1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

願いは叶う!! ~Schuco ProR '13 Mustang Boss 302

@△@!@△@!@△@!></></></♪♪♪###!!!!!!!!!・・・・・


Schuco_13_boss_302_01


↑冒頭部分、文字化けしている訳ではありません。言葉にならない当方の歓喜の雄叫びであります(笑)。少し前にスパークの'11マスタングFR500 GT-3スパ24時間仕様をご紹介した際、ノーマルの現行マスタングも是非にと願ったのですが・・・。「求めよ、されば与えられん。」いつもの如く海外オクを徘徊していた当方、それを見つけた瞬間は思わず我が目を疑いました。「Schuco ProR Ford Mustang Boss302 2013 1:43」・・・「ウソッ!!」・・・ 「マジで!?」・・・「@△@!@△@!@△@!></></></♪♪♪###!!!!!!!!!


Schuco_13_boss_302_02


Schuco_13_boss_302_03

↑コチラはSchool Bus Yellowのボディカラー、BOSSらしい感じです。


Schuco_13_boss_302_04


Schuco_13_boss_302_05

↑コチラはGotta Have It Greenと言うボディカラー。昔とはちょっと違いますが、やはり”らしい”カラーです。


当方の願っていた物は思ったよりも早く、そして思いがけずドイツからもたらされる事となりました。見紛う事なき現状最新の2013モデル!それもある意味特別な存在であるシェルビーGTの名を冠さない生粋のフォード・マスタング!!そしてその中でも最高峰とも言うべき、ボス302であります!!!


Schuco_13_boss_302_06

↑’70年型BOSS 302を彷彿とさせるストライプもカッコ良い。


いや~~~~~~~~~もう、最高!!感動の嵐です。現行マスタングは初代のDNAを色濃く受け継いで’05モデルイヤーにデビュー。10MYにボディ外板の大部分を刷新するフェイスリフトを受けて今日に至ります。そして’69年からTrans Amレースを闘い、’70年にシリーズチャンピオンとなった伝説のグレード、ボス302が復活したのは’12MYから。


Schuco_13_boss_302_07

↑黄色というかオレンジ色というかの2台。パーネリー・ジョーンズのドライブでSCCA Trans-Amレースのシリーズチャンピオンに輝いた’70(スパーク)と'13モデル。


Schuco_13_boss_302_08

↑グリーンメタリックの2台。’70の方は往年のマテル ホットホイール グラントロス。


エンジンはGTの302cu.in.(5リッター)V8 32バルブDOHCをベースに、吸排気系などメカニカルチューンのみで440hpを発生。スーパーチャージャーなど過給機に頼らない所がストイックでまた良し!です。そしてこの伝統のカラーリングと’70年型を彷彿とさせるストライプには・・・もう、言葉は必要ありません。(嘆息)


Schuco_13_boss_302_09


Schuco_13_boss_302_10


Schuco_13_boss_302_11


Schuco_13_boss_302_12

↑う~~ん、カッコ良い。嬉しいので画像多めです(笑)。


モデルはシュコーのレジン完成品ライン、ProRシリーズの製品です。現行マスタングのフォルムをシャープかつダイナミックに再現、ホイールやインテリアなどディテールもファインで嬉しくなってしまいます。一見した作風はスパークなどMINIMAX製品に似ているように思いますが、ケースには製造元の表記はありませんでした。嗚呼、夢にまで見た現行マスタングの1/43モデル!!シュコー様、お有難うございます~。


Schuco_13_boss_302_13
 

・・・すみません、、余りの嬉しさに今週末は壊れ気味の当方であります。。。

スポンサーサイト

Comments
 No title
おめでとうございます!玩車の神様はいたのですねww

シュコーからこんなラインが出ていたとは知りませんでしたが、
流石、ピッコロで鳴らしたレジンはお手の物といった感じですね。

往年のマスタングとの揃い踏み、乙です!!
それにしてもグラントロス、素晴らしい保存状態ですね(涎)
 No title
現行ムスタングの1/43モデル。。
確かに、良いですなぁー♪

また、カラーリングがなんとも明るくて、とってもステキです。

アタシなら、やっぱりカエル色かなぁー
 No title
ねこざかな様

いらっしゃいませ~。
当方もシュコーのこのラインは知らなかったのですが、既存製品は日本
にも入っているようです。スパーク等に似た仕上がりですが、お世話に
なっているショップさんのお話ではミニマックスの製造ではないようです。

グラントロス、コンディションは上々なのですが、実は前オーナーの手に
よって若干モディファイされているようです。エンジンフードのシールは
多分ノンオリジナル、タイヤのフランジが削り取られて車高が落ちてます。
 No title
覆面える様

