1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

祝50周年 '69~'70 MUSTANG特集 ~これはカッコ良いかも…Road Champs '69 Mustang Sprots Roof

祝50周年 '69~'70 MUSTANG特集 、ようやくボスでない仕様の登場です。


Roadchamps_69_boss302_20


以前も記しましたが、ダイキャストモデルを中心に1/43で製品化されている'69~'70マスタングは圧倒的にBoss仕様が多いです。トランザムレースでの活躍など、この世代を象徴するグレードなので、商業的にはまあそうなるのでしょう。もちろんそれはそれで有難いのですが、個人的にはMach1もクールだと思いますし、リアピラーが特徴的なHTルーフのグランデやコンバーチブルも並べてみたいのですが・・・この辺りは各種仕様やボディタイプが出来の良いモデルで製品化されている1/64モデルが羨ましい部分であります。


Roadchamps_69_boss302_21


Roadchamps_69_boss302_22


↑フォードの標準設定と異なるプチカスタマイズ仕様の'69マスタング。こういうのがカッコ良く仕上がるのもアメリカ車の魅力と言えましょうか。


・・・と言う事で、今回のミニカーであります。ご紹介するのはまたしてもロードチャンプス製、ただしBoss302ではなく、単純に'69 MUSTANGとのみ表記されています。マッハ1などのフォードのカタログモデルとは異なる姿で、設定としてはスタンダードな'69マスタング・スポーツルーフをベースに、各種スポイラーやリアウインドルーバーで外観をドレスアップ、中味もハイチューンエンジン(フードバルジがないのでスモールブロックベース?)や固められた足回り(想像です/笑)などで武装したカスタム仕様と言った感じでしょうか。


Roadchamps_69_boss302_23


Roadchamps_69_boss302_24


↑こうしたカスタム仕様はアメリカ車やアメリカのクルマ文化を理解しているご当地ブランドならではかも?ロードチャンプスの良い面が出た例といえるでしょうか!?


基本的には前回、前々回ご紹介したBoss302と同じキャストですが、前後のスポイラーやリアウインドルーバーをボディ同色にコーディネートし、黄味の強い鮮やかなレッドのボディを、シルバーのサイドシルで引き締めた姿は中々にカッコ良いです。実際にカリフォルニア辺りに居そうなリアリティのあるクールな仕上がりだと思います。この”分かってる”感タップリな雰囲気は、流石アメリカのご当地ブランドといった感じでしょうか。当方手持ちのロードチャンプス製'69マスタングのなかでも特にお気に入りの1台です。


Roadchamps_69_boss302_25


↑すっかりお伝えするのを忘れていましたが、ロードチャンプスの'69マスタングはエンジンフードとドアが開閉します。・・・エンジンルーム内は真っ黒で素っ気ないですが、まあそれでも嬉しいです。


さて、中々クールな仕上がりのこのモデル、パッケージにはLIMITED EDITION 1 OF 10,000 PRODUCEDと記されています。10,000個も作って限定生産なのかという疑念もありますが、どうやらパッケージ印刷されている雑誌(パーツ屋さんのカタログ?)の表紙を飾っている実車個体をモチーフにした物のようです・・・って、おいおい、写真のクルマは'68じゃん。。。と言う事で、このモデルもロードチャンプスお得意のいい加減モデルなのでありました。。。でも、クールでカッコ良いから許しちゃう(笑)。ホント、ロードチャンプスは愛すべきブランドです。


Roadchamps_69_boss302_26_3


↑スポイラーやウインドルーバーをボディ同色とした後ろ姿もなかなか決まってます。

スポンサーサイト

Comments
 No title
おおおっっー、、やっぱりミニカーは、ドアとかボンネットが開いてナンボの世界ですよねー

実車に忠実なのも良いですけど、カラクリって、ぜったい必要だと思いますー

あとは、バビューんって走ると、(°O゜)☆\(^^;) バキ!
 No title
覆面える様

いらっしゃいませ~。
そうそう、個人的にはエンジンフードが開くのが何だか嬉しいです。
これでエンジンブロックがブルーに塗られていたら最高なんですが・・・、
それくらいは自分でやれって事でしょうか(笑)。
こういう型にハマっていないモデルも楽しいと思います。

>あとは、バビューんって走ると、(°O゜)☆\(^^;) バキ!
・・・今でもプルバックモーター付きのトイカーは少しづつですが増殖中。
機会があればご紹介したいと思います。
 No title
少しばかり建付けがわるい気もしますが、まあ開けて中も楽しめるというのがうれしいのは、理解します。細部の仕上げはともかく、なんかカッコいい感は出ていると思います。
 No title
doobie brother様

いらっしゃいませ~。
おお、かなり視点がマニアックになって来ましたね(笑)。
アメリカ車の場合、精密で美しいモデルはそれはそれで感動するのですが、
こういうモデルも荒削りな味が実車のキャラクターに通じる場合があって、
独特な魅力に昇華する事もあります。(・・・と思う。。。)

生真面目な日本人には、こういうテイストはなかなか出せないんじゃ
ないかな~と思います。

Body
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 07