1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

(出来る範囲で・・・)総力特集!! フォードGT40 外伝; 儚くも美しき英国フォードのマシンたち

年初からお送りしてきたフォードGT特集、今回は外伝として英国フォード製のマシンをご紹介します。


Minichamps_ford_p68_01_3


●はかなくも美しき・・・FORD P68


アメリカ本国のフォードは'67年をもってワークス活動を終了しましたが、入れ替わりに子会社である英国フォードがグループ6の3リッタープロトタイプでFIAのマニファクチャラーズ・チャンピオンシップにエントリーする事となりました。マシンの開発にはフォードGTやミラージュで手腕を発揮したレン・ベイリーを迎え、車両製作はアラン・マン・レーシングが担当。フォードGTもビックリの開発期間5カ月で完成に漕ぎ着けました。


Minichamps_ford_p68_02_3


Minichamps_ford_p68_03_3

↑極めて流麗なフォードP68。No.7はフランク・ガードナー/リチャード・アトウッド組で本戦に出場しますが・・・。トラブルが続出して僅か6周でリタイヤ。No.8とはノーズ形状が僅かに異なっています。


アルミモノコックノボディにF1用のフォード・コスワースDFV 3リッターDOHC4バルブエンジンをデチューンして搭載。そのボディデザインはレーシングマシンとしては極めて流麗かつエアロダイナミクスに優れる物で、CD値0.27というスペックは'68年当時のクルマとしては異例ともいえる物でした。P68と言う名称は’68年のマシンである事を意味しています。


Minichamps_ford_p68_04_2


Minichamps_ford_p68_05_2

↑予選でクラッシュしてしまったNo.8。ペドロ・ロドリゲス/クリス・アーウィン組で出場する予定でした・・・。ミニカーはミニチャンプス製で、良好なプロポーション、安定した仕上がりです。


ご紹介しているミニカーは’68年のニュルブルクリンク1000kmに出場した2台。・・・と言っても実際に本戦に出場したのはカーNo.7のみで、カーNo.8の方は予選でクラッシュ。イギリス期待の若手レーサー、クリス・アーウィンが重傷を負って引退を余儀なくされるという痛ましい結果に終わりました。本戦に出場したNo.7も、様々なトラブルが噴出して6周でレースをおえてしまったようです。残りの’68年シーズン、優勝直前まで善戦したレースもありましたが、結局P68は大きな戦績を残せぬままに終わりました。翌年の’69年には前後に巨大なウイングスポイラーを生やした異形のマシン、P69へと生まれ変わりますが、こちらも大きな成果を上げる事無くレースシーンから姿を消してしまいました。


 


●ご存じですか?FORD GT70


フォードGTと言えばルマンをはじめ60年代のレースシーンで大活躍したGT40は有名ですし、HWで製品化されたコンセプトカーのGT90をご記憶の方もいらっしゃるかもしれません。・・・ではGT70と言ったら?皆さんはご存知でしょうか?




YouTube: Ford GT70


フォードGT70はサーキットで大暴れしたGT40とは異なり、ヨーロッパフォードがラリーフィールドに向けて開発していたクルマです。’60年代、フォードはエスコートでWRC選手権を戦い高いポテンシャルを発揮していましたが、モンテカルロなど高速ステージの多いコースではアルピーヌA110やポルシェ911に対して劣勢を強いられていました。そうしたいわばラリー用スペシャルマシンとも言えるライバルへの回答として市販をも視野に入れて開発が進められていました。GT70の意味は車高が70インチ・・・ではなく(笑)、開発年次の1970年を指しているようです。


Politoys_ford_gt70_01


Politoys_ford_gt70_02

↑コンパクトなミッドシップスポーツとしてなかなか魅力的なまとまりを見せるフォードGT70。量産されていたら、ランチア・ストラトスの強力なライバルになっていたかも知れません。


GT70に関する情報はネット上でも少ないのですが、コンパクトなモノコックのミッドシップクーペで搭載エンジンは最大3L V6までを検討していたようです。開発にはスポーツダイレクターのスチュアート・ターナーと共にフォードGT40や↑P68でも手腕をふるったレンベイリーが関わったとされています。スタイリングはやや腰砕け感があるものの(笑)、70年代を見越した直線的で近代的なものです。(このクルマをベースとした全く別デザインのコンセプトカーも存在。)コンパクトなミッドシップスポーツ―カーとしてなかなか魅力的ではないかと思います。


Politoys_ford_gt70_03


Politoys_ford_gt70_04

↑シンプル極まりない造りのミニカーはイタリアのポリトーイEシリーズの1台。他にコーギーもこのクルマを製品化していたようです。今日では歴史に埋もれてしまっている感もありますが、当時は注目を集めたクルマだったのかも知れませんね。


様々な記述を総合すると、6台分のシャシーと実走可能なプロトタイプ3~4台が製作され、数戦のラリーに出場した実績があるようです。前述の通り市販化も視野に入れた開発が進められていましたが、収益性の悪いスポーツカー生産に反対する労組のストライキなどにより、残念ながらその計画は凍結されてしまったと言う事のようです。


Politoys_ford_gt70_05

↑ホント、この手のマイナーなレーシングカー/スポーツカーを造らせたら、ポリトーイの右に出るものは無いかもです(笑)。


アメリカ本国のフォード本体のようにビッグ・マネーを投入出来なかった事もあってか、英国フォードのマシン達は大きな成果を残す事無く消えてしまいました。しかし、そのスペックやポテンシャルには侮りがたい物が感じられ、開発や熟成が更に進んでいたら・・・と、ミニカーを眺めながらついそんな想いを巡らせてしまいました。

