1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

未年はじめはやっぱりこれで・・・。PREMiUM-X '87 DODGE RAM, Spark '05 DODGE RAM SRT-10

未年の2015年、第1回目の更新は・・・う~~~ん、やっぱりこれしか思いつきません。

DODGE_RAM_1.jpg
↑羊のぬいぐるみは奥さんから借りました。(笑)

・・・と言う事でダッジ・ラムであります。フォードのFシリーズ、GMのC/Kシリーズ(現シボレー・シルバラード,GMC・シエラ)と並ぶクライスラーのフルサイズ・ピックアップ。Ramという単語は雄羊を意味するようです。(もちろんパソコンのパーツの事ではありません)因みに子羊はLamb、ラム酒はRum、ラムちゃんは・・・(以下略/笑)。ラムの名前はRAM-VANとしてフルサイズバンにも使われていましたが、2009年からは単なる車種名ではなく、クライスラー系のピックアップ及び商用車を含むディビジョン名となっています。

PREMiUMX_87_RAM_01.jpg

PREMiUMX_87_RAM_02.jpg
↑今になってみると、四角四面の実用一点張りなデザインも味があるように思います。スチールホイールにホワイトレターのタイヤが良い雰囲気です。

先ずご紹介するのは初代の'87年型(ミニカー記載による)。ダッジのピックアップ・トラックに正式に”ラム”の名が冠されたのは'81年登場のこの世代からのようです。四角張ったボディデザインはまさに往年のフルサイズピックアップそのものといった佇まいで、後の世代に比べると質実剛健なイメージ。4分割のラジエターグリルは'86モデルイヤーから採用になった模様です。通常型のシングルキャブ、2ドアのままキャビンを延長したエクステンドキャブ、4ドアのクルーキャブ、そして後輪がダブルタイヤになったヘビデューティーユースのデューリー等多彩なバリエーションを誇り、ショートホイールベースで脱着式のハードトップを被せたSUVスタイルのラムチャージャーも存在します。

PREMiUMX_87_RAM_03.jpg

PREMiUMX_87_RAM_04.jpg
↑個人的な好みですが、1/43のダイキャストモデルはこの位の作り込みが丁度良いのではないかと思います。

ミニカーはプレミアムXブランドのダイキャストモデルで、ロングホイールベースのシングルキャブ仕様。日本にはボディカラーがレッド単色のバリエーションも入っていますが、当方はシルバーと濃紺のツトーンカラーをチョイス。同様のツートーンはS130系フェアレディZ等にも見られましたが、70年代末~80年代の流行を感じさせますね。最近の1/43ミニカーとしては比較的安価な価格設定ですが、程良く作り込まれた好ましい仕上がり。このモデルの金型は元々欧州の書店系アイテム、ボンドカーコレクションの「消されたライセンス」劇中車用に起こされた物です。(ボンドカーコレクション仕様はお友達の覆面えるさんのコチラの記事を是非合わせてご覧下さい。 )

Spark_05_RAM_SRT10_01.jpg

Spark_05_RAM_SRT10_02.jpg
↑2台目以降現行に至るまで、立体感に溢れた大型のラジエターグリル&エンジンフードがクライスラーピックアップの特徴となり、フォードやGMとは一線を画したスタイリングを形作っています。

さて、ダッジ・ラムは'94モデルイヤーに第2世代へとモデルチェンジ。(ミニカーはコチラの過去記事を参照願います)大きく突き出たラジエターグリルが特徴的なスタイリングに生まれ変わった第2世代へと進化し人気を博します。そしてその基本コンセプトを受け継いで誕生したのが'02モデルイヤーに登場した第3世代です。スタイリングは先代の基本イメージを踏襲しつつよりマッチョになりましたが、マッチョなのはスタイリングだけではなく、超ド級スポーツカー、バイパーと同じ8.3リッターV10エンジンを押し込んだSRT-10までもが存在します。日本人の感覚からは考えにくいですが、これもアメリカ流のクルマ文化なのだと思います。その後'09モデルイヤーに現行4世代目にモデルチェンジして今日に至っています。

Spark_05_RAM_SRT10_03.jpg

Spark_05_RAM_SRT10_04.jpg
↑エンジンフードのスクープやトノカバー、前後スポイラーなどSRT-10の大迫力ボディを的確に再現しています。

モデルはスパーク製のレジン完成品で、バイパーと同じV10エンジンを搭載したSRT-10のクアッドキャブ(クルーキャブ)仕様です。エンジンフードのスクープ、リアベッドのトノーカバーや前後スポイラーなど、迫力満点のスタいリングを見事に再現、見ごたえのある仕上がりとなっています。スパークではこの世代のRAMを色々と製品化しており、他に2ドアショートボディのSRT-10、4輪駆動のクアッド・キャブ、後輪ダブルタイヤのデューリー等もリリースしています。ユニバーサルホビーの2世代目と合わせると1~3世代目までが揃うので、どこかが4世代目を製品化してくれると全世代が揃うのですが・・・。

DODGE_RAM_2.jpg
スポンサーサイト

Comments
 
 新年からイカつい・・・というかダジャレですか。
オヤジギャグって悲しいよね、とCMでも言ってるじゃないですか。
それよりも対するゆるぬいぐるみは、NZ産ですか?
 Re: タイトルなし
doobie brother 様

コメント有難うございます。
ハイ、もうすっかりオヤジですから(開き直り)
英単語のRAMの意味を調べていたら、LambやらRumやら色々分かってきたものでつい・・・(笑)。
でもダッジのラム、羊は羊でも雄羊なんでなかなか厳めしいでしょ?

ぬいぐるみの方はこういうカワイイ系は日本の企画による製品です。(製造は中国)
”おやすみ羊”というシリーズの物らしいです。
 
どもども、勝手連、ありがとうございますー♪

いやいや、素晴らしいモデルですよねー
渋いツートンカラーも良く似合ってますし、やっぱりダッジはコウでなくっちゃ、、って言う、見本みたいな仕上がりであります。

しっかしボンドカーコレクションで起こされた金型、いったいどれだけ流用されるのでしょうねーw
 Re: タイトルなし
覆面える様

久々の勝手連、ご快諾有難うございます。m(_ _)m

プレミアムXのダッジ・ラムは良い仕上がりですよ。
仰る通り、ツートーンのボディカラーがバッチリ似合ってとても良い雰囲気です。
でも、ボンドカーの方は悪者フィギュアが2体も乗車していてあちらもまた良いですよね。
ボンドカーコレクションは良し悪しがありますが、ラムはパッケージも含めアタリな仕上がりだと思います。

プレミアムX、インパラやフォードワゴン、シボレートラック等々、金型転用モデルも多いですが、
それも比較的お値打ちな秘訣かもしれません。バリ違いも楽しめて個人的には大歓迎であります。


Body
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

123456789101112131415161718192021222324252627282930 06