1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

遂に登場!!1/43モデル!!! ~ NOREV 2015 FORD MUSTANG

@△@!@△@!@△@!></ ></ ></♪♪♪### ・・・例によって文字化けではございません。待ち望んでいたモデルの登場に対する当方の歓喜の雄叫びであります(笑)。

NOREV_2015_MUSTANG_01.jpg

いつものようにネットで海外オクなど徘徊していた当方、遂に待ち望んでいたモノを捕捉しました。マスタング誕生50周年だった昨年末、2015年モデルとして発表された新型マスタング。1/18, 1/24, 1,64では早々に発売されていた同車のミニカーが、遂に・・・遂に、1/43でも登場しました~!!! いや~~~~~、、もう本当に嬉しいです。コルベットと並び、マスタングは1/43でのモデル化には恵まれたアメリカ車だな~と思います。近年はインドや中国などが自動車の新たな成長市場として有望視され、アメリカの自動車メーカーも自国マーケットだけを向いた商品展開が難しくなって来ています。こうした中生まれ変わったマスタングも、歴代で初となる右ハンドル仕様を用意するなど、インターナショナルなマーケットを強く意識したクルマとして登場しました。

NOREV_2015_MUSTANG_02.jpg

NOREV_2015_MUSTANG_03.jpg
↑1/18, 1/24, 1/64ではミニカーが発売済みだった2015マスタング、待望の1/43モデルが遂に登場!!

NOREV_2015_MUSTANG_04.jpg

NOREV_2015_MUSTANG_05.jpg
↑恐らくはヨーロッパフォードのディーラーノベルティor販売品と思われます。プロポーションの素晴らしさは流石です。

新型マスタングは長年の伝統であり、1部の熱狂的マニアにとってはマストアイテムだったリジットのリアサスを捨て去り、4輪独立サスを得てインターナショナルな商品としての価値を高めました。(過去、先々代のコブラで4独サスの使用実績あり) 搭載エンジンはアイコンであるGT用の5リッターV8 435hpはもちろんの事、新たなトピックである2.3リッター+ターボチャージャーでも314psと2005年型V8モデルを上回っており、そのパフォーマンスには大いに期待出来そうです。ボディデザインはフロントまわりなどにキネティックデザインに沿った他のフォード車との近似性を感じますが、そのマッシブなフォルムにはマスタングの伝統も色濃く感じられます。先代に比べ低く、幅広くなり、クーペとしてより理想的なプロポーションを得ていると思います。

NOREV_2015_MUSTANG_08.jpg

NOREV_2015_MUSTANG_09.jpg

NOREV_2015_MUSTANG_10.jpg

NOREV_2015_MUSTANG_06.jpg

NOREV_2015_MUSTANG_07.jpg
↑外箱底面のコーションには日本語の表記も!日本で販売・配布される可能性もあり?

さて、手元に届いたミニカー外箱にはノレブ製との記載がありますが、そのパッケージデザインはノレブの通常品とは異なっています。ブルーを基調としたパッケージにはフォードのブルーオーバルエンブレムやロゴがあしらわれており、シンプルに2015 FORD MUSTANGと記されています。底面をよく読むと"Made in China" "Designed in Europe"とあります。恐らくヨーロッパフォードのディーラーノベルティとして用意された物ではないかと思われます。各国語のコーションには日本語も含まれており、「コレクション用精密スケールモデルのため、取り扱いには注意してください。」とあります。ひょっとしたら日本フォードのディーラーにも並ぶのか・・・!? 今の所、海外オクでもごく僅かしか出品されておらず、知り得る限りではバリエーションはレースレッドと呼ばれるソリッドの赤のみかと思われます。

NOREV_2015_MUSTANG_12.jpg

NOREV_2015_MUSTANG_13.jpg

NOREV_2015_MUSTANG_11.jpg
↑床板は一切のディテールが潔く省略されてしまっています。床下フェチ?の当方には少々不満な点です(笑)。

モデルの作り込みは近年のダイキャストモデルとしては標準的な仕上がりではないかと思います。流石にオフィシャルライセンス品だけにプロポーションは上々です。鋭いヘッドランプ内のリフレクターやハウジングの再現などもそつなくまとまっていますし、インテリアもブラックをベースにインパネなどのシルバーが色差しされています。レッドのボディカラーも発色が良く美しいです。床板は潔くディテールが省略されてツルンとしており・・・床下フェチの当方としてはちょっぴり残念(笑)。時代の流れと共に世界市場を睨んで登場した新型マスタング。このミニカーはそうした流れに乗って1/43モデルカーコレクションが定着しているヨーロッパで企画された物と思われます。この先新型マスタングのミニカーがどれだけ登場するかは分かりませんが、恐らく初と思われる1/43ミニカー登場を、先ずは素直に喜びたいと思います。

NOREV_2015_MUSTANG_14.jpg
↑最後に、こちらも最近入手したauto worldの1/64モデルと。スケールを問わず、好きなクルマが良いモデルに恵まれると嬉しくなってしまいます。
スポンサーサイト

Comments
 
歓喜の雄叫び、聞こえるようですww

いさぎよい裏板も、繊細過ぎないディティールも、ディーラー扱いのミニカーらしさがあって良いではありませんか!

