1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

特集 Late '40s & '50s; このクルマ は外せない!~Spark '59 Chevrolet Impala

Late '40s & '50s特集、長くなったのでちょっと巻いていこうかなと思います。今回は別々にご紹介する予定だった2台をまとめてお送りします。


Spark_59_impala_1


今回のご紹介は’59シボレー・インパラ。'55~'57のトライシェビーと並んで、’50sアメリカ車の中では日本でも特に人気の高い定番中の定番車種です。このクルマの白眉はやはりリアエンドのデザインでしょうか。V字型に大きく拡がるテールフィンと、キャッツアイと呼ばれる楕円形のテールランプが織り成すスタイリングは非常に個性的で独特な魅力に溢れるものです。この個性的なボディが’59モデルイヤーのたった1年間しか生産されなかったというのですから驚きです。翌’60年型はルーフラインにこそ面影を留めていますが、全く異なるイメージのデザインへと変貌を遂げています。(そちらはそちらでまたカッコ良い。)


Spark_59_impala_sedan_1


Spark_59_impala_sedan_2


↑個人的には角ばったルーフの4ウインドウスポートセダンより、リアウインドウが優雅なラインを描く6ウインドウセダンの方が好みです。


モデルはスパーク製の6ウインドウセダンとステーションワゴン。当方がフォロー出来ているのはこの2台だけですが、スパークは’59シボレーフルサイズに関しては2ドアコンバーチブル、2ドアHTクーペ、4ウインドウ4ドアスポートセダン(いわゆる4ドアHT)、6ウインドウ4ドアセダン、4ドアステーションワゴン、そしてセダンピックアップのエルカミーノまで、代表的なボディバリエーションを網羅してます。この辺りは少量生産可能なレジン製モデルの強みが遺憾なく発揮されていると言えるでしょうか。もちろん絶対的には高価なのですが、他ブランドのダイキャストモデルが年々高価になって来ているので、相対的に値頃感があるような気さえしてしまいます。


Spark_59_impala_sedan_3


Spark_59_impala_sedan_4


↑渋いグリーンメタリックとホワイトの2トーンカラー、凄く良い色だと思います。フロントドアのウインドウが半開で、上部のクロームモールが見えている辺り、芸が細かいです。


セダン6ウインドウはサイドウインドウがフロントドア、リアドア、クオーターウインドウの片側3枚、両側で6枚ある事からこう呼ばれます。ボディタイプ的には4ウインドウの方がよりパーソナルな仕様ですが、当方はHTよりも廉価なビスケインとしてポリスカーやタクシーにも使われる、セダンの流れるようなルーフラインの方が好みなのでこちらをチョイス。淡いグリーンメタリックとホワイトの2トーンが美しく、立体感のあるクロームモールディングと相まって非常に魅力的な仕上がりの1台です。


Spark_59_impala_wagon_1


Spark_59_impala_wagon_2


↑機能的には全く意味のない分厚いテールゲート・・・素敵です(笑)。


一方ステーションワゴンの方は鮮やかなレッドとホワイトの2トーンがこちらも「ある、ある、ある・・」といった感じで素敵な仕上がり。ルーフラインが硬すぎるかなとも思ったのですが、改めて実車の画像検索をするとそうでもないみたいです。ワゴンでありながらあの強烈なリアデザインが踏襲されている所が何とも魅力的な1台です。スパークのインパラ、資金が許せば全ボディバリエーションを揃えたい所ではありますが・・・道のりは険しそうであります。。。


Spark_59_impala_wagon_3


Spark_59_impala_wagon_4


↑ワゴンのレッド&ホワイトの2トーンもらしい感じで良いですね・・・。


Spark_59_impala_2


↑同じ車種のボディバリエーションが揃うのは、やっぱり嬉しいものです。

スポンサーサイト

Comments
 No title
ううむ・・・流石はスパーク、流石はレジンですね!
色のチョイスも素晴らしい。
ボディバリ、カラバリの誘惑に勝たないでくださいね(ヲイ)
 No title
ねこざかな様

いらっしゃいませ~。
えっと、勝たないで下さいゆー事は・・・つまり・・・(笑)。
カラバリはともかくとして、2ドアHTと4ウインドウスポートセダンは
入手したいな~とは思うのですが・・・。
基本マスタング以降がコレクションの中心なもので、なかなか手が出ません。
ロードチャンプスとかである程度カバー済みだったりするし・・・。
でも、この手のモデルはモタモタしてると無くなっちゃうから困った物です。。。
 No title
58年型はテールがなんだかフォード・カプリ109eに似てて、個性的なのかそうじゃないのか微妙でしたが、シボレーが差別化をはかったためか59年型は他にないテールの形をしてますよね。

ルーフの前端を形成する巨大なFウインドウの見事なフィット感は、レジンモデルならではでしょうね。
ダイキャストだと、いかにも「ミニカー」になってしまいそうですが。
(それもまた味/笑)

でも実は、インパラよりもビスケインの方が好きだったりします(笑)
 No title
ミズキ様

いらっしゃいませ~。
’58はアメリカングラフィティにも登場していましたし、あれはあれで
カッコ良いのですが、やっぱり’59にも独特の魅力がありますね。

レジン完成品モデル、もう少し後の時代のクルマのモデルでは、
ウインドウスクリーンは成型していないフィルムを接着してエッチングの
窓枠で押えてあるだけの物が多いのですが、’50Sは流石にバキューム
成型してるみたいで仕上がりに安定感があるような気がします。

>でも実は、インパラよりもビスケインの方が好きだったりします(笑)
・・・ホント、ミズキさんはお若いのに趣味がシブいですね(笑)。
 No title
淡いメタリック系と、ソリッドのホワイトのツートン、、

こんなのが似合うのは、当時の米国車だけですよねー

で、セダンの6ウインドウまで、このサイズで揃う時代になったなんて、ほんと、長生きはするもんです♪
 No title
覆面える様

いらっしゃいませ~。
仰る通り、’59インパラ、6ウインドウのセダン、このカラーリング、
最高であります。模型として見てもとても魅力的な1台であります。
スパークはレジン完成品としては価格も比較的リーズナブルですし、
(あくまで相対比較のハナシ。)どんどん・・・いやそこそこ頑張って
新製品を発売して欲しいものです(笑)。

・・・そう言えばボンドカーコレクションでデビューした’73インパラ、
プレミアムXの通常品でシカゴポリス、イエローキャブ、ノーマルと
発売になったようです。

Body
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10