1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

フォードのコンパクトは”はぐれ牛” ~PREMiUM X '74 FORD

今回ご紹介するのはフォードの”野生馬”ならぬ”はぐれ牛”、フォードマベリックです。


Premiumx_maverick_1


↑鮮やかのイエロー&ブラックのカラー。ナンバープレートはミネソタとなっていますが、モデルの仕様はアメリカ本国の物ではないようです。


マベリックはVWビートルや力をつけつつあった日本製小型車を迎撃すべくフォードが開発したコンパクトカーです。’69年4月(4月17日という、マスタングと同じ日に販売開始となった。)にデビューしましたが、モデルイヤー的には'70年型とされるようです。販売初年度は58万台弱を売り上げ、この数字はあのマスタングをも上回っています。'71モデルイヤーからホイールベースを延長した4ドアセダン、スポーティーな外観のグラバーも追加されました。アメリカ本国以外カナダ、メキシコ、ブラジルでも生産され、マーキュリー版のコメットも存在します。名前のマベリックは群れから離れた牛、いわば”はぐれ牛”を意味し、これは”野生の馬”を意味するマスタングと似たニュアンスを持った名前と言えなくもないですね。


Premiumx_maverick_2


Premiumx_maverick_3


↑コスト的制約が厳しいと思われるコンパクトカーですが、ファストバックのボディはなかなかにスタイリッシュ。マスタングに近いイメージもあるように感じられます。


初代ファルコンのプラットフォームをベースにホイールベースを103インチ(2,620mm)に短縮し、定員4人以上のアメリカ車としては当時AMCグレムリンに次ぐコンパクトなクルマでした。(フォードでは翌'71モデルイヤーにより小型のサブコンパクトであるピントがデビュー。)フロント;ダブルウイッシュボーン、リアリーフのサスと、全般的にはコンベンショナルな機構のFRレイアウトで、エンジンは2.8、3.3、4.1リッターの直6の他、289cu.in.(5L)のV8も用意されていました。2ドアは同時期のマスタングやトリノをそのまま小型化したようなファストバックのスタイリングで中々スポーティ。個人的には結構好きなクルマです。フォードではこのクルマを2ドアセダンと呼んでいますが、このスタイルはどう見たってクーペですよね。


Premiumx_maverick_4


Premiumx_maverick_5


↑全長4,560mm 全幅1,795mm 全高1,330mmというサイズは最近の中級国産車と較べてもコンパクトです。


このモデルは以前から予約していたのですが・・・いや~、このクルマまでが手に入るなんて、最近の1/43アメリカ車の充実ぶりには感動すらおぼえます。残念ながら高額なレジン完成品が多く全てを購入する事は出来ませんが、このモデルはダイキャスト製で価格も今日の1/43としては割と低めに抑えられています。・・・というかこのモデルが安価に感じてしまうのは1/43モデルの価格が全般的に高額にシフトしてしまっている故なのですよね。。。ハイディテールなのは結構な事ではあるのですが、正直お小遣い制の当方はついてゆけなくなりつつあります。。。ホンウェルやかつてのイクソ・ジュニアのような低価格でそこそこのクオリティの製品とか、最終組み立てをユーザーに委ねてコストを抑えるとか、何か違う方向性も模索しないとこのホビー自体が衰退してしまうのではないか・・・そんな気がする今日この頃であります。


Premiumx_maverick_6


↑同じ'70年型のマスタングBOSS429(マッチボックス製)と。こんな並びが1/43で楽しめるとは思っていませんでした・・・。


さて、そんな悲喜こもごもの複雑な感情でモデルを眺めると(笑)、プロポーションはなかなかに良好、カラーリングやホイールなどディテールへの拘りも感じられます。正直、同ブランドの'72リビエラの時のような感動は薄いのですが、実車がベーシックな車種であるが故か、はたまた塗装がメタリックでないせいか、比べるとその仕上がり具合には少々差があるように感じられました。・・・で、ちょっと気になったのがその仕様。モデルは’74のマーベリックGTと言う事になっていますが、アメリカ本国でスポーツ仕様は'71~'75がグラバー、'76~'77がスタリオンと名付けられていましたし、'74なら武骨な5マイルバンパーが装着されていた筈。このモデルは小さ目のスチールバンパーにオーバーライダーを追加した仕様になっています。どうもこのモデルはアメリカ本国以外の仕様なのではないかと思われます。


何はともあれ、従来ダイキャストモデルに恵まれなかったマベリックの製品化は嬉しくめでたい事であります。

スポンサーサイト

Comments
 No title
マベリック、微妙な2ドアセダン(クーペ)形状のルーフラインとか、ブラックアウトされたリヤパネルとか、
なかなか味わいのあるコンパクト車でしたね~。

