1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

DINKY TOYS '68 Mercury Cougar

Dinky_cougar_ft Dinky_cougar_rr


初代マスタングが大ヒットすると、他のメーカーも続々とスペシャリティーカーを投入してポニーカーブームが巻き起こりました。GMは'67年にカマロ/トランザムを、AMCは'68年にジャベリンを、そしてクライスラーは本格参入としては'70年にバラクーダ/チャレンジャーをそれぞれ市場に送り出しています。フォード社自身もマスタングの成功をより上級のマーキュリーブランドに再現しようと目論みました。こうして世に出たクルマが今回ご紹介するクーガーです。マスタングをベースとしながらホイールベースを3インチ延長、全長も伸ばして高級パーソナルカー的な性格を持たされていました。コンシールド(格納式)ヘッドランプの顔付きが特徴的です。GT/XR7の2グレードでスタートし、'69年にはより高性能なモデルとしてエリミネーターが追加されています。エンジンは302/390/428cjが選択出来ました。・・・いつも思うのですが、マッスルカーのグレード呼称ってハッタリが利いてて大好きです。(笑)


ミニカーはディンキー製で、標記はありませんが前後フェンダーにサイドマーカーを装備しているので'68年型と思われます。測ってみたわけではありませんが1/43よりもやや大柄で、これは実車の伸びやかなプロポーションをイメージ的に表現しているのだろうと解釈する事にしました。ドア開閉の他、床板のスライドレバーでアンテナが上下する機構が装備されています。(格納はともかく上昇は余り上手く作動しないのですが・・・。)


絶版品として購入しましたが、その時点でラジエーターグリル・サイドシル・バンパー・テールランプ一体の床板に白錆が発生していました。長年そのまま保管してきましたが、今回の撮影に際し意を決して分解し、非鉄金属用錆落とし剤・クリーム状の金属磨き剤にてレストアを行いました。いわゆるミントコンディションとは言えませんがスッキリ綺麗になりました。今後手放すつもりもないし永く良い状態を保つためには良かったのではないかと思っています。


(追記;上記と同じ様な事を試そうとお考えの方は個人の責任にてお願い致します。大事なお宝品の損害に関して、当方は責任を負えませんのでよろしくお願い致します。


Dinky_cougar_w_mb_8


先回のマスタング同様、手持ちの1/64モデルと並べてみました。マッチボックス製で前輪ステア機構を備えた初期のモデルです。このクーガー、ディンキー、コーギー、マッチボックスとイギリスのメジャーメーカから製品が発売されています。また、”007ダイヤモンドは永遠に”ではアメリカ車として初めて主役級の活躍をしました。アメリカはもとよりイギリスで人気の有ったクルマなのでしょうか?・・・。

スポンサーサイト

Comments
 No title
未塗装部品の酸化は、ほんと悩ましい問題です。普通に保管していても錆がでちゃいますし・・・錆落とし剤、有効なのですね。御教授ありがとうございました!
 No title
お久しぶりでございます。
現代の車では見ることのできない、コンシールドヘッドランプの車ですか。
幼少の頃、この手のミニカーで「あれ?ヘッドランプが無い…」などと勘違いした記憶があります。

それにしても、錆が発生していたとは思えない程に綺麗に見えますね。
私も参考にさせて頂きます。
 No title
ねこざかな様 尾羽さま

いらっしゃいませ。
まとめてのご返答で申し訳ありません。
お二人から白錆落としに関してコメントを頂いたので少し詳しく記してみます。

私のクーガーの場合、ラジエーターグリル等、太さが変わって見える位のサビ具合だったのでダメ元で試してみました。先ず液体の錆落とし剤で錆を落とし、クリーム状の金属磨き剤(これも商品名は”サビ落し”でしたが・・・。)で仕上げるというプランだったのですが・・・。

結果的にはかなり苦労しました。液状のサビ落とし剤はショワワ~っと泡立つ位激烈な反応があります(そして臭い!)ので、カシメなど分解できない構造のミニカーにはお使いにならない方が良いと思います。サラサラの液体なので毛細管現象でいろんな所に廻って収拾がつかなくなりそうです。私の使った製品は液体をスプレーしてしばし後、ブラシ等で磨きながら水洗いしなければならなかったので尚更です。恐ろしくて試せませんが塗装にも悪影響があるのではないかと思います。仕上げに使ったクリーム状の金属磨きだけで済めばそれに越した事は無いと思います。

