1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

残念、フォード日本市場撤退 ~WHITE BOX '64 Ford Galaxy Sedan

実車のオーナーでもないので偉そうな事は言えないのですが・・・やっぱり淋しいです。

WhiteBox_64_FORD_GALAXIE_01.jpg

数日前、新聞の朝刊に目を通しているとフォードの日本市場撤退を報じるニュースが・・・。せっかくマスタングに歴史上初の右ハンドル仕様が設定され、日本の税制にもマッチした2.3リッター・エコブーストエンジンも設定されたばかりだったのに・・・・。まあ、年間の販売台数が5000台前後、シェア1.5%台では無理もない話しでしょうか。マスタングやエクスプローラーなど、アメリカ車らしい車種はもちろん、フィエスタやフォーカスなどは欧州市場でも非常に高い評価を受けているのですが・・・。日本の場合、輸入車はバッグなどと同じようにブランドモノと見ている人が多いという事なのかも知れませんね。フォードやオペルのようなアメリカ資本系のブランドは厳しいのでしょう・・・。

WhiteBox_64_FORD_GALAXIE_03.jpg

WhiteBox_64_FORD_GALAXIE_04.jpg
↑シンプル&ボクシーで伸びやかなこの時代のアメリカ車らしいプロポーション、当時のフォード・アイデンティティであった大きな丸いテールランプが魅力的な1台。

・・・という事で今回はフォードへの惜別の意味も込め、アメリカフォードらしい1台をご紹介したいと思います。フォードギャラクシーは今回ご紹介する世代ではフォードフルサイズセダン系列の上級車種(翌'65からは最上級バージョンたるLTDが登場)。'60モデルイヤーに登場した世代ですが、ボディ外板は都度スタイルチェンジされて年式ごとに異なっていました。ベーシックなカスタムを含めたボディバリエーションは、2/4ドアセダン、2ドアHT/コンバーチブル、4ドアセダン/ハードトップ、更にワゴン系のカントリーセダン/カントリースクワイアと多彩なバリエーションを誇りました。同時期のGM系車種と比べるとちょっぴり古臭く、クライスラー系とくらべると実直で真面目・・・そんなフォードらしい質実剛健な感じが中々良い味わいを醸し出しているように思います(愛情を込めた表現です/笑)。

WhiteBox_64_FORD_GALAXIE_05.jpg

WhiteBox_64_FORD_GALAXIE_06.jpg
↑モデルはホワイトボックス名義で発売になった物。シンプルな造りですが、その文価格もリーズナブルになっています。日本車をメインにしたファースト43もそうですが、細密化・高額化へのアンチテーゼとしてこういう行き方もあって良いのではないかと思います。

ミニカーはホワイトボックスの1/43モデル。華やかな2ドアHT/コンバーチブルや4ドアHTではなくセダンがチョイスされているのが渋い所。なぜならば、この金型は元々海外の書店系アイテムとしてポリスカーやタクシーなどで登場済みなのでありました。高級なギャラクシーをベースとした例はポリスカーには存在したようですが、果たしてタクシーに使われた例は果たしてあったのでしょうか・・・。まあ、ベーシックグレードのカスタムとのスタイリングの差異は少ないのですが・・・。エッチングパーツなし、グリル等へのスミ入れもなしというシンプルな仕上がりですが、明るめのブルーメタリックというアメリカ車に多く見られるボディカラー、60年代アメリカ車らしい伸びやかなプロポーションで全体としての印象は悪くありません。個人的には価格がこれの2倍になってしまうくらいなら、この程度のディテールで価格を安く抑えるのもアリなんじゃないかと思います。・・・このモデルでも昔に比べたら高いのですが。。。物凄く好きな車種なら高価でも頑張って買うのでしょうが、そこそこ好きみたいな車種は高いと買えませんよね・・・。

WhiteBox_64_FORD_GALAXIE_02.jpg

最近日本でも良く目にするホワイトボックスですが・・・ミニカーそのものはイクソ系と共通のキャストが多いようです。PCT系という事かと思いますが、ホワイトボックスとしてのホームページはなく、ミニカーの外箱にはドイツのショップ(ディストリビューター?)であるModel Car WorldのURLが記載されています。全般的にシンプルな作りながら価格も低めに設定されており、高額にシフトしてしまっている物の多い1/43ミニカーの中では比較的買いやすい製品と言えそうです。前述のように書店系アイテムとして金型が起こされた車種も多く、この辺りがリーズナブルな価格の秘密と言えるのかも知れません。が、ダイキャストのモデルにはレジンとはまた別の良さがあるので、PTCの施策は大歓迎。このギャラクシーは同じホワイトボックスからイエローキャブ仕様も発売の予定になっており、今からそちらも楽しみであります。
スポンサーサイト

Comments
 こんばんは~。 ”White Box”
ホワイトボックス名義のミニカーって、実はよく知らないのですが、
Ponys41さんの写真を見るかぎり、なかなかいい感じですね~。
おっしゃるように、高くなりすぎた43スケールへのアンチテーゼとして、こういう路線もありですね。
特に今回は、フォードギャラクシーという車の性格(笑)ともマッチしていて、良い作風だと思います。
色もいいですね。
てか、写真がそもそも上手いです!!