今回のミニカー、またまた写真がいいのでしょうか?黄色のボディカラーがとっても素敵です!
あと、ホワイトレターのタイヤや個性的なホイールの再現、ウィンドウ周りのモール、ドアミラーの鏡面など、
しっかり作られてますね~。
1/43に見えないです。

高いんでしょうね~。
あ、でも仰るように、ミニチャンプスなども高騰してきていますし、
1/64の世界でもじわりじわり値上がりしてますから、
相対的には気にならない?(笑)

いやぁ、かっこいいミニカー、有り難うございました!
 No title
celica197012様

いらっしゃいませ~。
マベリック、程良い大きさでアメリカ車らしいカッコしているので、
当方は結構好きなクルマだったりします。
その昔日本製のプラモデルが存在したくらいなので、当時は日本でも
それなりにポピュラーな存在だったかも知れませんね。

このモデルは定価が諭吉様0.5人分くらいです。2割ぐら値引くお店なら
多少お安く感じられるようになるでしょうか。
最近1/43のミニカーは高いですね~。
特に最近は聞いた事もないようなブランドから突然諭吉様1~1.5人分
くらいのレジン完成品がアナウンスされるので、もう全然お小遣いが
追いつきません。。。かなりの部分を諦めています。

・・・個人的には、やっぱりダイキャストの方が落ち着きます(笑)。
 No title
マーベリックですかw
はぐれ牛という意味以外にも「一匹狼」なんていう意味もありますね。

マッスルカーも好きなので、そんな雰囲気のあるマーベリックは好きです。
(実際は違うけど)

製品化率の低い車種なのでもっと製品化されるといいなぁ。
 No title
NONOJI様

いらっしゃいませ~。
そうそう、「一匹狼」とか「異端者」なんて意味合いもあるみたいですね。
保守的なフォードの割には大胆な名前を選んだ感じがします。
クライスラーの「ダスター」や「デーモン」程ではないですが、コンパクト
なアメリカ車の名前には変わったのが多いですね。

今回プレミアムXのマベリックはこのイエローの外にブルーが発売され
ました。そう遠からず、NEOに続いてAMCペーサーが発売になる筈です。
画像で見る限りでは、そちらも中々良い出来みたいです。
 No title
お久しぶりです^^

マーヴェリック、この独特なデザインは賛否両論だったらしいですね。
また、口の悪い批評家から「戦慄のハンドリング」とか言われてたのを思い出しました(笑)

しかしまあ、ミニカーの方は素晴らしい出来ですね。
オレ的に、素材はダイカストの方が温かみがあって好きです。

最近の1/43の車種選択には、ホント驚かされます。
1973年型チャージャーなんて、プラモしかないと思ってました。
 No title
ミズキ様

いらっしゃいませ~。
マべリック、個人的には厳しいコストの中で結構スタイリッシュに
まとまっているな~と思います。
う~ん、この短いホイールべ―スに289とはいえV8を押し込んだら、
ハンドリング的には厳しい事になりそうですね。。。

当方もやっぱりミニカーはダイキャストの方が好きですね。
ただ、仰るように'73のチャージャーなんてレジンじゃないと採算が
合わないだろうし、アメリカ車の製品充実はレジン製品に依っている所
が大なのもまた事実ですね。
・・・NEOは余りにも隙間狙い過ぎで・・・もう少しメジャーな所を製品化
しても良いのでは?と思います
 No title
こんばんは。

マーヴェリック、恥ずかしながら
このミニカーで初めて知りました。
昔のランサーとかが、この辺のアメ車に
影響を受けた感じでしょうか?

調べてみたんですが、日本人の感覚からすれば
なかなかに立派なサイズなんですね。
コンパクトカーでも、しっかりアメリカしてて
ハンドリングに難ありとか言われてるようですが
愛着の湧きそうなクルマですね。
 No title
うわうわ、、マーベリックの1/43サイズですくわ、、
とうとう、こんな車種まで、出てきたのですねえー、、良いなぁー

以前は、1/25のプロモくらいしかなかったですものねー
しかし、ほんとカック良いなぁー、♪
 No title
hiroki様

いらっしゃいませ~。
マべリック、小粒だけどなかなかカッコ良いでしょ。
言われてみると顔の感じはちょっとランサーに似ていますね。

70年代の日本車は、なんだかんだ言ってもアメリカ車の影響を
受けたクルマが少なくなかったように思います。
お手本にならなくなったのは、やっぱりオイルショックで魅力
を失った頃なんだろうな~と思います。