拙も先般、MINIで体験しましたが、ディーラー扱いのみで、国内のモデルショップには並ばない品もありますね。油断できない・・・
 Re: タイトルなし
ねこざかな様

コメント有難うございます。
とにかく1/43で最新型マスタングが出てくれた事を喜びたいです。
床板の件はともかく(笑)、全体の仕上がりは上々ですし、
個人的には1/43のディテールはこの位が好ましいように思います。

このモデルは箱に日本語の表記もあるので、今年後半、新型マスタングが本格的に日本市場に本格導入
される頃には日本ディーラーでも販売される事を期待したいです。
出来る事ならカラバリもね(笑)。
 
見るからに精密さが滲み出てくるノレブ製フォードマスタング。
床板のレイアウトは同社の歴史中後にも先にもないシンプルかつ冷徹な表現が特有の味を醸し出しているのみならず、車軸付け根のディスクローターの再現ぶりは定評あるドイツのブランド、ミニチャンプスの影響を大きく受けているのが印象的です。
もしかして仏ノレブ社の中国の下請け工場がミニチャンプスのそれと同じなのでは?と良くも悪くも勘繰れてしまう小生ですが如何でしょうか。
 Re: タイトルなし
真鍋清様

コメント有難うございます。
海外オクでこのモデルを発見した時は興奮しました(笑)。
初の1/43モデルであるだけでなく、仰る通りボディのプロポーションや仕上がりも上々でしたので・・・。
床板の表現は1/64でも結構ちゃんと再現されているので、もう少し頑張って欲しかった部分ですが、
まあ、このタイミングでのモデル化を素直に喜ぶべきなのでしょうね。

ディスクブレーキの再現や下請け工場の件はそうした可能性はあるかもしれませんね。
童友社の1/43プラキット、シェルビーGT500やフォードGTも同じような構造で興味深いです。
パテント等は押えてないのでしょうかね・・・。
 
珍しく新型車なんですねー

意外とカック良いなぁー、、実車が欲しいなあー、、
コレ、ブルーメタにホワイトラインを入れて乗っててみたいですw

それにしてもパッケージの日本語表記、、まともに読めるんで、ちょっと驚いてしまいますたw
この手の輸入品のヘンテコ日本語て、けっこう好きだったのにーw
 Re: タイトルなし
覆面える様

こちらへもコメント有難うございます。
やっぱりマスタングは年式問わず全世代を1/43で揃えたいので、このモデルの発売は嬉しかったです♪
残念ながら当方はまだ実車を見ていないのですが、目撃した人達は皆カッコ良いと言ってました。

本当はやっぱりV8 GTやシェルビーでしょうけれど、エコブーストの2.3リッターなら日本でも税金安そうで
魅力的ですよね・・・アルファードが700万越えなのを考えればマスタングが400万円台って安いような
気もしますが・・・あくまで相対評価でのハナシです(泣)。。。
 
このたび小生も都内某所にてAuto World製1/64フォードマスタングGT5.0の紺色を入手しました!
フォード言うところのDeep Impact Blueに彩られた同モデル、ブリスターパック式のパッケージから取り出そうとしたところ車体が本棚の縁に落ちて「傷が付いていないか」一瞬ヒヤヒヤしましたが全く何事もありませんでした―深みのある色艶、克明なボディライン再現だけに留まらず「ペイントの質」も「アメ車屈指の」実車のマスタングに負けず劣らず第一級なのは目から鱗の発見でした!
市価1000円強で小粒ながらこれだけ珠玉のスケールモデルが出来るのだから、同メーカーの中国の協力工場に次の改良版ではドアミラーを付けてもらえることを期待したいです。もっとも中国通貨「元」は労働コストの上昇とともに上がっていると言われるからには、精密にした分あと300円ほど売価がアップするのか!? 大人の事情は一筋縄では行きませんね、現実世界では(´・ω・`)
 Re: タイトルなし
真鍋清様

コメント有難うございます。
Auto Worldのモデルはかっちりしていて良いですね。
紙箱が付属しているのもなんだか嬉しいです。
当方は最初に発売になったレッドとイエローを入手しましたが、
ブルーも発売されたのですね。
HWで発売になっているシェルビーGTも追加されると嬉しいのですが・・・。
中国の人件費高騰はコレクター的にはキツイですが、時代の流れとして
当然といえば当然なのかも知れませんね。


Body
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

123456789101112131415161718192021222324252627282930 09