1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

Brooklin Models '68 Mustang GT

Bm_mustang_ft

Bm_mustang_rr


続いて'68年型のマスタングをご紹介します。前年に大幅なスタイルチェンジを行ったので外観に大きな差異は見られません。米国の交通法規の改正に伴い、前後フェンダーにサイドマーカーランプが装備されるようになりました。同時にエンジンフードにもウインカーランプが装備されましたが、この機能的意味は?・・・ドライバーのためならインパネで充分な気がするし・・・。法規改正をファッションとして取り入れたのかもしれませんね。その他ではボディサイドのエアインテーク風の部分やリアパネル等クルマのマイナーチェンジとしては珍しくシンプル化する方向で変更されており、個人的には'68のスタイルは大好きです。(・・・まあ、映画”ブリット”ですっかり洗脳されているからかもしれませんが。。。)


画像はブルックリン・モデルのホワイトメタル完成品。'50sのクルマの製品が多い同社では珍しい'60年代後期の車種のモデル化でした。朱色がかった赤のボディカラーがいかにも'60年代の雰囲気を醸し出しています。今回ご紹介するノーマル・フォード版の他、同じ'68年型シェルビーGT500も製品化しています。(こちらはまた別の機会にご紹介の予定。)特にフォード版の'68は1/43では比較的近年まで製品化に恵まれておらず貴重な存在でありました。近年ではカスタムカー仕様にモディファイされて販売されているようです。例によってホワイトメタル製らしいずっしりとした重さで、見た目もがっちりした重厚な雰囲気です。同社の作風は正直'60年代以降のクルマには不向きな感もありますが(個人的感想)、リアの彫りの深い造形等なかなか見応えがあります。ボディサイドに"GT"のバッジがモールドされ、ホイールとリアのガスキャップには独特な縦書きのGTの文字が見えます。これら実車のディテールを忠実に再現している点はとても好ましいモデルだと思います。

スポンサーサイト

Comments

Body
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08