1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

やっぱりご本家もね・・・ スクリーン駆け抜けたクルマ達(番外編)~2065? FAB1 From Thanderbirds

先回、実写版サンダーバードのFAB-1をご紹介したのですが・・・そうなるとやっぱりご本家を紹介しておかないと(笑)。という事で今回は、アメリカ車ではないのでスクリーンを駆け抜けたクルマ達の番外編としてお送りしたいと思います。

AMIE_FAB1_01.jpg

先回も記しましたが、昭和41年製の当方は子供の頃に民放の再放送で”国際救助隊サンダーバード”を観、アオシマのプラモデルを組み立てて遊んで育った世代。そのインパクトは強烈に心に刻みつけられ、人格形成にも多大な影響を受けているのではないかと思います(笑)。特殊装備を駆使して世界中で発生する災害から人々を救うというコンセプトは、カッコ良いメカデザインや重量感満点のリアルな特撮、バリー・グレイの勇壮なサウンド・トラックと共に脳裏に焼き付いています。そしてその劇中、サンダーバード1号~5号や救助メカに劣らぬ大活躍を見せたのがスーパー・ロールスロイス、FAB1でありました。

AMIE_FAB1_03.jpg

AMIE_FAB1_04.jpg
↑歴代FAB1の中では唯一ロールスロイス社の承認を得ているオリジナル版。パルテノン神殿を模したと言われる独特な5角形のラジエターグリルの上には、スピリット・オブ・エクスタシーのオーナメントが鎮座しています。撮影用のプロップには実際にロールスロイス社が監修した物もあったと、何処かで読んだような気がします・・・。(不確かな記憶)

FAB1は諜報活動を主な任務とする国際救助隊ロンドン支部のエージェント、レディ・ペネロープ・クレイトン-ワードの愛車であり、諜報活動のための特殊装備として前後マシンガンや、追跡車撃退用の煙幕、オイル散布装置などボンドカー顔負けの装備を誇ります。水中翼を展開しての水上航行や雪上走行もこなすスーパーマシンで、劇中何度もパーカーとペネロープを危機から救いました。ロールスロイス製の特別車で前2軸、後1軸の6輪を持ち、全長6.4m、全幅2.44mと、往年のフルサイズ・アメリカ車も真っ青の大型車であります。前傾したラジエターグリルやホイールアーチ、グラスキャノピーとなだらかに下降するトランクリッドはスピード感に溢れつつも優雅さを兼ね備え、ロールスロイスの名に恥じない優れたデザインだと思います。

AMIE_FAB1_05.jpg

AMIE_FAB1_06.jpg
↑モデルはボディがダイキャスト製、キャノピーはしっかりしたインジェクション成型の物が使われています。レジン完成品のシャープさも良いのですが、こういう構成の方が見ていても手に取っても安心感があります。

モデルは国際貿易がAMIEブランドで展開している劇中車シリーズの1台。ずっとレジン製完成品と思っていたのですが、ダイキャスト製なのですね。当方が紹介している1/43の他、1/18のラージモデルも存在します。(こちらはおそらくレジン製)精密かつ美しい仕上がりで、やや黄色味に振れた上品なピンク色のボディカラーや、ふんだんに使われたクロームのパーツ類、運転席がセンターに配置された独特のコックピット、白いパイピングの施されたレザーシートなどの内装に至るまで忠実に再現されています。1/43のFAB1といえば数々のギミックを備えたディンキー製の名作ダイキャストモデルが有名ですが、プロポーション良好で美しい仕上がりのこのモデルも傑作と言って良いのではないかと思います。・・・ただ、唯一残念なのは、車両自体は素晴らしいのですが、乗車しているパーカーとペネロープ嬢が、「誰?」ってくらい似ていない事でしょうか。。。

AMIE_FAB1_07.jpg
↑フォード好きの当方が言うのもなんですが、やっぱりペネロープ嬢にはロールスロイスこそふさわしいです。ピンクのボディカラーにしても、オリジナルは落ち着きと気品に満ち溢れていますね。

さて、このスーパー・ロールスロイスの名称である”FAB”の意味は、ペネロープ嬢がかつて所属していた諜報組織=Federal Agent Bureauの略だとも、”素晴らしい”や”いかしてる”を意味する”Fabulous”の短縮版だとも言われています。(本国版の無線通信で「了解」といった意味合いで使われる”FAB”はFully Acknowledged Broadcastの略という説も・・・)彼女が所有する乗り物としては他に大型クルーザーのFAB2があり、現在NHKで放送されているリブート版の22話にはFAB0なる物も登場するのですが・・・。このFAB0については次回詳しく記したいと思います(番外編はまだ続くのか!?)

