1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

夏から秋にかけてクルマ映画2本

1週サボった上に今回はミニカーなしです。。。(夏休み/笑) 夏から秋にかけて、気になるクルマ絡み映画が2本あるのでご紹介したいと思います。

●ベイビー・ドライバー(原題:Baby Driver)



先ず1本目は8月19日から公開になるベイビー・ドライバー。アンセル・エルゴート演じる主人公は子供の頃に交通事故の遭い、それ以来耳鳴りに悩まされていますが、音楽を聴くとそれがかき消され、同時に凄腕のゲッタウェイ・ドライバーになるという設定です。ある日運命の女性と出会い危険な稼業から足を洗う事を決意するものの、許される筈もなく彼女を人質にとられ・・・

予告編を見た感じではテンポの速いスリリングな展開が期待出来そうです。カーチェイスシーンはコンピュータによる画像処理は最小限に抑えられているようで、カメラアングルや撮影、編集でカッコ良く見せる当方好みのタイプのの可能性大。そうそう、ゲッタウェイ・ドライバーモノの傑作といえばライアン・オニール主演の”ザ・ドライバー”ですが、その監督であるウォルター・ヒルがどうやら本作にカメオ出演しているみたいです。ケビン・スペイシーやジェイミー・フォックスなど、名の通った俳優も出演している本作ですが、日本では上映館数が少ないようなので要注意です。


↑公開前に作品の1部を観たくない人はご注意!!冒頭のインプレッサWRXによるチェイスシーンです。

作品の公式サイトはコチラ
  
 
●スクランブル(原題:OVERDRIVE)



そして2本目の作品はクリント・イーストウッドの息子で、先頃ワイルド・スピードシリーズ最新作のアイスブレイクにも出演したスコット・イーストウッド主演の”スクランブル”。公開は9月22日(金)の予定です。ヴィンテージカーを専門に狙う自動車窃盗団であるフォスター兄弟は、狙ったブガッティの強奪に失敗。しかもそれを落札したのがマフィアのボスだった事から囚われの身に・・・。命を助ける条件として、敵対するマフィアのボスからフェラーリ250GTOを強奪する羽目に陥り・・・。

フランスを舞台にした作品で監督は”96時間”のピエール・モレル、脚本などに”ワイルドスピード”の関係者が居るようです。ワイルド~シリーズが余りにも巨大スケール化してしまっているので、もう少しリアル方向に振ったものだとそれとの違いが明確に出るようにも思いますが・・・数人の仲間でミッションを遂行する感じはリメイク版の”ミニミニ大作戦”にも近いものを感じます。はてさてどんな作品に仕上がっている事か。楽しみにしたいです。

作品の公式サイトはコチラ
 
 
・・・そうそう、クルマ絡み映画ではないですが、コチラも気になりますね・・・。


↑ブレードランナー2049

作品の公式サイトはコチラ
スポンサーサイト

Comments

Body
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

123456789101112131415161718192021222324252627282930 09