1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

初代マスタング久々の新製品 ~APEX REPLICAS '64 1/2 ~ '65 MUSTANG HT

幸いな事に(!?)今週はFORD GT40の新製品発売は有りませんでした(笑)。


Apex_mustang_ht_01


↑往年の名作ソリド製とAPEX REPLICAS/プレミアムX製のマスタング。久々に納得できるハードトップの新製品が出た感じです。


・・・と、いう事で今年に入って初めてフォードGT40関係以外の車種をご紹介出来ます。(いや、全く関係がないとは言えませんが・・・。/笑)今回ご紹介するのはAPEX REPLICASの初代マスタングです。・・・聞き慣れないブランド名ですが、そもそもはオーストラリアでミニチャンプス、スパーク、イクソetcの輸入を行っているディストリビューターで、それらのブランドのモデルを用いた特注モデルなども製作しているようです。恐らくですが、今の所金型から自社でオリジナルに開発したモデルは発売していないのではないかと思われます。同社特注品の1部は日本では京商さんが扱っています。


Apex_mustang_ht_02


Apex_mustang_ht_03


↑マスタングの中でもベーシックなHTは出来の良い新製品がなかったので嬉しいモデル化です。アイボリーホワイトのボディカラーも旧いクルマらしくて良い感じです。


突如発売になったこのマスタングHTは、3種類のオーストラリアツーリングカーレース仕様と、そのプレーンボディ版で各々250ピースの限定生産らしいです。(ホントかな~。)最近流行りのレジン製ではなくダイキャストモデルで、プレミアムXの金型を使用した特注品らしく、日本ではプレミアムXのオリジナル版より一足先に発売になったという事のようです。(床板にしっかりプレミアムXの刻印が確認出来ました。)尚、プレミアムX版も1部のミニカーショップには入荷しているようです。当方はお世話になっているショップさんに予約してあるので暫し待ち。プレミアムX版が入手出来たら細部の比較をしてみたいと思います。


Apex_mustang_ht_04


Apex_mustang_ht_05


↑金型はプレミアムXの物を使用し、ホイールやサイド出しマフラー、エンジンフードのキャッチピンを追加してレーシング仕様のプレーンボディ版としています。


て、ミニカーは最もベーシックなボディタイプであるノッチバックのHTクーペ、ラジエターグリルやリアフェンダーのガーニッシュからすると64 1/2~’65年型で製品化されています。当方は余り馴染みのないオーストラリアのレース仕様でなくプレーンボディをチョイス。ハードトップの初代マスタングというと1/43では出来の良い新製品が殆どなく、コレクションする上では往年のソリドやテクノ、1部ホワイトメタル製品に頼らざるを得なかったのでマスタング好きには嬉しい限り。(もちろん旧いモデルには近年の製品とは異なる魅力があり、ソリドのモデルは今でも当方のフェイバリットであり続けています。)


Solido_mustang_ht_01


Solido_mustang_ht_02


↑初代マスタングのミニカーで何が1番好きか?と聞かれたら、当方は今でも迷う事なくこのソリド製のモデルを挙げると思います。ディテールもプロポーションも正確無比という訳ではありませんが、実車の雰囲気を実によく捉えていると思います。実車との同時代性の成せる業でしょうか。


このAPEX REPLICAS版はレーシング仕様のプレーンボディという位置づけになっているので、トルクストラトのマグホイールを履きエンジンフードにはキャッチピン、排気管サイド出しといった姿になっています。ヘッドランプが白く塗装されているのは飛散防止のテーピング、或いはカバーを被せられた状態を再現しているものと思われます。実車の世界ではストリート仕様でこの程度のモディファイが施された個体が幾らでも存在するので、そういう視点で見てもなかなかカッコ良いミニカーではないかな~と思います。


Apex_mustang_ht_06


↑それにしても40年以上前にこれだけかっちりしたモデルを作っていたソリドも流石だと思います。


初代マスタングのデザインは模型化するのが難しいのか、1/43ミニカーでも実車のイメージをしっかり捉えた製品は少ないのですが、このモデルのプロポーションはなかなか良いのではないかと思います。ポニーカーと呼ばれたアメリカ車としてはコンパクトで軽快な雰囲気を良く再現してると思います。個人的にはエンジンフード中央の折れ線がピシッと出ているのがポイント高いです。(この部分はソリド製のモデルが全くもって素晴らしいのですよ!)プレミアムX版は赤・黒の2色でボディサイドのストライプやスタイルドホイールなど、市販車により忠実な仕様で出て来るのでこちらも期待大であります。

スポンサーサイト

Comments
 No title
こんにちわ♪
APEXのマスタングはショップで見て気になってはいましたので参考になります。
材質はてっきりレジンだと思っていたのでダイキャストとは驚きでした。
 No title
うる様

いらっしゃいませ~。
このモデル、当方もてっきりレジンだと思っていて、プレミアムXのとは
別物なんだろうな~と思っていたのですが、ネットで画像を良く見たら
なんだか似ているような気がしました。

今回撮影のために台座から外してみた所、床板にしっかりPREMIUM-X
の刻印がありましたので間違いないと思います。プレミアムX版も海外では
少し前から出回っていて、最近1部国内のショップにも入荷したみたいです。

プレミアムX版も凄く気になります。あちらの方が安価ですし・・・。
 No title
同じプレーンボディーを入手されてたのですネ~
ソリド、程度が好いですネ。
 No title
道楽者様

いらっしゃいませ~。
レース仕様もカッコ良かったのですが、オーストラリアのレースに
馴染みがないし、値段も高かったのでプレーンボディだけにしました。
プレミアムX版も予約してあるので入手したら較べてみたいと思います。

ソリド、画像では綺麗に見えますが実際には塗装が荒れている部分や
チップもあります。40年ぐらい前の物なんで完璧なコンディションの逸品
にはなかなか出会えないですよね。。。
このホワイトは長いこと探していたので入手出来て良かったです(笑)。
 No title
仰るとおり、ソリドのマスタングは名作ですね!

