1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

ユルくないダンゴ虫 ~BizarRE '33 TEXACO DIAMOND T TANKER "Doodle Bug"

今回は大昔の働くクルマをご紹介します。

BizarRE_Texaco_T_Tanker_1.jpg

テキサコ・ダイヤモンド・Tタンカーは石油会社のテキサコが主体的に開発した石油タンク車です。1度見たら忘れられない強烈な個性を放つそのデザインは、インダストリアルデザイナーであるノーマン・ベル・ゲデスの事務所が手掛けたとされ、30年台以降世界的な流行となったストリームライン(流線型)を採り入れた極めて前衛的なものとなっています。様々な架装に対応するというトラックの多用途性から離れ、石油タンカーに特化した事で成立し得たカタチと言えるかも知れません。ダイヤモンド社のTシリーズトラックをベースとしているとの事ですが、駆動方式がRRであるなど、基本的なレイアウトが一般のトラックと大きく異なっており、フレームやエンジン、足回りなど、パーツ単位での流用なのではないかと思われます。

BizarRE_Texaco_T_Tanker_3.jpg

BizarRE_Texaco_T_Tanker_4.jpg
↑流線型の前衛的なフォルムに愛嬌のあるフロントマスク。こんなクルマが1930年代に開発されていたとは驚きです。

このTタンカーの愛称である"Doodle Bug"は日本で言うとウスバカゲロウの幼虫、いわゆるアリジゴクを指す事が多く、一方でダンゴムシを指す事もあるようです。ダンゴムシ自体は別にArmadillidiidaeという名称もあるのですが、テキサコのTタンカーのカタチから連想されるのはどう見てもダンゴムシの方であろうと思われます。前端のキャビン、中央の石油タンク部、リアのエンジンルームが一体化された流線型の車体は、極めてモダーンでありながらどこか愛嬌もあり、可愛いとさえ言えそうなまとまりを見せています。昔のSF映画に出てくる未来の特装車のようで、'30年代にこれだけの車両が実用レベルで開発されていたと言う事実に改めて驚かされます。

BizarRE_Texaco_T_Tanker_5.jpg

BizarRE_Texaco_T_Tanker_6.jpg
↑実車の存在自体に驚かされ、相次ぐ1/43スケールでのモデル化に驚かされ・・・テキサコTタンカーは驚きの連続です・・・。

さて、そんなテキサコのTタンカーがガチな1/43モデルで、しかも2ブランド競作で製品化されるなど誰が予測し得たでありましょうか?当方はかつてアーテル製のバンク(貯金箱)をご紹介しましたが、近年オートカルトとビザールの2ブランドからレジン製完成品として発売という、まさに驚天動地の仕儀と相成りました。2台のモデルはプロポーションや各部の仕上げに微妙な違いがあり、どちらをチョイスするか非常に悩ましいのですが、当方は実車の画像から受けるイメージに近いのはビザール製の方だと感じてそちらをチョイス。赤いホイールのオートカルトにも後ろ髪を引かれましたが、共に高価なので両方は買えません。。。お世話になっているショップさんで長年貯め込んだポイントと、7月の臨時お小遣いを駆使してどうにかこうにか捕獲しました・・・。

BizarRE_Texaco_T_Tanker_7.jpg
↑手前がビザール1/43、奥がアーテル製貯金箱です。撮影の関係でビザールの方が長く見えますが、実際はアーテルの方が少し長いです。当方は先にアーテル製の貯金箱ミニカーを入手していたので、その印象が強かったのですが、実車はもっとほっそりしていて車高は当時の乗用車と余り変わりません。アーテル製のモデルは、これはこれでトイカーとしての魅力に溢れた1台だと思います。

BizarRE_Texaco_T_Tanker_8.jpg
↑箱に関しては、これはもう圧倒的にアーテルの方が魅力に溢れています。アールデコ調のグラフィックが時代の雰囲気を盛り上げています。尚、年式の表記はアーテルが'34年型、ビザールは'33年型となっています。

BizarRE_Texaco_T_Tanker_9.jpg
↑新江ノ島水族館のおみやげコーナーから連れ帰ったダイオウグソクムシ君とスリーショット(笑)。・・・やっぱり似てますよね?

ビザールのモデルは前述のアーテル製バンクと比較するとボディが細く、やや胴長に感じられますが、言うまでもなくコチラが正規の縮尺モデル。実車の画像と比較すれば納得です(笑)。ランプ類やワイパー、ミラーなど細部まで再現され、大径のタイヤ&ホイールもリアルな仕上がり。・・・ですが、ネットで実車の画像を検索すると、ホイールはボディと同色に塗られているっぽい物が多く、この点はオートカルト/アーテル製のモデルの方がイメージに合っているように思います。尚、当方は未入手ですが、ホットホイールの"haulin' gas"というキャストがこのテキサコTタンカーを思わせるスタイルをしています。思わず赤く塗って逆カスタマイズしてみたくなってしまいます(笑)。

BizarRE_Texaco_T_Tanker_2.jpg
スポンサーサイト

Comments
 
このダンゴ虫、もう20年近く前、タンカー萌えの先達のためにアーテルを個人輸入したことがあります。イーベイもペイパルもない時代、手間が掛かった記憶が・・・。実車はスレンダーだったのですね、勉強になります。

アメリカンなバスやタンカーと言った「大物」が相次いで1/43でモデル化される・・・まっこと、いい時代になったもの。貴兄の喜悦の叫びが聞こえてくるようですww
 Re: タイトルなし
ねこざかな様

コメント有難うございます。

アーテル版、個人輸入とは凄いですね。日本では殆ど見たことがないので、当方はeBayで入手しました。
このタンカーが1/43レジン完成品で競作になるなんて、ホントに凄い事です。
高価でしたが入手できて幸せです(笑)。
一方、精密なモデルも良いですが、当方はアーテルの味わいも大好きです。
こういうモデルには独特の魅力を感じてしまいます。

・・・と、2台を並べて悦に入っていたら、TSMのGMフューチャーライナーが・・・(汗)。。。
 
何すかコレ、最高にカック良いでわないですくわ、、

ヘッドライトの付き方といい、前後フェンダーの処理と良い、極めつけは、リアの7流線型の持っていき方、、素晴らしいセンスですよねー

で、赤いダイオウグソクムシ君、、ぜひーw
 Re: タイトルなし
覆面える様

こちらにもコメント有難うございます。

このクルマ、30年代に製造されたと言うのですから驚きです。
一体フォルムのタンカー、ホントに素晴らしいセンスだと思います。
1/43近辺のウインナーモビルを入手して並べたくなります。

赤いグソクムシ君、江の水で企画してくれないかしらん(笑)。

Body
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10