1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

特集 'Late '40s & '50s; 進化か堕落か!? Yat Ming '58 Studebaker Golden Hawk

Late '40s & '50s特集、今回もビッグ3以外のメーカーのクルマをご紹介します。


Yat_ming_golden_hawk_1


↑スチュードベーカーの2ドアHTクーペであるゴールデンホーク。盛り上がったエンジンフードと大きなラジエターグリルは賛否の分かれる部分でしょうか。


ゴールデンホークはスチュードベーカーが'56~’58年に販売していた2ドアハードトップクーペです。ルーツを辿るとレイモンド・ローウィのスタジオでデザインされた’53~チャンピオン/コマンダーシリーズのクーペに端を発していますが、パワーアップのためのエンジン大型化に伴い、大きく盛り上がったエンジンフードとクロームのラジエターグリルが追加されています。


Yat_ming_golden_hawk_2


Yat_ming_golden_hawk_3


↑ミニカーはヤトミンの安価な製品ですが、全体的な仕上がりはなかなかの物ではないかと思います。ミニカーに対してこういう言い方は余りしたくないのですが、コストパフォーマンスの高いモデルだと思います。


リア周りもより大きなテールフィンとツートーンペイントに対応したクロームモールディングが追加され、全体的に豪華できらびやかなデザインとなっています。この変化がシンプル&モダーンで美しいフォルムのチャンピオンコマンダークーペに対して進化したと見るか、堕落したと見るかは判断の難しい所かも知れません。”ゴールデンホーク”としては’58年までの存続でしたが、少しずつデザイン変更を繰り返しながら、シルバーホーク・ホークGTホークシリーズとして’64年まで生産が継続されました。


Yat_ming_golden_hawk_5


Yat_ming_golden_hawk_6


↑物凄く好きと言う訳ではないけれど何故か気になるクルマ、歴史的に意義深くコレクションに加えたいクルマってありますよね。そういう時、安価で出来の良い製品があるととても助かります。どんどんハイディテール化し、多品種・少量生産へと進化、同時に高額化に拍車のかかる昨今のミニカーですが、こうした製品の意義も見直されて良いのではないかと思います。


ミニカーはヤトミンのロード・シグネチャーシリーズの1台。在庫が見つかれば国内でも1,000~1,500円位で入手可能な製品ですが、このシリーズの中では比較的新しいためか、初期の製品と比べると各部の仕上がりが向上しています。ボディのプロポーションも良いですし、プラ製はめ込み式のメッキモール類やバンパーもぶっきらぼうな感じはありません。シンプルなパーツ構成ですが、シート形状などインテリアの再現もそれなりにしっかりしています。


Yat_ming_golden_hawk_4


↑少し前にご紹介した同じヤトミン製のフォードF1との比較。ホワイトウォールタイヤの表現に進歩が見られます。


そして大幅に印象が良くなったのがタイヤ。ホワイトウォール部を別パーツにしているのはそれ以前の製品と同様ですが、太さや断面形状が適切でなかなか良い感じです。ゴールドとホワイトのツートーンカラーも実車に設定のあった色で良い雰囲気。実車のイメージに合ったボディカラーと足元をキリリと引き締めるタイヤ&ホイール、この2点がミニカーの印象の良し悪しに与える影響は大きいものがある・・・と当方は思います。安価なミニカーでも頑張ればこの位にはなるのですよね・・・。車種選定も含め、’71リビエラと共にヤトミンの1/43では個人的にヒットな1台となりました。


Yat_ming_golden_hawk_7


↑後継ともいうべきアヴァンティとのツーショット。スチュードベーカーは有名な工業デザイナー、レイモンド・ローウィとの結びつきが深いメーカーでした。

スポンサーサイト

Comments
 No title
こんにちは。

これまたマイナーなクルマですね(笑)
僕はさすがにこのクルマには予備知識がございません...

ただこんな車にも、スチュード独特の、なんとなくクルマ全体がスラントしたような(?)感じのデザインは生きてるんですね(笑)
まあ、デザイナーの関係でしょうが。

フードのもっこり感、ぼくは好きですね(笑)
AMC・ペーサーのV8モデルのような感じですかね?
 No title
ミズキ様

いらっしゃいませ~。

’50年代のクルマとなると、当方もリアルタイムには知らないので、
ミズキさんが知らなくても無理のない事です・・・というかミズキさん、
’60年代のクリマの事とか知って過ぎです(笑)。

スチュードベーカーのクルマはレイモンド・ロウイのスタジオでデザイン
された物が多いので、やはりテイスト的に似てくるのかも知れませんね。
このゴールデンホークの基になったスターライナークーペはフランクリン
ミントで1/43のモデルがあるので気になっています。

ペーサーの方はプレミアムXのモデルを入手しているのでいずれご紹介
したいと思います。プラキットが再販になったら是非ともゲットして下さいね。
 No title
車に突っ込みを入れる知識がないので、他でツッコミををひとつ。   墜落→堕落でしょうか?                             仕事柄見過ごしにできなかったので、あしからず。
 No title
doobie brother様

いらっしゃませ~。
・・・ご指摘ありがとうございます。m(_ _)m
ウン十年の間、完全に思い込みで間違えていたようです。
お恥ずかしい。。。

こっそり直しておきましたっ・・・って、全然こっそりじゃないですが。。。(笑)
 No title
これはまた、素晴らしい色合いですねっー♪

ゴールデンホークだからゴールドって言うわけではありませんが、この色って、やっぱり米国車以外には似合わない気がします。
 No title
覆面える様

いらっしゃいませ~。
ヤトミンの1/43モデルにはカラバリが結構あって、このゴールデンホーク
にもホワイトにゴールドのアクセントカラーとか、ブラックにゴールドの
アクセントカラーなどもありました。ですが、個人的にはこのゴールドに
ホワイトが一番らしい感じがしました。

エレノア仕様のシェルビーGT500とかもありますし、安いし、色々と
有難いブランドであります。

Body
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10