1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

カスタムスタイル '49~ Mearcury Custom

UCCのハーレーを挟んでLate '40s~'50s特集を再開したいと思います。


Custom_mercury_01


↑アーテルとロードチャンプスのカスタム・マーキュリー。ブランドは異なりますがカスタマイズの様式は良く似ています。


前回ユニバーサルホビーのミニカーでご紹介した’49マーキュリー。ノーマル仕様ももちろん良いのですが、この世代のマーキュリーと言えばカスタムベースとしても非常にポピュラーな存在。日系のボブ・ヒロハタ氏がバリス兄弟に製作を依頼したヒロハタ・マーキュリーをはじめ、有名な個体も存在します。今回はちょっぴりカスタムされたマーキュリーのミニカーを幾つかご紹介したいと思います。


Ertl_49_mercury_1


Ertl_49_mercury_2


Ertl_49_mercury_3_2 Ertl_49_mercury_4_2


↑ボディはチョップされていませんが、クールなカスタム仕様のアーテル製モデル。エンジンルームやシャシーも細かく造り込まれています。(小さい画像はクリックで少し拡大します。)


先ずご紹介するのはアーテル製のモデルで、これがなかなかクールな仕上がり。ボディはチョップされた状態にまではなっていませんが、落とされた車高やサイドとリア計4本出しのエキゾースト、ゴツいラジエターグリル、1部バッジ類を省き、リアのホイールアーチにスパッツを被せた姿となっています。エンジンフードとトランクが開閉し、エンジンやシャシーも細かく作り込まれるなど、なかなかに見応えのあるモデルです。カスタム仕様をここまで真面目に作り込むのは、1/43ミニカーでは珍しいのではないかと思います。当方の手持ちはブラックのボディカラーですが、他にレッドメタやブルーメタのバリエーションがあるようです。


R_camps_49_mercury_1


R_camps_49_mercury_2


↑ロードチャンプスはノーマルとカスタムを別金型(或いは金型改修)で造り分けています。カスタム仕様はアーテルのモデルとよく似た仕様となっています。


もう一台は当方にとって重要ブランドの1つであるロードチャンプス製なのですが、これが仕様的にアーテルの物にとてもよく似ています。4本出しのマフラーやホイール、リアホイールのスパッツ、ラジエターグリル、エンジンフードのマスコットは外してスムーシングしてあるのにサイドのモールは残してある点等々・・・。こちらもカラーバリエーションがありますが、ロードチャンプスではノーマル仕様も製品化しており、件のスパッツや車高、ラジエターグリルなどが異なり別金型のようです。同一ブランドでノーマルとカスタムを別金型で製品化するのは、これまた1/43ダイキャストモデルでは珍しいのではないかと思います。


Hw_49_mercury_1_2


Hw_49_mercury_2_2


↑映画「60セカンズ」の4台セットに含まれていた'49マーキュリー(HWの商品名は49 Merc)。ルーフが低く改造されているのがお分かり頂けるでしょうか?テールの形状は'51ぽくもありますが・・・カスタマイズされているので何とも忌めませんね。映画の劇中車は'49ではなく’50ベースだったようです。


さて、当方の手持ちの1/43カスタムマーキュリーは以上の2台ですが、これでは件のボディをチョップした姿がお見せ出来ません。ここはひとつ、3インチモデルに登場してもらいましょう。ご紹介するのは100% HWの60セカンズ4台セットに含まれていたモデル。劇中メンフィス・レインズたちに盗まれるターゲットの1台として登場した仕様を、既存キャストで再現したものです。マーキュリーをベースにしたカスタムのキャストはレギュラーシリーズにもありますが、このモデルのディテールや仕上がりは流石100%と思わせる物です。


Ertl_50_mercury_1


Ertl_50_mercury_2


↑素朴な造りのアーテル3インチサイズの’50マーキュリー。シンプルなミニカーですがプロポーションや雰囲気は悪くありません。


カスタムとの比較用・・・とは言えないかもしれませんが(笑)、1/64のノーマル仕様のミニカーもご紹介したいと思います。モデルは最初にご紹介した1/43と同じアーテル製。床板の表記によると’50年型で、香港製とありました。旧い製品でなんとも素朴な仕上がりですが、これはこれで中々良い雰囲気。左右のドアがピラー部分まで一体でちゃんと開くのが可愛い1台です。入手した時期も古く、某有名ショップが街道沿いのお弁当屋さんの2階にあった頃に購入したと記憶しています。


・・・と言う事で、Late’40s & '50s特集内のカスタムマーキュリープチ特集でした。

スポンサーサイト

Comments
 No title
お久しぶりです^^

アーテルのマーク、ちょっと「走り」な雰囲気ですね。ホイールはアメグラのと同じでしょうか。なかなかカッコイイです^^やはりアメグラを意識してレッドもみてみたいです(笑)
ルーフのチョップスタイルも、ロードチャンプスとマテルで違うのが面白いですね。
マテルのマークは延長テールなんですね。そいや、アメグラの51yも同じテールでしたね。チョップ具合が強調されてカッコイイです^^
前回、「チョップなしの方が好き」とは言ったものの、チョップもなかなか魅力的だと思います。
 No title
ミズキ様

いらっしゃいませ~。
アーテルのは車両姿勢もやや前傾していてカッコ良いですよね。
仰る通りホイールはアメリカングラフィティの劇中車に近いと思います。
恥ずかしながらカスタムには詳しくないので、こういうホイールを何と
呼ぶのか当方は良く知りませんです。。。

マテルの49Markもカッコ良いですよね。100%HWにはその物ズバリの
ヒロハタ・マーキュリーもあるようです。1/43でも高価なホワイトメタル
なら本格的なチョップドボディのカスタムマーキュリーがあるのですが・・・
当方はそこまで資金が廻りそうもありません。
 No title
ノーマルとカスタム造り分けるとは、ロードチャンプス頑張ってますねー
ちゃんと可動部もあるようで・・・物欲が刺激されますww
 No title
ねこざかな様

いらっしゃいませ~。
ロードチャンプス、がんばっているのですがアーテルとの近似性が
気になります(笑)。ドアを開けるとサッシがボディ側に残っちゃうのは
ご愛嬌。そんなユルさも味の内です。

一方、アーテルはカスタム仕様をここまで真面目に作り込むのは
1/43のダイキャストでは珍しいのではないかと思います。
こちらもなかなかカッコ良いですよ♪
 No title
マーキュリーって、ほんとチョップドルーフが似合いますよねー

なんか、ノーマルルーフの方が違和感を感じるなんて、稀なモデルだと思います。

で、アーテルのこの小スケールのシリーズって、意外とツウ好みの車種が多くて、当方も喜んで集めてましたけど、例の爆発デュークとかのモデルも、このシリーズの延長みたいですねー
 No title
覆面える様

いらっしゃいませ~。
ホント、チョップドルーフが似合い過ぎて、ノーマルルーフの個体は
どれくらい残っているのかしらん?って感じですよね(笑)。

当方は結構ノーマルのスタイリングが好きであります。
'50年代のアメリカ車も前半はなんだかほのぼのしたカタチをしていますよね。
後半のテールフィンとはまた違った良さがあると思います。

・・・アーテルの爆発デューク、当方も結構古いセットを持っているのですが、
あの手のブリスターって、ホント、ブリバリする勇気が出ませんよね~(笑)。

Body
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 07