全長4.5mと言うのは、当時のアメリカ車ではやっぱり物凄くコンパクト
だったと思います。幅の広さはやっぱりアメリカ車というところでしょうか。
しっかりV8エンジンが用意されている所もね(笑)。
 No title
覆面える様

いらっしゃいませ~。
そうなんですよ。まさかこの辺りまで製品なるとは・・・。
凄い時代になった物です。当方がコレクションを始めた頃とは、
隔世の感があります(しみじみ)。
既にNEOからも発売になっていますが、もうすぐAMCペーサーも来ますよ。

ホントはクロームメッキのホットホイール(マイティ・マベリック)を
所有しているので一緒にアップしようと思ったのですが・・・。
自宅内行方不明で発掘出来ませんでした(苦笑)。。。
 No title
牛とゆーと、どうしてもイタリアのあれを思い起こしますが、米国にもこんなイカしたはぐれ牛がいたのですね!御教授多謝。
 No title
ねこざかな様

いらっしゃいませ~。
>牛とゆーと、どうしてもイタリアのあれを思い起こしますが
ですよね~。実は当方も今回の記事をアップするために色々調べる
まで名前の由来を失念していました。
この頃の米国製コンパクトカー、機構的に平凡なのであまりクローズ
アップされませんが、スタイリング的には結構イケてると思うのですが・・・。

・・・それにしてもHWのマイティ・マベリックは何処へいってしまったのやら。。。
 No title
三菱のランサーの最初の頃の奴に似てますが、
やっぱ影響あったんでしょうか?
日本車への対策なんだから研究の成果なのかな?

と思ったらランサーの方が後だった! (゚ロ゚ノ)ノ!!
こっちがパクラレたのか~(°∀° )
 No title
fziro様

いらっしゃいませ~。
仰る方が多いのでやっぱり初代ランサーと似ている所があるでしょうか。
調べてみるとランサーのデビューは'72年なので可能性としては
有り得ますね。

意図的であるにせよないにせよ、かつての日本車には米国車の影響
を受けたクルマも多かったですよね。
いつの頃からか日本車のお手本はドイツを中心とした欧州車に
変わってゆきましたが、それはオイルショックなどによるアメリカ車の
魅力低下とも時期的には合っているように思います。

あの頃に比べると、アメリカ車も大分元気になって来たかな~と
思えます。それとは関係ないのでしょうが・・・最近アメリカ車のミニカーが
妙に充実し過ぎで息切れ気味であります。(苦笑。。。)
 No title
そういやマーベリックの実車って見た事無い…いや、正確には普通のマーベリックを見た事が無いんですよ
と、言うのも子供の頃に近所の駐車場にドラゴンフライはあったんで、中学生になるまでマーベリックはあの変なGノーズもどきが付いた(幼馴染は「変なZ」と言ってたし…)ドラゴンフライの事だと思ってました。
 No title
桃色ジープ様

こちらへもいらっしゃいませ~。
ベクターがミニカーになるのも凄い事ですが、このクルマが
(しかもダイキャストで)製品化される事もある意味凄い事だと思います(笑)。

・・・しかし、ジープさんが見掛けた個体がドラゴンフライって言うのも
凄いですね~。ベクター並みにレアなんじゃないでしょうか?(笑)
当方はノーマルなマベリック、結構スポーティなスタイリングで好きな
クルマだったりします。ミニカー化もかなり嬉しい出来事でした。
この勢いだと、その内ピントやベガもミニカーになるかもしれません・・・。
 No title
画像検索からたどり着きました。
イヤー懐かしい。いろいろな思い出がこみ上げてきます。
36年前に父の赴任でブラジルに渡って、まさにこのカラー、この車を
ファミリーカーとして使ってました。
燃費は悪いと父はぼやいていましたが、力強くキリスト像の山を登ってくれた
のを記憶しています。
当時小学生だったから、後部座席も広々と感じましたが、フリップアウトの
窓は不満でしたね~。おじゃましました。
 No title
ittetsu様

はじめまして。
1/43アメリカ車ばかりの当ブログへようこそおいで下さいました。
コメント有難うございます。

ご家族でマーベリックに、しかもブラジルでお乗りになられていたとは…
羨ましいお話です。このミニカーは恐らくアメリカ本国仕様ではなく、恐らく
ブラジル仕様をモデル化したものと思われますので、まさしく子供の頃に
乗られていたクルマと同じものではないかと思います。ワイルドスピードの
前作、ブラジルが舞台の時にも渋い黒の個体が登場していましたね・・・。

このような偏狭なブログですが、気になる記事がありましたら。是非また
お立ち寄り下さい。よろしくお願い致します。

Body
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10