どちらもステンレス・アルミ・トタン等、非鉄金属に対応した商品をチョイスする事がポイントです。以前、実車のサビ落とし(つまりサビが出るような旧いクルマに乗ってるってコトですが。。。)のために買った鉄用の製品を試した所、亜鉛合金のミニカーは黒く変色してしまいました。

また磨き剤もラジグリ等、細かくて深いディテールの部分は完全には磨き切れないケースも有ります。大事なお宝を台無しにされぬよう、製品の説明書を良くお読みの上、先ずは失敗しても惜しくないようなジャンクミニカーでお試しになることをオススメします。・・・後はひたすら磨く忍耐力と集中力の勝負です。(笑)

Ponys41
 No title
お~、箱絵は赤なのに中身は青、
う~ん残念だなぁ…。←価値判断が間違ってるw

冗談はさておき、レストアは私もやりまくってますがw、
サビ落としにはピカールを使ってますね~。
1980年頃、横浜の某ショップでそれを勧められ、
プロが使ってるなら間違いなかろうと信じたんですが、
やはり研磨剤が入ってるんで、多少は色オチしますね。
それを逆手にとってちょっと荒れた塗装面を
キレイにすることには使えますが、当然メッキにはダメで、
まぁやはり適材適所って感じです。

それから、ちょうど一週間前に都内の某ショップで、
例の女王陛下バージョンの1/43マーキュリー見つけましたよ!
で、買おうと思ってよく見たら、あちこちボコボコなんで止めました…。
不良品って訳じゃなくて、懲りすぎて、
劇中のダメージまで再現してるんですよ…。
また不幸なことに、あったのがジオラマ付きの奴で、
5000円したんで、気軽には買えなかった…_| ̄|○
中身だけ1000円ちょっと版だったら、買ってたんですけどね。
で、そっちが売ってる店に回ったらありませんでした…。
あのシリーズ流通が不安定だから困りますよねぇ…。
 No title
fziro様

いらっしゃいませ。
写真が小さいので判りにくいですが、箱にシールが貼ってあって"COLOR OF MODEL MAY DIFFER FROM ILLUSTRATION"って書いてあります。(笑)

ピカールは私も愛用してます。今回DIY店(死語?)で発見できず、クリームタイプの別の物を使いましたが結果は上々でした。(余りにもサビが酷かったのでちょっと手荒な方法に出ました。。。)このディンキーのモデル、シャシーは白サビだらけでしたがボディは40年近くを経た今もナカナカのコンディションです。保存が悪いと10年を待たず塗装が劣化する最近のミニカーに爪の垢を煎じて飲ませたい位です。簡単に分解、メンテ出来るのも古のミニカーの美点でしょうかね。最近のはパーツが瞬着で固定されてますから・・・。
未塗装部分は800~1500番くらいのペーパーを掛けて、その後コンパウンドで磨くっていうのもやった事あります。本当は非鉄金属用のプライマーを吹くと良いのかもしれませんが、黄変等が怖くて踏み切れません。まあ金属だし、曇ったらまた磨けば良いかな~などと思っています。・・・そうそう、貴金属用の研磨剤入りクロスも結構使えます。

女王陛下~のモデル、実は当方はケース付きで入手しちゃいました。。。海外のオクだったので国内よりは安価に入手出来ましたよ。近々に黒いテールフィンのベンツ(ビテス製)と共にご紹介しようと思います。・・・でもその一方で皆さんの連動に乱入したい気持がフツフツと・・・(笑)

Ponys41
 No title
スカイライナーが発表されました。なんで鉄道会社って建築家とかファッションデザイナとかに頼むんだろうな?デザインを。カッコいいんだか、なんだか解らない。期待してたんだけど。目がなれるかな?しかし北総線つかうんじゃ運賃倍じゃすまないな(-_-;)、ミニカーに話題をまとめようとしたけど無理だった。
 No title
aoto様

いらっしゃいませ。
工業デザイナーじゃない人が手がけた工業製品って、工業デザイナーが思いつかない視点で創られて独特な魅力を放つ物と、ど~~~しようもない物とに分かれるような気がします。
スカイライナーはスケッチを見る限りカタチはまとまっているように感じました。カラーリングはやっぱり工業デザイナーとは一味違うセンスのように思います。

・・・後は実物を見てみないと何とも言えないね~。私鉄の路線で160km/h運転って、大丈夫なのかな?。(スピードに命を掛ける京急も真っ青だ!)今回のお題のクーガーみたいな現行スカイライナーのコンシールドヘッドランプは継承されるんですかね~?・・・って無理矢理ミニカーにこじつけてみた。(笑)

Ponys41

Body
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10