いらっしゃいませ~。
マスタングⅡもNEOから発売となり、歴代で穴となる世代は現行のみ
という状況だったのですが、これでボディ別に各世代が1/43で揃いました。
次は2014~15年にデビューが噂されている次世代モデルですね(笑)。

何色かある実車のボディカラーから、この2色をチョイスする辺りは、シュコー
さんもよく分かっていらっしゃると言う感じです。仰る通り明るい色でどちらも
Boss302らしいですね。当方は僅差でオレンジが好きかも・・・。
 No title
 何をそんなに興奮しているのか、よく分かりませんが・・・。とりあえずおめでとうございます。
 No title
doobie brother様

いらっしゃいませ~。
いえ、マスタングは当方にとって最重要車種なので、2010年以降、
ずっと待ち続けていた現行モデルの製品化は最高に嬉しいのですが・・・。

この気持ち、分かってもらえないですかね~(笑)。
好きな車種は歴代並べたくなるのがコレクターの性なのであります。
 No title
こんばんは~(^ ^)
イエローが特にカッコ良いですね~。
本当にコレクションのセンスが素晴らしく、
感銘いたしますm(._. )m
黄色の方、欲しい~!!
 No title
kenken様

いらっしゃいませ~。
過分のお褒めのお言葉、有難うございます。m(_ _)m
・・・いえ、単にアメリカ車が好き、1/43というスケールが好きと言う事が
重なっているだけであります。

ホントは資金と保管スペースがあれば日本車や欧州車も幅広く集めたい
のですが・・・最近は1/43アメリカ車のリリースが多い&高価なモデルが多い
で、正直追いかけ切れていません。。。嬉しいような悲しいような・・・。
 
こんばんは。
小生、先ほど愛車ヴィッツ1300F/2015年式(8234km走行)の燃費テストがてら足を伸ばしてきた練馬区石神井の都道8号線=富士街道(石神井警察署近く)を貴殿がアップされたのと同型の2013年式フォードマスタングGT5.0クーペの紺色(コナブルーメタ)の個体が走りゆくのを目撃し、土曜昼下がりの黄金色の空気を引き締めておりました★
「存在するだけで春風を招く」先代マスタングの乗り手はきっと〽春は名のみの風の寒さや🎶~の鼻歌でも口ずさんでいたのでしょうか?いや内心、そんなメロディが出るどころの心境ではないことも「時節柄」大いに考えられます―原因は「管理人様なればこそ」容易におわかりですよね。
先月突如降ってきた「フォード日本撤退」のニュース。背景はなんでもフォード社全体が「TPPを通じて日本反対」を呼びかけていたからとか。かくも反日のフォード社のビル・フォード氏は「日本がTPPに参加するなら軽自動車枠の廃止を強制する!」とまで言っていたとか。
真偽の程はわかりませんが、一見歴史的に日本の風土に根ざし、戦前は横浜市子安に工場を持って我が国のトップシェアを占有し、近くはマツダ再建にて大きな役割を示し、画期的な低価格でモンデオ(欧州製中型セダン)やマスタング、エクスプローラーの拡販に努めた同社も、根底では反日感情が日増しに強まっており「あわよくば日本撤退のチャンスを」ここ数年伺っていた形跡があることは確かです。
事実最近のフォード社では日本市場での宣伝を全くと言っていいほど行わず、フォーカスはタイ製の自然吸気2.0リッター版のみでダウンサイジングターボは設定されず価格も300万円台、エコスポートに至ってはインド製で1500ccの旧式エンジンで250万円!厳しい日本市場を渡り切るに足る「切り札」を欠いていたことは否めません。マスタングやフィエスタの1.0エコブーストなど魅惑的な「タマ」はあるにせよ、価格設定などあと一捻りもふた捻りもできたかと思います。
ともあれ決まってしまったものは仕方ない、少なくともこの国にも熱烈な支持者が絶えないマスタングやエクスプローラーに関しては全国の並行輸入業者がリーズナブルな価格でフルバリエーション供給を続け、GT500や5.0、2.3ターボなど「特有のブランド性」を示して今後の正規輸入再開の足がかりを築いてもらいたいと願ってやまないものです。
 Re: タイトルなし
真鍋清様

コメント有難うございます。
当方は本日、出かけた先でたまたま最新型のマスタングを見掛けました。
以前なら単純に心ときめいたのでしょうが、最近はオーナーさんはこの先どうするのかな
などと他人事ながら心配になってしまいます。

マスタングは並行輸入もあるし扱うショップもあるでしょうからまだ良いのでしょうが、
フォーカス、フィエスタ、クーガ、エコスポーツなどは早々に淘汰されてしまうかも
知れませんね・・・。

フォード経営陣に反日感情があるのかどうかは分かりませんが、その歴史を考えれば
日本撤退は残念という他ありません。
仰る通り、いつの日かフォードが日本市場に戻ってくる事を願って止みません。

Body
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08