画像ではミントコンディションと拝見しますが・・・
白ボディは確かに管理が難しいですよね。

初代マスタングのHT・・・当時物の小スケはプレイアートくらいかな。
マッチボックスもファストバックだったし。
 No title
ねこざかな様

いらっしゃいませ~。
画像のソリド製マスタングは残念ながらミントコンディションではありません。
ニアミント位でしょうか・・・もっとも、当方にはその明確な境界線は良く
分からないのですが。。。このモデルの欠点であるドア開閉による
チップが少々と、若干の塗装の荒れがあります。でもまあ、年代を考えれば
上々のコンディションと言えるかも知れませんね。

当時モノのマスタングHT、プレイアートは'64 1/2~65の初期型と'69年型の
2種類が有りましたね。初期型は当時モノかどうか分からないですが、
当方が知っている範囲ではヤトミンにもありました。結構出来が良かったりします。
 No title
ウーン、中国製APEX REPLICASか.....。
同品は名車1964年型マスタングの鋭角的なボディラインをあますところなく再現しているようでいて、よく見ると細部モールドの大味さや塗装のムラなど「表面的な細部ディテールの再現の裏に中国的小ズルさも垣間見える」という感想―個人的にはドイツのミニチャンプスやフランスのノレブに同車をモデル化して欲しかったのが率直な印象です。
上記の「中国らしい小ズルさ」とはIXO(サンスター社)のミニカーに共通して見られる作風で、小生もマセラティ・クアトロポルテ(目下売却)やクラウンタクシー(同)を通じてそんなイメージを抱いておりました。
勿論「ミニカーの王者」ミニチャンプスやノレブとて各々ドイツとフランスの会社が中国に下請けさせているというパターンで、中国製であることは共通ですが、IXO(APEX REPLICASの大元)のように「資本までオール中国」になってしまうと血統にも悪影響を及ぼし、作風もボテッとしたものになってしまう―と言ったら偏見が過ぎるでしょうか?

片や1965年のフランス製ソリドのマスタング、同時期のデンマーク製テクノのマスタングはともにカッチリした重厚感ある仕上がりの中に質朴なデフォルメの妙が隠し味となっており、両国の文化が見えるという点で21世紀の今でもプレミアがついて数万円で売れるほど不朽の名作であることは確信できます!!
 No title
真鍋清様

いらっしゃいませ~。
今回のモデル、仰る通り100点満点とは言えませんが、初代マスタング
のダイキャストミニカーとしては結構いい線いっていると思いますよ。
IXOと言うブランド、ミニチャンプスやノレブに比べて出来の良し悪しに
バラツキがあるのは確かですね。

同じマスタングの'05年型はミニチャンプスやオート―アートと較べるのは
酷な感じの仕上がりでしたし、他社とバッティングした時に見劣りして
しまう物も多いですね。一方で先にご紹介したフォードGT40などは傑作
ですし、'63年型C2コルベットは個人的にはミニチャンプスより好きです。

ソリドやテクノのマスタングは仰る通り名作だと思います。
個人的にベストと思うのはソリドですが、テクノのモデルのずっしりとした
重さ、数々のギミックを盛り込みながら破綻をきたさない仕上がりも
捨てがたい魅力が有りますね。
 No title
こちらこそご無沙汰しております。

北京のブログ環境は厳しくて、
インターネットにつないでから、別の国を経由するソフトを立ち上げて、
自分のページとアメブロをチェックし、ocnブログとか他のブログに行くためにはまた第3国経由で検索する。。
ということが必要で、それもひとつひとつが遅かったりすぐ断線したりで、アメブロ以外にはなかなか見に行けないのが実情です。トホホ。

で、本題です。
やはりマスタングのような名車には、
いろいろ味のあるミニカーが存在しますね。
楽しく拝見いたしました。
有り難うございました。
 No title
celica197012様

いらっしゃいませ~。
やっぱり色々と大変な面もあるのですね。
記事のアップも苦労されているのでしょうか?
大変なお手数をお掛けして申し訳ありません。
ようこそおいで下さいました。m(_ _)m

フォードGT特集で燃え尽きたと思ったら、気がつけば大好きなマスタング
の小特集に再突入していました(笑)。
今回の記事の特注モデルの元になったプレミアムX版のマスタングHT
もようやく日本で本格的に流通し始めました。当方も明日にでもお世話に
なっているショップに取りに行くつもりです。

いよいよゴールデンウイーク、こちらでは次の日曜日にはワンダーランド
マーケットが開催されます。当方も出かけるつもりですので、出来るだけ
早くここで報告したいと思っています。

Body
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08