ところで、今頃になってですが、
Ponys41さんのハンドルネーム&プロフィール写真は、
昭和41年の午年→馬→Pony→当時のMUSTANG
ってことなんですね!?
 
まさか、ビッグスリーの一雄が完全撤退とは。
私もニュースで知り、驚きました。

日本で受けるクルマが見当たらないのは事実ですが、
マーケットとしての日本が見限られたような気もして寂しい・・・
 Re: こんばんは~。 ”White Box”
celica197012様

コメント有難うございます。
ホワイトボックスのモデルの良し悪しは車種によるという感じでしょうか・・・
元々通常のイクソモデルでも波がありますが、ホワイトボックス版はコスト低減のために
細部の仕上げが簡略化されているので、基本的にプロポーションが良く、実車のイメージを上手く
捉えているキャストなら良い雰囲気を味わえると思います。
後は車種的にも面白いものが多いですが、この辺りは分冊百科の金型を活用している事も
関係しているかなという気もします。

・・・当方の写真ですが、撮影後フォトショップエレメントでいじり倒していますので、
ややドーピング疑惑気味であります(汗)。。。
http://143cuin.blog.fc2.com/blog-entry-317.html ←過去記事撮影編
http://143cuin.blog.fc2.com/blog-entry-316.html ←過去記事画像処理編

ハンドルネームですが、大体はcelica様の仰る感じです。
昭和41年の丙午(ひのえうま)年生まれで、”ポニーカー”であるマスタングが大好きなので・・・
名前の後半のS41は昭和41年の意味であります(笑)。
 Re: タイトルなし
ねこざかな様

コメント有難うございます。
アメリカ系のフォード車は、大排気量ゆえに日本では税金が高く、
欧州系の車種は良いクルマだけど日本ではブランドイメージ的に弱い感じですよね・・・。
マスタングやエクスプローラーは平行輸入でいくらでも入ってくると思いますが、
ノーマルのフォーカスやフィエスタは日本で買えないクルマになってしまうのではないかと・・・。
個人的にはフィエスタ、結構好きだったのですが・・・。

当方もねこざかなさんのご意見に全く同感で、マーケットとしての日本が見限られたという
印象を持っています。やはり絶対的なパイが小さく、先の伸び代が期待できない日本より
新興市場という事なのだと思います。GMとフォードはここ数年東京モーターショーに出展すら
していないし、フォードの動きを見てGMも追従するのではないかと心配です。
ガラパゴス化しているのは日本の市場の方なんだろうな~と思います。
 
こんにちは。

FORDの日本撤退のニュース、いつの日かディーラー物の右ハンドルのマスタングを購入する日を夢見てただけに、いまだに信じられないです(泣)。いろんな情報を見ても、今後FORDがどこかのディーラーなり商社なりと販売店契約を結ぶ可能性も今のところないそうです。

マスタングに関して言えば、現行モデルで歴代初の正規右ハンドルが発表され、今年の年末にも日本導入とアナウンスされてましたが、これも白紙撤回でしょうね。

今後の収益確保のめどが立たないという理由での撤退ですが、もう少しメーカーとして何か打つ手があったんじゃないかと思うのは素人考えでしょうか?本国との価格差を是正するとか、カラーバリエーションを増やすとか、目玉として5代目が登場した時のような廉価版を設定するとか、逆にシェルビーモデルを導入するとか・・・。

いずれにせよ、これから先日本でFORD車を所有することは、容易ではないのは間違いないですね。残念です。
 Re: タイトルなし
肥後もっこす様

コメント有難うございます。
フォードの日本撤退、本当に急な話で驚いています。ファンとしてはなんとも残念ですよね。
マスタング、エクスプローラー、フォーカスのホットバージョンなどは並行輸入で今後も
日本に入ってくる可能性が高いでしょうが、その他の車種は難しいかも知れませんね・・・・。

仰る通り、マスタングは右ハンドル、V8GTがこれから・・・というタイミングだったので、
本当に惜しいです。今年一杯は販売を続けるみたいですが、果たして入って来るのかどうか。
アフターサービスも不透明となれば買うのに勇気がいりそうだし・・・。

