1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

祝!!コルベット60周年 C3特集; Solido '68 Corvette

C3コルベット特集、先ずはお気に入りのこのモデルから・・・。


Solido_68_corvette_1


鋭く尖ったノーズ、グラマラスな曲線を描くフェンダーライン・・・。’68年にデビューした3代目コルベット=C3は、ボートテールが特徴的だったC2同様、エキサイティングなボディデザインを纏って登場しました。そのスタイリングキューは日系人デザイナー、ラリー・シノダ氏の手になる'65年のショーカー、マコシャーク だと言われています。瀟洒なロードスターとしてデビューしたコルベットも代を重ねる毎に逞しくなり、強力な心臓を得て動力性能も大幅に向上しました。先代C6辺りからは、高価なヨーロッパのスーパースポーツと互角に渡り合えるポテンシャルを有しているのはご存じの通りです。


Solido_68_corvette_2


Solido_68_corvette_3


↑ブルーメタリックのボディカラーは実車でも定番。ソリド製の通常仕様です。


C3コルベットの中でも’68~’72までのモデルは、前後にスチール製のバンパーを持つことから俗に”アイアン・バンパー”と呼ばれ、特に人気の高いモデルとなっています。その後’73MYにはリアにスチールバンパーを残したまま、フロントのみ樹脂製の衝撃吸収バンパーを採用。この折衷デザインは僅か1年のみの姿となっています。以降、ラストイヤーまでの間に何度か大きなデザイン変更を行っていますが、可能な部分は今後手持ちのモデルでフォローして行きたいと思います。


Solido_68_corvette_4


Solido_68_corvette_5


↑赤いボディのこちらはレーシング仕様のモデルのデカールを剥がしたもの。


ミニカーはフランスの老舗、ソリドの少し前の製品。近年のハイディテールモデルを見慣れた目にはシンプルに過ぎると映るかも知れません。・・・が、C3コルベットのグラマラスなフォルムをこれほど見事に再現したモデルもそうはないように思います。当方の個人的な嗜好はエッチングのワイパーや細かい色差しよりも先ずプロポーション、実車イメージの把握とその凝縮・再現にあるので、このモデルは手持ちのC3コルベットのモデルの中でも特に気に入っている1台です。ファーストイヤー'68年型と言う事もあり、特集に際して真っ先にご紹介した次第。


Solido_68_corvette_6


Solido_68_corvette_7


↑ディテールはシンプルですが、プロポーションは良好、やや長めにデフォルメされた感じのボディは実車のイメージを上手く捉えていると思います。


ブルーメタリックの方はロードバージョンの通常品で、カラーも含めて当方の実車イメージにピッタリ。赤の方は実はレーシングバージョンだった物。本来は片側にデカール貼り付け済となっていましたが、当方は一度分解してボディを水に浸け、デカールを剥がしてしまいました。ミニカーにはちゃんと1台分のデカールが添付されていますので、その気になれば元に戻すことは可能ですが、当方はレース仕様よりロードゴーイング仕様の方が好みなんですよね・・・。レーシング仕様に戻る事は、多分永久にないと思います(笑)。


Solido_68_corvette_8


Solido_68_corvette_9


↑個人的にはミニカーで最も大事な点は、良好なプロポーション・実車イメージの把握・再現だと思っています。

スポンサーサイト

Comments
 No title
73年式の過渡期モデルがあったとは知りませんでした。御教授多謝。
こちらのブログでは、そんなレアモデルの玩車も出てきそう。。。

それにしても、C3はやっぱ、恰好いいですね。
久しぶりにネタにしたくなったけど、連動できるネタ、まだ残ってたかな。
 No title
ねこざかな様

いらっしゃいませ~。
いえいえ、残念ながら’73の1/43モデルは未入手であります。
以前'62をご紹介したダンバリーミントが首尾よく入手出来れば良いのですが、
そういうレアな年式はなかなか海外オクにも出て来ないし、海外発送なし
だったり高く競り上がったりと一筋縄では行きません。。。

’62年のC1 & C2折衷タイプやスプリットウインドーでないC2はスパークが
リリースを予定しているみたいなので楽しみです。

我々の世代は、C3が一番目に触れる機会が多かったし、
やっぱりカッコ良いですよね~。
 No title
ご無沙汰しております。

私だと、世代としてはC4なのですが、やはりこのC3が一番かっこいいと思います。
京商の1/64で出てたときは、かなり喜びました。
リヤスタイルは、樹脂バンパーだと間延びしてみえるので、スパッと切られたアイアンバンパーの方が好きです。
折衷タイプのモデルも、入手出来ることを祈っております。
 No title
hiroki様

いらっしゃいませ~。
C4がデビューした時も、シンプル&モダーンで進化したな~という感動が
ありましたが、やっぱりC2, C3はインパクトが強いですよね。
当方は子供の頃一番目にしたのはC3でしたけれど、C2に惹かれます。
面白い物ですね。
C4ももちろん1/43で押えていますのでその内ご紹介したいと思っています。

折衷の'73は1/43ではダンバリーミント製くらいしか思いつきませんが、
良い機会があれば入手したいものです。
 No title
僕もレース仕様のものは、キットの場合はデカールなしで作り、最初からデカールが貼ってあるものは全部はがして塗装しなおしてロードカーとして作り直してますね。

やっぱりゴテゴテしたステッカーでボディラインなどが把握出来なくなっちゃうのが1番嫌です。
 No title
毛唐様

いらっしゃいませ~。
派手なカラーリングのNASCARなどそれはそれで華やかではある
のですが、当方もやっぱりロードゴーイングカーが好きなんですよね。

マーキュリーモンテゴとかタテ目のシボレーモンテカルロとか、
ロードカーに改造しようと思って買い込んであるスターターのNASCAR
レジンキットが何台かあるのですが、うかうかしているとNEOや
プレミアムXで製品化されてしまいそうです(笑)。

Body
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

123456789101112131415161718192021222324252627282930 11