1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

酉年ファイアバード特集; いきなり'77年へジャンプ! ~MOTOR MAX '77 PONTIAC FIREBIRD

・・・酉年ファイアバード特集、先回の'70年型からいきなり'77年型へジャンプです。。。

MotorMax_77_Firebird_01.jpg

前回、前々回と2代目ファイアバードの初期モデルをご紹介しました。'71~'73年型までの間はスタイリングに大きな変化は見られませんでしたが、'74年型ではフロントマスクがスラントノーズになり、テールランプが横長のやや大型な物に変更されました。更に翌'75年型ではリアガラスが側面に回りこんだラップラウンドタイプになり、'77~'78年型は日本ではイーグルマスクと呼ばれる角型4灯ヘッドランプに変更されました。そしてモデル最終期の'79モデルイヤーにはフロントマスク、リア周りに再びフェイスリフトが施され'80年型まで継続、長いモデルライフを全うしました。オイルショックと排ガス規制でエンジンパフォーマンスは年々低下する中、健闘していたと言えると思います。

MATCHBOX_74_Firebird_001.jpg

MATCHBOX_74_Firebird_002.jpg
↑丸型2灯ヘッドランプ+スラントノーズの'74~'76は当方の知る限りでは1/43でのモデル化に恵まれていません。なので手持ちのマッチボックス製小スケールモデルでフォローしておこうと思います。こちらは丸2灯ヘッドランプ+スラントノーズ+ラップラウンドしていないリアガラスから'74年型と思われます。クロームメッキのインテリア、オレンジ色の窓ガラスなど、一時期のマッチボックステイストに満ちています。

MATCHBOX_79_80_Firebird_001.jpg

MATCHBOX_79_80_Firebird_002.jpg
↑マッチボックスのモデルは後年金型変更され(?)、'79~'80モデルに変身。フロントマスクとテールランプ周りは変更されましたが、サイドに回りこんだリアガラスまでは手が廻らなかったようです。。。赤の内装、クリアなウインドーと、少しリアル志向に戻っているのが興味深いです。

MATCHBOX_Firebird_01.jpg
↑箱によるとマッチボックスのファイアバードは'74がNo.4、'79~'80がNo.16となっています。それにしてもNo.16はなんで背の高い箱なんだろう?

最大のライバルたるマスタングが'74年に大胆な小型化で方向転換を図ったのに対し、GMのカマロ/ファイアバード連合は基本的に同じボディシェルをアップデートさせながら製造・販売を継続し、長寿を全うしたのは興味深い所です。中期の丸2灯ヘッドランプ+スラントノーズのスタイリングも中々に魅力的なのですが、当方の知り得る限りでは残念ながら1/43モデルは存在していないのではないかと思われます。(プルバックのトイカーなどが存在している可能性は否定出来ませんが・・・)その点、兄弟車のカマロはスパークやNEOが中期モデルを製品化しているのとは対照的です。グリーンライトが映画”ザ・ドライバー”仕様なんかを製品化してくれると嬉しいのですが・・・。

MotorMax_77_Firebird_03.jpg

MotorMax_77_Firebird_04.jpg
↑日本でもイーグルマスクの通称と共に人気の高い'77~'78トランザム、トランザム7000など映画での活躍も少なからず影響しているのではないかと思います。

今回ご紹介するミニカーはモーターマックスの安価な製品。当方が入手したのはミニカー単品のモデルですが、実はこのモデルは元々は映画”アダルトスクール(原題:Old School)”の劇中車として企画され、同作品のシーンを再現したジオラマとセットでも販売された物です。”Reel RIDES”と銘打ったシリーズで、当方は過去にユージュアル・サスペクツ仕様のダッジ・ディプロマットポリスカーをご紹介しています。他にグリースの'48フォード2種類、レインマンの'49ビュイック・ロードマスター、ロボコップのフォード・トーラスポリスカーなどがありましたが、残念ながらそれ以降のリリースはなかったようです。同シリーズのジオラマケースは非常に場所を取るのと、アダルトスクールと言う作品は未見だったので当方はスルーしていました・・・。

MotorMax_77_Firebird_05.jpg

MotorMax_77_Firebird_06.jpg
モデルは元々モータマックスが”Reel RIDES”シリーズとして劇中車のジオラマ付きモデルを企画した際に誕生した物。当方が入手したのはモーターマックスが通常の1/43モデルとして販売したうちの1台で、ごく安価に販売されました。

モデルの仕上がりは低価格の製品なのでそれなりですが、プロポーションはそれほど悪い物でもないと思います。日本でも人気の高いイーグルマスクは1/43でも比較的製品化に恵まれた車種ですが、このモデル以外はホワイトメタルやレジン製の高価な物ばかり・・・安価に手に入る1/43としては貴重な存在と言えるかも知れません。キラキラの樹脂メッキのホイールやタイヤをグレードアップしてあげればもっと印象が良くなるような気がします。尚、グリーンライトが1/43の劇中車シリーズでトランザム7000仕様の'77年型を製品化する予定のようなのですが、金型を新作するのか、何かを流用するのか・・・とても気になる所です。劇中車はTバールーフじゃないといけないし・・・。

MotorMax_77_Firebird_02.jpg
スポンサーサイト

Comments
 
どもども、こばわー、、と云うより、すでにおはようの時間w
で、マッチボックスのゴールドボディは初めて見ますた、、ブルーメタばかりですものねー
あと、一瞬、サクラペットかと思いましたけど、これ、モーターマックスなんですねー
とってもステキであります。
 Re: タイトルなし
覆面える様

コメント有難うございます。
マッチボックスのファイアバード、長年所有して来たにもかかわらず、
今回記事にするまで、ゴールドのリアウインドウ形状が実車と異なる事に
気付いていませんでした。。。元々デフォルメが強めなので気付かなかったのかも・・・。

イーグルフェイスの'77~'78トランザム、1/43ではウエスタンモデルスの
ホワイトメタルとか、オートワールドやBOSモデルのレジン完成品など、
高価なモデルばかりなので、モータマにもそれなりの価値があるように思います。
 
わーい、マッチボックスだっ!
でも、私も、ゴールドの79-80型は持ってなかったと思う(汗)
早急に入手しなければならない目標ができました!

スーパーファストで、ほかにも実車に合わせて金型変更した例、
御存知でしたら教えてくださいませ(他力本願寺)
 Re: タイトルなし
ねこざかな様

コメント有難うございます。
ゴールドのトランザム、知識があった訳ではなく、たまたま店頭で出会って入手した
だけなのであります。確かまだ駒込にあった頃のガリバーさんだったと思います。
この低いボディで何故背の高い箱なんでしょうね・・・。

別の車種の金型改修、余り思い浮かばないですが・・・。44番のボスムスタングと
10番のピストンポッパー、32番のヴァンタスティック辺りはどうでしょう?
44番と10番&32番はシャシーは異なります。(ヘッドランプの大きさが違います)
・・・って、実車に合わせた改修じゃないですね。。。同時期の別金型でしょうか???

Body
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08