1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

そりゃないぜ、ロードチャンプスさんよ!! クライスラー強化計画!? & ミニカー・コラムシフト Vol. 21  ~'69 Plymouth Road Runner ??

当ブログ内でのGM/フォードに対するクライスラー系車種の記事アップ数不均衡を是正する「クライスラー強化計画」、今回は久々のミニカー・コラム・シフト、そしてブログを相互リンクさせて頂いているまくろふぁんです様への勝手連で行ってみたいと思います。

RC_69_ROAD_RUNNER_01.jpg

先頃、ブログを相互リンクさせて頂いているまくろふぁんです様が長年想い焦れた念願のトイを入手され、その喜びを記事の中で「おもちゃの神が舞い降りる瞬間」と綴られていました。この感覚、物凄く良く判るんですよね~。当方も拘って蒐集しているイスラエル方面のミニカーなどで「これは絶対入手出来ないだろう」と思っていた幾つかのモデルを入手した際、同じような想いに捉われた事があったので、その文面からまくろふぁんです様の喜びの大きさが手に取るように分かり、大いに共感したのでした。

RC_69_ROAD_RUNNER_02.jpg

RC_69_ROAD_RUNNER_03.jpg
↑何がMOPER MUSCLEだ!何が426 Street HEMIだっ!!と、ツッコミたくなるような(笑)、それはそれでなかなかクールなボックスアート。これでちゃんとしたモデルが入っていれば完璧だったのにね・・・。

・・・ところが長いことモノを蒐集するという趣味を続けていると、そうした素晴らしい逸品との出会いもある反面、時には天を仰いで「そりゃないでしょ!」と言いたくなるような迷品・珍品に出くわす事もあります。当方の場合・・・そう、忘れもしない・・・日本では入手の難しい1/43アメリカ車ミニカーを求めて、eBayの荒海に漕ぎ出したあの頃・・・。箱に収まった小さな画像と共に”Rare!! 1:43 ROAD CHAMPS PLYMOUTH ROADRUNNER”の文字が目に留まったのでした。先回ご紹介した同ブランドのダッジ・スーパービーを入手済だった当方、「おおっ、ロードチャンプスはロードランナーも製品化していたのかっ!!」と大興奮、高い海外送料も顧みず喜び勇んで即決落札したのですが・・・。手元に届いた海外からの段ボール箱を開封すると、そこから現れたのはトンデモな物でした。。。

RC_69_ROAD_RUNNER_04.jpg

RC_69_ROAD_RUNNER_05.jpg

RC_69_ROAD_RUNNER_06.jpg
↑ダークレッドボディ、エンジンフードの太い2本のストライプ、アイボリーホワイトのバイナルトップ・・・一見、クールに決まったモパーマッスルの1/43ミニカーに見えるのですが・・・。

ご覧頂いているモデルがそれなのですが・・・え?なかなかカッコいいモパーマッスルじゃないかって? いやいや旦那、良~~~くご覧あれ!!何とそれは、ダッジのスーパービーを塗装だけプリマス・ロードランナー風に仕立てた”なんちゃって”モデルなのでありました。。。いやはやまったく、ロードチャンプスは過去にご紹介したアイスクリームトラックのような味のあるモデルや、ハースト・オールズのようなマニアックな車種をなかなかの再現度でモデル化してみたかと思えば、こちらも過去ご紹介済の'69を無理矢理'70風に仕立てたマスタング・ボス302など、今時、新興の弱小ブランドでもやらないような確信犯的成りすましモデルをしれっとリリースしたりしていたのでした。。。

RC_69_ROAD_RUNNER_07.jpg

RC_69_ROAD_RUNNER_08.jpg
↑何とこのモデル、先回ご紹介したダッジ・スーパービーに、プリマス風の塗装(正確にはエンジンフードのみ)を施して発売したなんちゃってモデルなのでありました。。。大体、リアはスーパービーのシンボルマークや”DODGE”の文字がプリントされています(笑)。

