1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

'69~'70 マスタング特集; MATCHBOX '70 Ford Mustang Boss429 2バージョン

さて、前回に引き続き、今回もBoss429のご紹介です。

Matchbox_70_Boss429_01.jpg

過去に都度ご紹介しているので、Boss429に関して記すべき知識がネタ切れ気味になって来ました。。。先回も記したように、Boss429はNASCARでの429エンジンのホモロゲート取得条件である車両、エンジンそれぞれ500台の生産を早急にクリアすべく、高性能バージョンには目がないユーザーの多いマスタングに搭載して販売された物でした。目的が目的だけに生産台数は非常に少なく、'69が859台、'70が499台となっており、数あるクラシックマスタングの中でも希少性の非常に高い1台となってます。登場時に比べ大きくなったとは言え、当時のインターミディエートよりコンパクトなマスタングのボディに429キュービックインチ=7リッター超のエンジンはさぞかし強烈なパフォーマンスを発揮した事でしょう。

Matchbox_70_Boss429_02.jpg

Matchbox_70_Boss429_03.jpg

Matchbox_70_Boss429_04.jpg

Matchbox_70_Boss429_05.jpg
↑鮮やかなグラバーオレンジ単色のボディにマットブラックのスポイラーやフードバルジが渋カッコ良いBoss302。ダイキャストのモデルにはレジンとはまた違った魅力があるように思います。

今回ご紹介するのはマッチボックス・コレクティブルのモデルです。グラバー・オレンジの個体は同ブランドのモデル・オブ・イエスタイヤ―シリーズとして発売されました。発売当時1/43のアメリカ車、特に'60~'70年代のマッスルカー・ポニーカーの製品はまだまだ少なく、GMやクライスラー系を含めそうした車種を多数製品化してくれたこのシリーズはとても嬉しい存在でした。シリーズ全体を通じてシャシー周りの再現が凝っており、排気系やサスペンションなどの足回りが別パーツで構成されていて非常に見応えがあります。当方は有名ショップさんが独自で仕入れたと思われる物をリアルタイムで購入しました。当時としては造り込みが凝っていた事もあり、高価なのを頑張って購入した記憶があります。

Matchbox_70_Boss429_06.jpg

Matchbox_70_Boss429_07.jpg

Matchbox_70_Boss429_08.jpg

Matchbox_70_Boss429_09.jpg
↑コチラのグラバーブルーの個体はマッチボックス・コレクティブル・プラチナシリーズの1台。白いインテリアとのコントラストが素敵です。

グラバーブルーの個体の方はマッチボックス・コレクティブル・プラチナシリーズとして発売された物で、上記のシリーズと異なるカラーバリエーションとした上で、金属製の缶ケースに収められていたのが特徴です。ミニカー自体はボディカラー以外は大きな違いはないようです。このシリーズが日本に入って来ていたか当方は良く知りません。手持ちの個体は海外ネットオークションで入手しました。久々に引っ張り出して改めて眺めてみると、プロポーションやディテールのシャープさは最新の製品とは比べられませんが、ずっしりとしたダイキャストのボディや凝った作り込みは独特の魅力を感じさせます。シリーズ全体を通して、今なお輝きを失っていないと改めて思いました。

Matchbox_70_Boss429_10.jpg
↑別パーツで再現されたシャシー周り、フォードのブルーに塗られたオイルパンなどが良い感じ。アメリカ車好きにはこういう所が嬉しかったりします。

Matchbox_70_Boss429_11.jpg
↑プラチナシリーズはこのような缶ケースに収められているのが特徴。・・・これが結構場所を喰うのですが。。。
スポンサーサイト

Comments
 
 どうもです。
私の幼少のころの記憶では、マッチボックスというのは
あまりイケてない記憶があるのですが、
今回のブツはそれらとは違いそうですね。
無駄にでかいケースが、ぐんぐん価格を上げてる感がありますね。
 Re: タイトルなし
doobie brother 様

コメント有難うございます。
マッチボックスと言うブランドは今日でも存続していますが、版権(?)所有元というか経営母体と言うかが
何度か変わっていたりして、長い歴史の中で製品のテイストも変化していました。

私の世代が子供の頃は、ホットホールの影響を受けてファストホイールや派手なカラーリングなどでコアな
ファンの不評を買っていた時期に当たります。が、やっぱり慣れ親しんだテイストだからか、それが可愛いと
思えたりします。懐かしさも影響しているのでしょうが、ミニカーって不思議なモノだな~と思います。
 希少!Boss429
前回から今回と興味ある文章なのに、コメント出しそびれて今回ですが、よろしくお願いします。
ボス429!改めて知る希少価値のある車!前回紹介のレジンも欲しかったのですがお値段が…。今回のマッチボックスは車体裏まで造り込みが憎いですね。
ボス429は凄い車なんだけど、カラーリングに特徴が無さ過ぎて…だからこそ内蔵する存在感の凄み!があるんでしょうね。エンジンから作るプラモだと429は楽しそう。ミニチュアカーは、わかりやすいラインの入ったボス302や、マッハ1に目がいってしまいます…。だから年代的には好きなんだけど購入には二の足を踏んでしまいます。
それにしても、レジンは細部まで精巧に突き詰められ、ダイキャストはおおらかな解釈での造り込みがあって、双方違いがあって楽しいですね。
 Re: 希少!Boss429
65〜73Mus好き過ぎる者…様