スポンサーサイト

Comments
 No title
これって・・・MBから「FORD6」って名前で発売されたのと同じクルマでしょうか?
http://www.skooldays.com/blog/ford-sports-car/

だとしたら、また、連動の用意しなきゃ~ww
 No title
「P68とGT90はネタで出てくるな」と思ったら、ラリーコンペティション(試作品だけど)GT70まで出すとは…流石ですね。
実際にGT70が市販されてストラトスやA110や911、日本車だったらランサーやバイオレットとと闘う姿を見てみたかったですね。

俺的にはP68ってGT40やJカーのマッチョなフォルムとフェラーリ的な女性的なラインが絶妙に融合したフォード史上最も美しい車だと思います。

こういう美しいレーシングカーが闘ってた60年代はあるイミ黄金時代だよなぁ。
 No title
(ヤベェw途中送信したわw)
GT70って62年(だったかな?)のマスタングコンセプトの正常進化系と思うのは俺だけですかね?
まぁ…「ドリームカーとラリーウェポンのプロトタイプは違うだろw」と言われればソレまでなんですけどね。

どうしてもこの2台は同一のメーカーという事抜きに"走り"の面で同じ血統なんじゃないかと思うんですわ。
 No title
ねこざかな様

いらっしゃいませ~。
マッチのフォード6或いはフォード グループ6と呼ばれているミニカーは
おそらくこのクルマと同じで間違いないと思います。
実車はP68とかF3Lと呼ばれているようなのですが、グループ6の
3リッタープロトタイプに属するマシンですので。

・・・と、いう事はマッチのフォード6をお持ちなのですね?
流石マッチ者のねこさんです!
 No title
フォードGT70ですくわ、、はっ初めて見ました、、
ポリトーイって、素晴らしいですねー

で、補助金の関係で、トラック大増産中で大変でしょうけど、頑張ってくださいねー
しかし、こっちの運輸支局だけで、3月中に福山通運で200台登録って、、
毎日、大変なことになっておりますw
 No title
桃色ジープ様

いらっしゃいませ~。
P68とGT90を読まれていたとは・・・流石です(汗)。。。
P68はホントに美しいマシンですよね~。もっともっと活躍して欲しかった・・・。
基本的なポテンシャルは高いマシンだったのだと思いますが、やっぱり
ポルシェの方が更に上を行っていたと言う事かも知れませんね。
そのポルシェも含め、’60~’70年代のマシンはやっぱり魅力的だな~と
思います。やっぱりマシンがカッコ良くないと、感情移入しにくいですよね。

GT70の方は・・・実は恥ずかしながらこのミニカーを入手してから実車の
存在を知りました(笑)。ネットで検索しても情報は限られています。
ミニカーを入手しなかったら知らないままだったかも知れません。。。

マスタングコンセプト、1.6リッターのV4エンジンをミッドに搭載した
’62年のマスタングⅠの事ですよね。ちょうど最新のA-CARSに記事がありました。
確かに同じフォード製のコンパクトなミッドシップスポーツカーとして
共通する佇まいみたいな物を持っているかも知れませんね。
GT70は同じ頃のフェラーリと似たテイストも感じられる気がします。

オススメDVDにご紹介したFORD GT40のDVDには映像特典で上に
貼った動画の長いバージョンが収録されています。
・・・DVDと言えば、処刑ライダーも発売になりましたよ!
 No title
覆面える様

いらっしゃいませ~。
ジープさんへの返コメにも書いた通り、当方もこのミニカーを入手する
まで実車の存在は全く知りませんでした。。。

オクでたまたま発見したのですが、良く知らぬままFORD GTの文字を
見て脊髄反射的に入札してしまいました(笑)。
マイナーな車種だけに安価に落札出来ましたし、ホント、ポリトーイ様々でつ。
(後、出品車様にも感謝です。/笑)

フォードJと言い、ローラGTと言い、ホントに素晴らしいです。

ご心配ありがとうございます。当方より生産部門の皆さんや洪水のリカバリー
中のタイの皆さんの方が大変そうです。。。 m(_ _)m
 No title
今回の2台はどっちもSFカーっぽくて私の好みにビンビン来ますね!

フォードのGT70方はちょうど夕べ『栄光への5000キロ』を見て
初代エスコートに改めて注目したところだったから、
その後継がこっちになってたかもしれないというのは驚きです。
実際はいすゞジェミニみたいな奴になったけど、GT70の方が良かったなぁ…。
 No title
FZIRO様

いらっしゃいませ~。
本日、無事出張から帰ってまいりました~。

P68の方はまんまマッハGOGOGOに出て来てもおかしくない感じですよね。
THX1138のローラに通じる物もあるように思います。

「栄光への5000キロ」、子供の頃に観たきりなので、510ブルしか印象に
残っていませんが、初代エスコートも出てくるのでしたっけ・・・
考えてみればサファリラリーなんだから同年代のラリーマシンが出て来ても
不思議はないですよね。改めて見てみたいですね~。

・・・いすゞジェミニは元々がオペル・カデットなんで、実際ラリーフィールド
で世代違いのエスコートとは戦ていたかもです。
ホント、GT70が量産されていたらどうなっていたのかな~と思います。

Body
Trackbacks
玩朋のPonys41さん渾身の、FORD GT40の総力特集。 先週は外伝として、英国FORDのマシンを御紹介くださいました。 GT40に比べれば戦歴が短く、パッとしなかったためか、 その美しさの割には当時、ミニカーが出なかったように思いますが・・・ マッチボックスはさすが、御当地だけあってモデル化しました。 FORD GROUP6 (MB45-A、1970年発売、1/56) 初期スーパーファストでよく見られる、実車ガン無視のメタリックカラー。 でも、流麗なフォルムは、かなり頑張って再現し...
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

123456789101112131415161718192021222324252627282930 06