1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

(勝手に)クリスマス恒例 2016年私的ベストモデル

今年ももう、この時期になってしまいました・・・。

Christmas_2016_01.jpg

・・・あっという間にクリスマスであります。ブログ開設初期にはたまたま所有していたクリスマス仕様のミニカーをご紹介したり、クリスマス絡みの映画に因んだ劇中車を自作したりといった事をしていましたが、ブログのためにミニカーを買う事はしたくなかったし、モデル製作は甚だスローペースなためその後はネタ切れ。苦し紛れに始めたその年に購入した中からの私的ベストモデルご紹介が当ブログの恒例行事となりました。なので今年もワンパターンで行ってみたいと思います。26年はベスト3のご紹介、ただしそれぞれ1台ではなくテーマに沿った複数台のご紹介です(ズルい)。それではさっそく第3位から・・・。

●第3位・・・スパークFORD GT Mk-Ⅱ'66ルマン 1-2-3フィニッシュ3台

Christmas_2016_02.jpg

Spark_Ford_GT_Mk2_1st_01.jpg

Spark_Ford_GT_Mk2_1st_02.jpg

Spark_Ford_GT_Mk2_2nd_01.jpg

Spark_Ford_GT_Mk2_2nd_02.jpg

Spark_Ford_GT_Mk2_3rd_01.jpg

Spark_Ford_GT_Mk2_3rd_02.jpg

3位は同じスパークのシェルビーGT350及びGT350-H(ハーツ仕様)と大いに迷ったのですが・・・。やはりヒストリーの偉大さを鑑みると、僅差でコチラに軍配が上がりました。'66年のルマンでフォード悲願の初優勝を1-2-3フィニッシュで飾った3台。ブルース・マクラーレン/クリス・エイモン組のカーNo.2(#1046号車)、パレード走行ゆえの悲劇2位ケン・マイルズ/デニス・ハルム組のカーNo.1(1015号車)、健闘3位ロニー・バックナム/ディック・ハッチャーソン組のカーNo.5(1016号車)。GT-Mk2は過去にご紹介のイクソに夥しいバリエーションがあり、ミニチャンプスも1部製品化していますが、1位~3位が揃っていて、かつプロポーション&フィニッシュにより優れるスパークの製品群はやはり嬉しいです。今年は久々にルマン復活を遂げた新世代フォードGTが初挑戦にしてクラス優勝&全車完走という快挙。その仕様のモデルもTSMから発売予定。来年も楽しみです。

●第2位・・・働くクルマ2台、ビザールダイヤモンドTタンカー&TSM GMフューチャーライナー

Christmas_2016_03.jpg

BizarRE_Texaco_T_Tanker_3.jpg

BizarRE_Texaco_T_Tanker_4.jpg

TSM_Futurliner_03.jpg

TSM_Futurliner_04.jpg

いやはや、今年は大好きな働くクルマ2台が相次いでレジン完成品で発売されるという驚天動地。嬉しい悲鳴を通り越し、財政的には阿鼻叫喚の大惨事でした。。。1台はビザールから発売されたテキサコ・ダイヤモンドTタンカー、通称"Doodle Bug"。1933年に製造されたストリームライン(流線型)の極めてユニークなスタイリングが印象的です。そしてもう1台はTSMから発売になったフューチャーライナー。GMがパレード・オブ・プログレスのために製造したプレゼンテーショーン展示ステージ車両。コンボイを組んでアメリカ・カナダ各地を巡業しました。こちらも初製造が'39~'40年とはにわかに信じがたい前衛的なデザイン。この2台を見ているとこの年代のアメリカは技術的に世界の最先端にいたのだなと思います。

●第1位・・・???

さて、栄えある今年の私的ベストモデル第1位は・・・・!?

Christmas_2016_04.jpg

カバヤ世界の神話シリーズから、ユニコーンのフィギュアです!!!・・・・・・・・・???





・・・すみません。ウソをつきました(笑)。





Christmas_2016_05.jpg

捕獲が極めて困難な伝説の生物ユニコーン。ミニカーコレクターである当方にも中々捕獲出来ないモデルがありますが、今年はそんな1台を捕獲する事に成功しました。それが何かは・・・あまりに嬉しかったので出し惜しみ(笑)。次回、今年最後の更新としてご紹介したいと思います。・・・ですが、極めて私的な好みのため日本では殆ど知られていないモデルです。これが1位?と、言われてしまうかも知れませんが、あくまで”私的ベストモデル”なので悪しからず・・・。数日中にアップの予定です。


↑日本ではただのお祭りのようになってしまっているクリスマス。本来はもっと厳かなものです。しっとりとしたレナ・ホーンの”Have Yourself A Merry Little Christmas"をどうぞ・・・。
スポンサーサイト

Comments
 
ブログのため・・・というか、ネタのために生きているような気がする猫でつ。
生きながらネタに葬られ、てか(汗)

Tタンカーとフューチャーライナーが、同縮尺で揃い踏みするなんて、
本当にいい時代になったものですね。あらためて眼福多謝!

ユニコーンで前振り・・・トリを飾るのは、ユニコーンガンダムに違いない(爆)
 Re: タイトルなし
ねこざかな様

コメント有難うございます。
いえ、ねこさんはしっかりとした価値観を持ってコレクションを
されていると思います。ブログをリンクして頂いている皆さん、
それぞれにこだわりを持ってコレクションされていて素晴らしいです。
この趣味は何に価値を見出すかは個人の自由な世界ですから・・・。
当方の方便はネタ切れを誤魔化ものであります。。。

Tタンカーとフューチャーライナー、どちらも本当に素晴らしいモデル
で嬉しい限りです。・・・も少しリーズナブルだったら更に良かったですが(汗)。
トリは・・・当方の価値観が遺憾なく発揮されたブツです(笑)。
 カッコ良いです。
いやいや素晴らしい‼︎
Ponys41さんらしいモデルカーなので、とても興味深く、拝見しました。
マニアックなFORD GTとバス?
良いです〜^_^
 Re: カッコ良いです。
kenken様

コメント有難うございます。
当方はどちらかと言うと量産市販車が好きなので、KenKen様好みの
レーシングカーが少なくて申し訳ありません(笑)。

それでもフォードGTはやっぱり特別な存在なので以前の特集以降も
気になるモデルは購入を続けています。
(きりがなくなるので原則ルマン関連に限定していますが・・・)

働くクルマの方は石油タンカーと、イベントの展示物の運搬・展示
を行う移動技術展示カーといった感じでしょうか。
この2台の購入にあたっては「家庭内」で借金を作ってしまい、
現在も返済中です。。。

素晴らしいモデルも立て続けに発売されると困ってしまいますよね(笑)。

Body
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08