1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

祝コルベット60周年!!C4(小)特集 Detail Cars C4 Corvette Coupe & Conv.

どうにかこうにか、年内でC4コルベット小特集は終了です。


C4_corvette_05


先回記したように、C4コルベットはモデルライフを通じて外観の変化はさほど大きくなかったのですが、その中身は大きな変化を遂げていました。それは排ガス規制とオイルショックによって失ったエンジンパワーの回復でした。’84年デビュー時のL83ユニット205hpは翌’85年にL98ユニットの230hpに、その後も改良により’87年に240hp、’88年に245hp、’90年250hpと徐々にパワーアップ。’92年には搭載エンジンがLT1にスイッチされて一気に300hpへとジャンプアップ。C4最終年度となる’96年にはグランドスポーツ用としてLT4 330hpが追加されました。


Detail_cars_corvette_01


Detail_cars_corvette_02


↑ミニカーで後期型が製品化される事は稀ですが、ディテールカーズのC4コルベットは貴重な存在。クーペ、コンバーチブルを共に製品化してくれているのも有難い所です。


Detail_cars_corvette_03


Detail_cars_corvette_04


↑製品はZR-1と言う事になっています。クーペの方はそういう事でOKだと思います。フロントウインドウはもう少し寝ている方がらしいと思いますが、プロポーション、ディテール共に上々の仕上がりです。


そして’89年に追加された高性能バージョン、ZR-1(モデルイヤーは’90年型になるのかも知れません)に搭載されたLT5ユニットは、当時GMグループに属していたロータスが開発を担当し、オールアルミ製の5.7L、32バルブDOHCというハイスペックから375hpを発生、アメリカンスポーツの名に恥じない動力性を手に入れます。このユニットは最終的にヘッドや吸排気系の改良により405hpまで出力が高められており、C4登場初年度のL83のほぼ2倍というハイパワーに達したのでした。ショートホイールベース&ワイドトレッド化などディメンジョンや足回りの進化と合わせ、その後C5~C7へと続くリアルスポーツへの進化は、このC4から始まっていたと言って良いと思います。


Detail_cars_corvette_05


Detail_cars_corvette_06


↑実車にはコンバーチブルのZR-1は存在しなかったと思うのですが・・・(自信無し)。角型のテールランプは個人的にはやや違和感を感じたものでした。次世代のC5ではこれが楕円になるんですよね・・・。


Detail_cars_corvette_07


Detail_cars_corvette_08


↑濃いグリーンメタリックはこの頃流行った色だったような・・・。ディテールカーズは当時ミニチャンプスなどに比べると、やや安価で買いやすいモデルだったと思います。


今回ご紹介するミニカーはディテールカーズから発売されていたZR-1のクーペとコンバーチブル(???)です。・・・そう、コンバーチブルの外箱にはZR-1 CABRIOと書いてあるのですが、ZR-1はクーペにしか設定されていなかった筈。この表記は間違いではないかと思います。ややフロントウインドウが立ち気味な気がしますが、プロポーション、ディテール等、1/43のC4のダイキャストモデルとしては最良の製品ではないかと思います。ご紹介しているクーペとコンバーチブルのオープン状態の外、コンバーチブルのクローズド状態のバリエーションもあり、それぞれ数種のカラーバリエーションが存在したようです。


Detail_cars_corvette_09


Detail_cars_corvette_10


↑ディテールカーズのC4コンバーチブルはご覧のオープン状態の他、クローズド状態のバリエーションもありました。(・・・1台くらい買っておけばよかった。)


Detail_cars_corvette_11


Detail_cars_corvette_12


↑ボディカーラーはクーペ、コンバーチブル共に何色かバリエーションがありました。全ては買い切れないので、自分なりにらしい物を選んで買っていたように思います。


・・・と言う事で年末駆け込みとなってしまったC4コルベット小特集、ひとまず手持ちのモデルはネタ切れとなりました。当方なりにコルベットの60周年のお祝いを終えた所で今年の更新もこれにて終了。C5以降はまたいずれ、機会を改めてご紹介したいと思います。来年は午年にしてマスタング50周年。色々と楽しみな新製品も控えており、当ブログもマスタングのお祝いで大いに盛り上げて行きたいと思っています。今年1年当ブログをご覧下さった皆様、コメントで立ち寄って下さった方々にお礼申し上げます。有難うございました。来年もよろしくお願い致します。


C4_corvette_06


↑個人的にはデザインは初期タイプの方が好み。精密な新製品を期待したい所です。


スポンサーサイト

Comments
 No title
今年一年お疲れ様でした。

コルベットのC4は時代と相成ってミニカーではいささか不遇の扱いですが、個人的には歴代の中でも一番直線的で好きなモデルです。

来年も魅力的なアメ車のモデルを楽しみにしています。
 No title
どもども、

コルベット、やっぱり良いですよねー
特にこの年代のモデル、ボンネットの開き方が大好きでw

で、本年もいろいろとありがとうございますた。

そんなわけで、来年も同じような調子となりそうですけど、
どうぞ、よろしくお願いいたします。m(_ _)m

でわでわ、良いお年をお迎えください。
 No title
おお、タマ数の少ないこのタイプをよくぞここまで!
さすがponyさんです。
でもやっぱスレッジハンマーの1/43って無いんですねぇ…(´・ω・`)
個性的なクルマだからどっか作ればいいのに…。

それはともかく、本年もお世話になりました。
来年もよろしくお願いします。m(_ _)m
 No title
うる様

いらっしゃいませ~。
C4はリアルタイムに知っているだけに当方も大好きな世代です。
馴染み深いC3からの変化が大きかったので、すごく変わったな~
という印象が強かったですね。
来年はどこかから出来の良い前期型のモデルが登場する事を
期待したいですね。(それと最新のC7も・・・)

今年1年、お付き合い頂き有難うございました。
来年はマスタング祭りで盛り上げていきたいと思います。
変わらずお付き合いのほど、よろしくお願い致します。
 No title
覆面える様

いらっしゃいませ~。
サイドまでがばっと開くエンジンフード、確かにカッコ良かったですね~。
そう言われてみると、1/43でその開閉機構を再現したモデルってないかも知れません。
当方は当時物のホットホイールを所有していますが、エンジンフードが開閉出来てなおかつ
プロポーションも秀逸な傑作でした。

今年後半は何かと慌ただしく、えるさん家へもあまりお邪魔出来ず申し訳ありませんでした。
こちらこそ、今年もお付き合い下さいまして有難うございました。
来年も変わらずお付き合いの程、よろしくお願い致します。
 No title
fziro様

いらっしゃいませ~。
fziroさんがお持ちのマテル製、プロポーションの良さは流石と思わせる
ものがあるので、いずれ入手したいな~と思っております。

残念ながらスレッジハンマーのモデルは当方も見たことがありません。
ルマンなど、レースに出場していたキャラウェイ・コルベットはレジン製の
キットがありました。レジン完成品ばやりの昨今、どこか製品化して
くれるかも知れません。期待したいですね。

今年も1年間お付き合い下さいまして有難うございいました。
来年も映画がらみのモデルをご紹介できればと思っております。
来年も変わらずお付き合いの程、よろしくお願い致します。

Body
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 07