1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

酉年ファイアバード特集; 第2世代最終形 ~ YatMing '79 Pontiac Firebird Trans Am

さて、2代目ファイアバードのモデル紹介も終盤です。

YatMing_79_TRANS_AM_01.jpg

年頭からお送りしている酉年(とりどし)ファアバード特集。ようやく第二世代の終盤に差し掛かりました。気が付けば早6月、うかうかしているとこの先何月まで掛かるやら・・・。本当は「酉年サンダーバード特集」もやりたいのですが、こんなペースでは年内に終われるかどうか。。。気を引き締めていってみたいと思います。・・・それにつけても2代目ファイアバード、歴代を並べると言う意味ではスラントノーズ+丸目ヘッドライトの中期モデルの1/43が欲しい所。出来れば高価なレジン完成品ではなく、安価なモデルでどこか製品化してくれると良いのですが・・・。

YatMing_79_TRANS_AM_02.jpg

YatMing_79_TRANS_AM_03.jpg
↑角型ヘッドランプを1灯づつノーズに埋め込んだようなデザインになった'79~'81ファイアバード、左右がつながったテールランプ共々、大胆で中々カッコ良いと思ったものです。

'77年型で流行の角型4灯を取りれたファイアバード、先回ご紹介したこの年式は日本でもイーグルマスクと呼ばれて人気がありました。'79年型ではこの世代最後となる比較的大きなフェイスリフトが行われ、'77~'78でポンティアック伝統の左右2分割グリルに収められていたヘッドランプは、1灯づつ独立してグリルレスのマスクに埋め込まれたようなカタチになりました。また、テールランプも左右がつながって見えるようなデザイン処理になりました。これはこれで当時は斬新でカッコ良いと思ったものですが、後年の人気はイーグルマスクの'77~'78の方が高いようです。やはり、左右分割グリルにポンティアックらしさが感じられるからでしょうか・・・。

YatMing_79_TRANS_AM_04.jpg

YatMing_79_TRANS_AM_05.jpg
↑ブラックのボディとゴールドのアクセント、Tバールーフと来れば、どうしてもトランザム7000シリーズを連想してしまいます。この779年型は2作目でバンディットの愛車として登場しました。

モデルはヤトミンの1/43ダイキャストモデルで、今年の初めにご紹介したシルバーの10thアニバーサリー仕様の色違いとなります。こちらはトランザムと言えばイメージするブラック+ゴールドグラフィックの仕様で、ディティールは異なりますがバートレイノルズ主演の人気シリーズ2作目”トランザム7000VS激突パトカー軍団(原題:Smokey and the Bandit II)”劇中車を連想させる定番カラーですね。年頭の記事でも記したのですがイーグルマスクと呼ばれる'77~'78が1/43でも割とモデル化されているのに対し、ラストモデルの'79~'81はこのモデルくらいしか思い浮かびません。グリーンライトのKILL BILL劇中車仕様も基本的にはこの金型ではないかと思います。(未入手・未確認)

YatMing_79_TRANS_AM_06.jpg

YatMing_79_TRANS_AM_07.jpg
↑とにかく1/43モデルとして貴重なヤトミンの'79年型トランザム。安価なモデルで仕上がりはそれなりですが、ブラック&ゴールドの定番カラーが嬉しい1台。

ヤトミンのこのモデル、現在ではブランド名(会社名?)をラッキーダイキャストに変更して存続、ボディカラーはホワイト、ゴールド、マットブラックとなっているようです。ヤトミンが吸収されたのか、ブランドが売却されたのか詳細は分かりませんが、ロードシグネチャーなどシリーズ名は継承されているようです。最近、(日本ではあまり見掛けないような気がしますが・・・。)このトランザムのみならず、他で製品化されていない車種が1/43で色々と揃っていて、価格も安価なので有難い存在です。最近、純粋な新製品が少ないのが残念な所です。
スポンサーサイト

Comments
 「ハンター」
これはフードのファイアーバードが初期のシンプルなデザインですね。
79トランザムといえばスティーブ・マックイーンの遺作「ハンター」でのトウモロコシ畑のトラクターとのカーチェイスが忘れられないですね。カッコイイ車だけに この映画での扱われ方は酷かった。当時新型車だったので何か恨みでもあるのかな?と思ったほどでした。
 Re: 「ハンター」
R&Rf様

コメントありがとうございます。
ハンターはスティーブ・マックイーン演じる主人公が運転が下手という
設定だったでしょうか。時に自らスタントドライブをこなしたマックイーン、
晩年にして何か思うと所があったのかも知れませんね・・・。

マックイーンと並ぶ大スター、ジョン・ウェインが珍しく現代劇で刑事を
演じたマックQにも2代目ファイアバードが登場しますが、
2台のトレーラーに挟まれてスクラップにされていました。

映画では、マスタングなどと比べると可愛そうな扱いをされる事も多いように思います。
 ラッキーダイキャスト
ラッキーダイキャストでは、このトランザムだけ持っています。
他の車種は買っていません。
何故なら、
他のポルシェなどはヘッドライトがメッキ仕様なんですよね・・。
43ではやはり透明プラパーツでないと・・。

いずれにしても、
リーズナブルな価格で期待していたラッキーダイキャストですが、
その後、新しい車種が出ませんね・・。
 Re: ラッキーダイキャスト
celica19701様

コメント有難うございます。
何気にラインナップにアメリカ車が多いので、当家には比較的多く
生息している旧ヤトミン=現ラッキーダイキャストですが、
仰る通り新製品がなかなか出ませんね・・・。

ビュイック・リビエラなど比較的新し目の製品は結構頑張っているので、
続けて新製品をリリースして欲しいところですが・・・。
流石に既存製品の色変えばかりでは厳しいと思います。

全般的に価格が高騰している1/43においては、リーズナブルなモデル
というのも、それはそれで存在価値があると思うのですが・・・。
マキシチャンプス等もそうした流れではないでしょうか。

Body
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08