AMIE_FAB1_02.jpg
スポンサーサイト

Comments
 
新旧揃い踏み、劇中車萌えの当方にとっては、お腹いっぱいな企画です。
眼福まことにありがとうございました!次回も楽しみです!!

実車版がフォード・サンダーバードのリスペクトとは、気付きませんでした。
大人の事情&語呂合わせの登用、個人的には大受けでありますww
 Re: タイトルなし
ねこざかな様

コメント有難うございます。
ホントはAMIEとディンキーのそろい踏み・・・と行きたい所なのですが、
やっぱりなかなか手が出ないですね。。。
キャラクター系のミニカーは絶版物の中でも別格のプレ値になってしまうので・・・。

実写版はさすがにロールスとフォードではなかなか厳しいです。
せめてリンカーンだったらとも思いますが・・・やっぱりオリジナルに敬意を
表するなら何かしら英国車にすべきだったのではないかな~と思います。

アメリカ車ご紹介から離れていますが、ここまで来たら次回は・・・!?
 
どもども、毎度ですー(⌒∇⌒)ノ

やつぱりコレですよねー、いよいよ出ましたって感じで、最高でありますよねー

ディアゴスチーニの1/43モデルよりも、コッチの方が決定版だと思います。
 Re: タイトルなし
覆面パーカーw様

はじめまして(笑)。コメント有難うございます。
フォード・サンダーバードからの流れで無理やりオリジナルFAB1まで
ご紹介しましたが、そうしたくなるぐらい素晴らしいモデルですよね・・・。

ただ、クルマは素晴らしいのですが乗っている2人はどうも・・・。
えるさん・・・もとい、パーカーw様は過去に両方のモデルを紹介されていたと
思いますが、ペネロープとパーカーはどちらが似ていたのでしょうか?
 
はじめまして

Corgi のグレイハウンドバスを検索して、こちらに辿り着きました。

記事のペネロープ号、私はコナミ等の小スケールものしか持っておりませんが、AMIEは実際にショップで見たことがありますが、人形以外は良さそうですね、他には天賞堂製もあるようですが。撮影用プロップの複製もなかったでしょうか?

ご存知かもしれませんが、サンダーバード、キャプテンスカーレット、ジョー90には、実際の撮影に、当時のマッチボックス、コーギー、ディンキーが使われていますね。以下のサイトを参考にして、オクや中古ショップで集めて見たことがあります。

http://lester.demon.nl/superm/tbirds/usedcars.html

サンダーバードの劇場版で使われていたものの一部は漏れがあるようですが。

 Re: タイトルなし
TB Fan様

はじめまして。
コメントを頂き有難うございます。

このブログはアメリカ車の1/43モデルが中心で、フォードでないサンダーバード
はどちらかと言うと番外編なのですが、国際救助隊のサンダーバードも大好きなので
こじつけでご紹介してしまいました。本当はディンキーの名作も入手したいのですが、
コンディションの良い物は非常に高いのでかなり難易度が高そうです。

ITC作品の撮影にマッチボックス等のミニカーが使われていた事は当方も知っております。
子供の頃からアメリカ車好きだった当方は、ポンティアックGTOやシボレー・インパラが
気になっていました・・・。

検索元のグレイハウンドバス、コーギーの他にアシャットの海外分冊百科の1/43モデルも
ご紹介しています。働くクルマでソートして頂ければご覧になれると思います。
よろしかっったらまたコメントでお立ち寄り下さい。よろしくお願い致します。

Body
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08