のモンテカルロに出場していますが、ご紹介するミニカーのカラーリングは実車とはやや異なっているようです。


Solido_mustang_rallye_2


Solido_mustang_rallye_3


↑アイボリーホワイトのボディは実際のラリー出場車に比較的近い印象。(或いはこういうカラーの出場車があったのかも知れませんがよく分かりません。。。)


'60年代中盤のモンテカルロと言えばミニクーパーが大活躍していた頃。マスタングがどれ程の戦績を収めたのか色々調べてみたのですが良く分かりませんでした。。。雪道に大排気量のFR車では余り良い結果ではなかったのではないかと思われます。良い結果だったら何かしら情報が得られるでしょうし・・・。尚、以前ご紹介したクロード・ルルーシュ監督の映画「男と女」には、主人公の駆るマスタングと共に'66年の実際のモンテカルロラリーの模様が使われています。


Solido_mustang_rallye_4


Solido_mustang_rallye_5


↑シルバーのボディカラーは実車とは異なると思いますが、ノーマル仕様にはない色(だと思います。)なのでこれはこれで魅力的です。なかなかカッコ良いかも・・・。


ミニカーは2台共にフォグランプがフロントバンパー下のバランスパネルと一体化される以前の初期モデルです。ボディカラーは当方が知っている限りでは今回ご紹介するアイボリーホワイトとシルバーの2色だけだったのではないかと思います。訂正;お友達のうる様からの情報によると、モンテ仕様にオレンジ、SPA仕様にオレンジとイエローのボディカラーのバリエーションが存在するそうです。(2012-04-22)ボディなど基本部分はノーマルのマスタングと共通ですが、4灯のフォグランプ(ドライビングランプ?)とボディ各部のデカールが追加されてます。当時のラリーカーは外観にはさほど大きなモディファイを受けていなかったので、これでも十分それらしい雰囲気は出ているように思います。


Solido_mustang_rallye_6


↑旧いミニカーの楽しさの1つが箱の味わい。今回のモンテ仕様は初期の製品で箱も古いタイプ。以前ご紹介したSOFIA LIEGE仕様は少し後の製品の為ウインドウ箱です。


そしてこの時代のミニカーのもう一つの魅力はその箱。ソリドの場合、赤・白・黒のシンプルにして鮮烈な印象の外観も素敵ですが、箱を開くと現れるイラストも中々の味わいがあります。近年のプラケース固定+ウインドウ箱も良いのですが、こうした古いボックスの味わいはまた格別。アンティークミニカーを蒐集する楽しみの1部と言えるかも知れません。最近は箱付き美品と巡り会える機会も少なくなっているように思いますが、それだけに出会えた時の喜びもまた大きいと言えます。


Solido_mustang_rallye_7


↑箱を開くと中に味のあるイラストが・・・。今日と較べて製品が少なかったのかも知れませんが、このミニカーのための専用箱である事が強く感じられます。

スポンサーサイト

Comments
 No title
こんにちわー。
ソリドのラリー仕様の場合大体が窓箱ですが、旧型の箱とは珍しいですね。この箱はマスタングとトロネードだけで終わってしまったのが残念な所です。
他のバリエーションではモンテ使用には黄色があってスパ仕様には黄色とオレンジがあるそうです。
 No title
うる様

いらっしゃいませ~。
当方の所有しているSPA仕様は窓箱ですが、ドライビングランプが
バンパー下のボディと一体成型に簡略化されており、インテリアの
ドアトリムも省かれています。
対して初期箱のモンテ仕様はドライビングランプは黒い樹脂製の
別パーツでドアトリムはノーマル同様、装着されています。

このラリーバージョンにイエローやオレンジのバリエーションがあった
とは知りませんでした。。。本文を訂正しないと(汗)。
ご教授有難うございました。m(_ _)m
 No title
毎度ですー♪

おおっー、、端正な造詣は、やはりこの時代のソリドに限りますねー、
ムスタングのかくかくしたボディに、ぴったりです♪

で、このパッケージ、、初めて見ますた。。
 No title
覆面える様

いらっしゃいませ~。
ほんと、この時代のソリドの造形は素晴らしいですよね。
このマスタングも、物凄く精密でもないし、物凄く正確な訳でもない
のですが、何故か当方はコレが好きなのであります。

ノーマルのマスタングの箱は夜景にマスタングの室内灯が点灯
している絵柄です。ミニカーのギミックの説明にもなっていて、
そちらもなかなか素敵です。いにしえのミニカーってこういう所も素敵です。
 No title
こんばんわ!
怒涛の「総力戦」おつかれさまでした。

フォード…といえば マスタング。
アメリカ版のセリカ(逆ですね…)なんだけど
極東の島国の少年には 異世界の車

ラリーにも 出てたんですねぇ…。
パーツの割り切り 手作り感のあるパッケージ。
体温 感じる モデルですね。
 No title
AZ様

いらっしゃいませ~。
有難うございます。フォードGTは・・・正直後半は結構しんどかったです(笑)。

生粋のスポーツカーではない、もう少しお手軽なスぺシャリティーカー、
マスタング。でも愛して止まない人がこれだけ多いクルマも珍しいと
思います。2014年は誕生50周年で新型がデビューすると
言われています。先祖返りデザインをやめるという噂もあるので、期待と
不安が入り混じる当方であります。

旧いミニカーには旧いミニカーの魅力があります。
AZさんの仰る通り、温かみとか味わいとか、そういう物だと
当方も思います。或いは一番大事な肝はしっかり押さえていると
言った事かも知れませんね。

Body
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10