コメント有難うございます。
Boss429、特に'70は'69と較べても、更に台数が少ないようですね。
レジン完成品は確かに高額なのですが、最近はダイキャストのモデルも価格が上がって来たので、
価格的には大きな開きはなくなってしまいました。。。

マッチボックスのモデルは古いながら精一杯作り込んである感じがして好感が持てます。
個人的に'70ボス429=グラバー・オレンジかグラバー・ブルーというイメージがあるので、
ボディカラーのチョイスもグッドかなと。
仰る通り、レジン、ダイキャストそれぞれ持ち味があって興味深いと思います。

なんだかんだ言ってもBOSS302やマッハ1は分かりやすくカッコ良いですよね。当方は、’69 &'70はマッハ1
もかなり好きですが、BOSS429独特の凄味も捨てがたい魅力があります。
429はよりマッスルカー的なテイストという感じがします。

 ’70といえば…
そういえば、PS3のグランツーリスモ5で、黒い'70のモンスターカスタムカーをぐいぐいぶん回して走らせてました。あのゲームで走らせられる’69 &'70マスタングは、その1台だったなぁ。世間的にマスタングといえば’71なのかなぁ…。今度はグラバー・オレンジorブルーに近い色に塗り直して走らせてみようかな、ノーマルじゃないけど…。
 Re: ’70といえば…
65〜73Mus好き過ぎる者…様

コメント有難うございます。
日本では'71~マスタング、'70以降の2代目カマロ/ファイアバードの人気が高いという印象がありますね。
アメリカ本国ではアーリーモデルの方が人気が高いみたいです。

・・・グランツーリスモ5には'70マスタングもあったのですね。画像検索してみて初めて知りました。
なにぶん我が家はプレステ2で止まっている物で。。。
ブログを始めたら全然ゲームをやらなく(やれなく???)なってしまいました・・・。
 グランツーリスモ5
こちらもあまり詳しくはないのですが、なんせ最近PS3を友達にもらい中古ソフトで楽しんでいました。
グランツーリスモ5は、PS3初の作品のようで、なかなか力が入った内容でした。ゲームを進めなくても好きな車のお店を覗いて、カラーリングを見たり、デモで走る姿を観ながら解説を聴く事が出来たりします。
Fordのお店にいくと、最近のマスタングと’71マック1が。Shelbyだと’65GT350Rがゲームを進めると手に入ります。その他オールドマッスルカー、’69カマロやモパー系達が…。
’71マック1だと11色もカラーバリエーションがあります。悩みますね…。
 Re: グランツーリスモ5
65〜73Mus好き過ぎる者…様

再びコメント有難うございます。
グランツーリスモ5とPS3、興味は大いにありましたけれど、グラツーの発売が延期になったりしている内に
何となく買いそびれてそのままになってしまいました。。。個人的には”2”や”3”の頃が一番ハマっていた
と思います。ハチロクを極限チューンしてスーパーカーを蹴散らしたり(笑)。
時々グラツーのストイックさが息苦しくなると、ニード・フォー・スピードやドライバーシリーズなど
街中爆走系のソフトで遊んでました。それはそれで面白かったですよ。
 
マッチボックス製1/43マスタングはグラバーブルーのバージョンの方がらしさがあると思います。
このクラスで黄色のボディカラーと言うと、BMW M3/M4のようなライムグリーンがかったメタリックの黄色(ほとんどゴールド)でもない限りただ暑苦しいだけで「大人のクールさ」に乏しい感じを覚えますがそこは個人の感じ方の問題、マスタードイエローが心に響く感性もそれはそれでアリではないでしょうか。
その意味で当方自身の意見では他に「若草色メタ」(往年のメベトーイグラントロス)並びに「ワインレッド」(Hot Wheel 1/43)のBoss429に心惹かれます。
さて昨今のマスタングではこの間まで製造されていた先代モデルのGotta Have ItグリーンやDeep Impact Blueにハッとさせられるものがある一方で、最新2015/16年式新型マスタングに関してはガンメタのGT5.0、ダークブルーの2.3エコブースト"50 Yearsバージョン"に魅惑されます。
マグロの切れ身のような新型マスタングのヘッドライト造形には未だ馴染めないものがある一方で、後輪マルチリンクサスやエコブースト過給ユニットの完成度、51:49の重量配分には一目も二目も置かざるを得ない上、465万円と言う新型のプライスに大勉強の跡を見出さずにはおられません。
 Re: タイトルなし
真鍋清様

コメント有難うございます。
今回ご紹介したモデルのグラバーブルー、グラバーオレンジはそれぞれ'70 Boss429にはとても良く似合う
色だと思います。この2色をチョイスしたマッチボックスのセンスは流石です。

新型マスタング、当方はだんだんカッコ良いと思えるようになって来ました。1/64や1/18ではミニカーを
チラホラ見掛けるようになりました。はやく1/43モデルを手にしたいものです。

Body
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08