1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

祝50周年 '69~'70 MUSTANG特集 ~エラーか?確信犯か!? Road Champs '69 Boss302 '70風味

・・・F1グランプリの放送があるとどうしても更新が遅れがち。。。今日は当方の勤め先が珍しくカレンダー通りのお休みなので、台風が心配ですがアップしておきます。


Roadchamps_69_boss302_10


最新の2015年型マスタングもだんだん目に馴染んできた今日この頃(笑)。ホットホイールやマイストのミニカーも気になりますが、1/43でも早く何処かで製品化してくれないかしらん・・・。さて、マスタング50周年を記念してお送りする '69~'70 MUSTANG特集、本日ご紹介するモデルも'69Boss302であります。この先ご紹介する'70も含め、この世代のマスタングの1/43製品化はBoss302及び429が圧倒的に多いです。'69~'70はマッハ1もカッコ良いのですが・・・。(マスタングには慣れましたがマック1はどうしても馴染めません/笑)


Roadchamps_69_boss302_11


Roadchamps_69_boss302_12


↑やや紫味を帯びたグレーメタリック。いい加減な仕様なのにそこそこカッコ良いから困ってしまいます(笑)。


ここで少しだけマッハ1について触れておこうと思います。日本でマッハ1と言うと、'71以降のいわゆる”ビッグ・マスタング”を思い浮かべる方が多いかと思いますが、設定されたのは'69年型からでした。スポーツルーフ(それまでのファストバックはこの世代からこう呼ばれるようになった)をベースに351cu.inや428CJ(コブラジェット!ハッタリ効いてるなあ)をチョイスできました。(この当時のパケージオプションやエンジンラインナップは多岐に及んでいるので正確な事は書き切れません。。。)外観は前後スポイラーやリアウインドウのルーバー、ボスとは異なるストライプや2種のエンジンフードスクープ(ラムエア車はシェイカーフード)等々、ボスと較べてもより派手な装いとなっていました。


Roadchamps_69_boss302_13


Roadchamps_69_boss302_14


↑こちらはブルーメタリック。綺麗な色ですが・・・ストライプの太さや位置がバラバラ。。。


で、モデルはロードチャンプスの'69Boss302なのですが・・・なんか変ですよね。マスタングがお好きな方なら既にお気付きかと思いますが、カタチは'69なのに、エンジンフードからボディサイドに渡る特徴的なストライプは'70Boss302のそれであります。。。実は当方が知らないだけで、こういうカラースキムの'69ボス302が存在したのかも・・・と、少し心配になって画像検索してみても、どうやらそうした個体は正式には存在しないようです(笑)。気付かずに間違えてしまったエラー品か、年式が違う事は認識していながら”なんちゃって”で仕立ててしまった確信犯か!?・・・ロードチャンプスの場合は恐らく後者だろうと思います。


Roadchamps_69_boss302_15


Roadchamps_69_boss302_16


↑こちらはイエローの個体。・・・何故にこのいい加減仕様をこんなに沢山所有しているのやら。。。


ロードチャンプスは、過去にご紹介した'69ハーストオールズ'69ダッジ・スーパービーのようなマニアックな車種選定、拘った作り込みのモデルや、'53 C3100のアイスクリームカーのような味わいのある製品を送り出す一方、今回のBoss302を始め、'53コルベットを'56以降風の2トーンカラーにしてみたり、果てはダッジをプリマスだと言い切って販売(コレについてはいずれ改めてご紹介しようと思います)する等々、いい加減極まりない商品展開を平気でする愛すべきブランドでありました。。。この辺りの振れ幅の大きさも含めて楽しんじゃうのが、アメリカ車ミニカーコレクションの醍醐味ではないかと思います(笑)。


Roadchamps_69_boss302_17


Roadchamps_69_boss302_18


↑正しき'69スキームといい加減'70スキームのBoss 302。ボディの黄色の色味も異なっています。同じキャストでも全然印象が異なります。こんなムチャなバリエーションもロードチャンプスの愛すべき部分です。

スポンサーサイト

Comments
 No title
 どうもです。こちらも3連休、何もしないのが何より幸せです。
今回はガンメタのマッチョ感が意外といいかんじですが、後姿をみてなぜか、セリカを思い出してしまいました。
 No title
doobie brother様

いらっしゃいませ~。
当方も今日は1日家に居ました。台風、関東地方は今夜未明辺りが一番
大変みたいですね。お互い気を付けましょう。

セリカはスペシャリティカーという性格や、豊富なオプションを用意した
販売戦略など、マスタングをお手本にしている部分があるので似ている
のも自然かと…。今回のボスも装着しているリアウインドウのルーバー、
日本でも流行りましたし、セリカLBで装着しているクルマも多かったです。
 No title
こんばんは。

いよいよ新型マスタングの日本導入時期が来春に決定しましたね!当初は4気筒エコブーストを搭載した50周年記念モデルが発売され、追ってマスタング史上初となる右ハンドルとV8搭載車が追加されるそうです。

しかしこれまで一切右ハンドルが生産されてなかったって意外ですよね。ただし、豪州には左→右に改造してくれるショップがあるみたいで、今回新型のお披露目が豪州であったときに展示されてた歴代モデルの中にも、たしか右ハンドルがあったように思います。いずれにせよ、これまで以上に爆発的に売れちゃったりするんですかね。はやく実車にお目にかかりたいです!
 No title
肥後もっこす様

いらっしゃいませ~。
さすが全世界で販売すべく右ハンドルまで開発しただけあって、
今回は日本市場への導入も早いみたいですね~。
欧州では初年度販売分があっという間に予約完売との事ですし、
2.3リッターのエコブーストのパフォーマンスも気になります。
画像や動画でだいぶ見慣れて来ましたが、やっぱり実車をこの目で
見たいです。

オーストラリアでは左ハンドルのクルマを右ハンドルに改造する事が
ビジネスとして成り立っているようですね。反面、人件費高騰からフォード
やホールデンが自国での自動車製造から撤退予定で、トヨタも生産を停
止するらしいので、事実上自動車の自国製造がなくなってしまうようです。
なかなか興味深い車種もあっただけに寂しい感じがします。マスタングへ
の右ハンドル設定は、そうした事も関係しているのかも知れませんね…。
 No title
どもども、

これこれ、ボスムスタングと云えば、この黄色です♪
ブラックストライプも、一番栄えるますし、これしかないと、

でもでも、確かに、なんでこんなにいっぱいw
 No title
覆面える様

こちらへもいらっしゃいませ~。
正規’69カラーのBoss302はこのイエローとレッドしかないのに、
なんちゃって’70カラーは何故か3色も所有している当方・・・。
我ながら物好きですね。。。

個人的には'69、'70共にBoss302はホワイト&ブラックストライプもイメージ
であります。あと、’70はやっぱりオレンジ、そしてグリーンメタでしょうか。
今後'70のモデルの方でご紹介したいと思っています。

Body
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08