クラシックマスタングを扱っているショップさんや、かつての近鉄モーターズのような
しっかしたディストリビューターが扱ってくれたりしたら良いのですけれど・・・。
まあ、いずれにしても当方はクルマの使用頻度も高くないし、25年来の付き合いの相棒が居るので
マスタングを買えそうにはありませんが。。。
 こんばんは~
実はPonys41さんの s の意味が分からず、
複数形の s なのかと思っていましたが、
なんとなんと、昭和の s だったんですね~。(笑)

Pony66 あるいは '66Pony って線もありましたかね?(笑)


写真の撮影ならびに修正の記事、大変勉強になりました。
やはりこれだけ素敵な写真に仕上げられるだけの背景(ウラワザ?)がありますね!
当方の場合、普段は北京の仮住まいにて、全く手抜きですが、
ちゃんと日本に帰任した際には、参考にさせていただきます。
有り難うございました!
 Re: こんばんは~
celica197012様

コメント有難うございます。
はい、仰る通り'66を組み合わせる事も考えたのですが、ちょっぴりストレートすぎ
かな~と思って、ここだけ日本人的なヒネリを加えました(笑)。
昭和41年男であります。
ブログ名の1/43cu.in.とHNのPonys41は他の方とダブっていないか当時
ネット検索で良~く調べました。

写真の撮影や編集、改めて過去記事を読み返すと余り進歩していないな~と感じます。
思い切って背景色を変えようかなと考えた事もありますが、なかなか踏み切れません。。。

海外赴任のご苦労、お察し致します。
私の同僚にも何人か海外に行っている人がいますが大変そうですもの・・・。
無事に期間を全うされ、日本にお戻りになられる日をお待ちしております。
 
小生もフォードの日本撤退、かなりのショックを受けました!
ほんの数年前(リーマンショック直後)、所有車の一台である2009年式レクサスIS350で先代フォードエクスプローラー・エディー・バウアーを追い抜く時に口を曲げて小馬鹿にした表情で〽ディスイズマイフォード ディスイズマイフォード🎶~などと1990年代の「フォードCMソング」(むろん日本の)を唱えていた身で何を!と謗りを受けること承知で、それでもいなくなると心から寂しいというものです。
ヒトの心理に照らして「愛憎」なんて言葉もあるぐらい「愛」があるからその裏返しとして罵倒したいこともあれば貶す気にもなるわけで、思えばあの時フォードを、アメ車全般を皮肉交じりの視線で「一歩身を引いて」見ていたのも根底には「アメ車頑張れ!1990年代前半の冷戦終了直後には一度は輝いていたのに現状は何なのだ!」と情けなく残念な気持ちを覚えていたからだと自己分析できます―近隣国家の某ブランドのように「本当にどうでも良い」なら期待もその裏返しの失望もないわけだからスルーする筈です、ところが「わ~、アメ車だ、ダッセーな!」なんて視線を向けてもらえるだけでもまだまだ愛され、期待されている証左と取って頂けたでしょうか。
かくもアメ車の進退の歴史とともに歩んだフォード車、2010年以降近年ではダウンサイジングターボの採用から各種安全装備のアイデア、シャーシ設計はじめ一次安全性の徹底追求で業界をリードし、渾身作新型マスタングのバリエーション拡充を迎えて「これからだ!」と言う時期に突如の日本撤退だから驚きも強まるわけです。
もちろん昨今の自動車業界は小生如きに口出しできるほど生易しくも単純でもなく、複雑怪奇で深遠な問題に直面しているのも事実です、とあればフォードの日本撤退もビジネス上の摂理からは正論なのかも知れません。一方で昨今のフォード車は「何が必要で何が不必要か」について一筋縄の通った哲学が感じられただけに正規輸入中止後も全国並行輸入業者組合(FAIA加盟)各社がしぶとく輸入を続け、ユニークで興味深いバリエーションを適正価格で取り揃えて固定ファン層を掴み、いずれは正規輸入再開の足がかりを築いてもらいたいと願ってやみません。
 Re: タイトルなし
真鍋清様

コメント有難うございます。
当方は元々フォード贔屓なので、最近のフォード車は良いクルマが多いと思っています。
(フィエスタはかなり真剣に欲しいと思ったくらい・・・)

気になって調べてみたのですが、ここ数ヶ月の日本国内販売はGMもクライスラーも
非常に厳しい数字で、いつフォードの後を追ってもおかしくない感じです。
フォードに限らず最近のアメリカ車の実力はかつてとは比較にならないと思うのですが、
多くの日本人には未だに最悪だった時期のアメリカ車のイメージが染み付いているように思います。

日本人はアメリカ車に興味なし、アメリカメーカーには日本市場はうまみなしな状況では
致し方ない流れなのかも知れませんね・・・。

Body
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08