・・・と言う事で、期待に胸を膨らませ、海外からのブツをを開封した時の当方の落胆と言ったら、そりゃあもう、筆舌に尽くし難いモノがあった訳ですが、、、今になってみると、このモデルを眺めていると何だか頬が緩んでしまうんですよね。とかく保守的で真面目な製品の多い1/43ミニカー界にあって、こんないい加減な代物を堂々と販売しちゃうブランドって、ロードチャンプスを置いて他にないと思うのです(笑)。過去の己の勉強不足を戒める一方、何だかんだ言いつつそれが今や結構なお気に入りの珍品と化している・・・ホント、当方にとっては愛すべきブランドでありますロードチャンプスってヤツは(笑)。

RC_69_ROAD_RUNNER_09.jpg

RC_69_ROAD_RUNNER_10.jpg
↑お堅い1/43スケールモデルの世界にあって、これほどスカッと(笑)適当なモデルを販売できるのはロードチャンプス位ではないかと・・・。そう考えるとなかなか愛すべき珍品のような気もします。。。
スポンサーサイト

Comments
 心痛、お察し致します…。
「エンジンフードのみ塗装」だけで、こじつけ変身とは…。
パッケージの写真の雰囲気からだと、期待してしまいますよね、中身を。
しかも海外からだと、当時の落胆はいかほどのものかと…。

まだ「'69を無理矢理'70風に仕立てたマスタング・ボス302」は、もしも年代の間に存在したのでは…的な妄想モデルとして許せる気がします。

しかし、購入者の知識を小バカにする様な販売姿勢のいい加減さは、なんとも…大胆。今となっては希少なメーカー、だから残念無念。

こちら、ロードチャンプスとの出会いは、トイザらスが近くに出来、当時扱っていた商品も珍しく、安価な値段もあって喜んで手にいれていました。

当時はさらに安価で手に入るロードシグネチャー(ヤットミン?)もありがたかったです。
 Re: 心痛、お察し致します…。
65〜73Mus好き過ぎる者…様

コメント有難うございます。
これ、本文にも記したように今では結構楽しんでいるのですが(笑)、当時は笑えなかったです・・・。
仰る通り、パッケージがカッコ良いので到着が待ち遠しかったのですが。。。

当方はロードチャンプスが国内に出回った当時、そこそこは押えていたのですが余り真剣に集めていなかったのです。だから、結構後悔して、後でeBay等で買い集める事になってしまいました。。。(必ずしもすべて製品が入って来ていたとも思えませんし)
気が付くと当方のブログ、ミニカーブランド別で言うとロードチャンプスが一番多いのです。我ながらつくづく変わり者だなあと思います(笑)。

それもこれもロードチャンプスがご当地ブランドとして多くのアメリカ車をリリースしていたからなのだと思います。
・・・当方は事情を良く知らないのですが、ヤトミンは最近LUCKY DIE CASTと名前を替えているようですね。
http://www.luckydiecast.com/index.php サイトを見るとロードシグネチャーの1/43ラインも継続されているようです。
 ロードランナー 1/43といえば
ご無沙汰しています。

PLYMOUTH ROADRUNNERなら
MATCHBOX COLLECTIVEのPLYMOUTH GTXが近いかもですね。
http://minicarmuseum.com/historic/era_all.php?page=2&id=7
 Re: ロードランナー 1/43といえば
毛唐様

お久しぶりです!
コメント有難うございます。

マッチボックスの'70 GTXは中々カッコ良いですよね。マッチはこの同じ金型でロードランナーも製品化していました。当方もしっかり捕獲していますので今回の特集内でご紹介する予定です。その他、某ブランドでは'71レイバンマスクを同様にGTX, ロードランナー両仕様で製品化しています。この辺りはオールズ442、マーキュリー・サイクロンと共に個人的にかなり好きなインターミディエートマッスルなので、次回以降どんどんご紹介しちゃいますよ~。

Body
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08