FC2ブログ

1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

2020年、コルベットは何処に向かうのか?

個人的にはいろんな意味で衝撃的なニュースでした・・・。

2020_Corvette_01.jpg

今週はF1もないし、久しぶりに'71~'73マスタング特集に戻れると思っていたのですが・・・いやはや、またしても触れずにはいられない新たなニュースが舞い込みました。。。それは選挙の情勢・・・ではなく(ちゃんと投票には行ってきましたが・・・)、2020年型のシボレー・コルベット・スティングレイの発表でした。かつてアメリカで新型車の発表というと9月か10月頃に次年度の新型車が発表になるのが通例でしたが、最近はそれがどんどん早まっているようです。今回は'19年7月19日でした。


https://www.youtube.com/watch?v=9k8e0hso8Zo
↑見られない場合はコチラから直接どうぞ。

次期モデルは予測されていた通りコルベット史上初のミッドシップレイアウトを採用、スポーツカーの成り立ちとしては一大転機を迎えたと言っても過言ではないでしょう。今の所6.2リッターNAエンジンで495hpとのことですが、ま、いずれGSとかZRシリーズとかよりハイフォーマンスなモデルが登場するであろう事は想像に難くありません。なにしろカマロやマスタング、チャージャーにもこれを上回る高出力エンジンを搭載したモデルがあるのですから・・・。

TSM_Corvette_ZR1_01.jpg

TSM_Corvette_ZR1_02.jpg
TSM製'19コルベットZR1の1/43レジン完成モデル。ひとまずFR最後の世代となるC7コルベット。まだまだ新型と思っていたのですがデビューは'14年でした。・・・'14~'19の6年で世代交代というのはコルベットの歴史の中では短命なように思います。このモデルに関してはいずれ改めてちゃんとご紹介したいと思います。

最近のアメリカ車はかつてのような直線番長ではなく、コルベットやカマロ、シェルビーGTもニュルのラップタイムでヨーロッパのスーパースポーツカーと覇をを競うまでになって来たのですが、今回のミッドシップ化はFRではもはやパフォーマンスの限界という判断がGM内であった模様です。GMでミッドシップというと、量産車ではポンティアック・フィエロ位しか思い浮かばないのですが、このような超ド級のハイパフォーマンスモデルをどれだけきちんとまとめ上げられているのか興味は尽きません。

Motor_Max_Corvette_Indy_01.jpg

Motor_Max_Corvette_Indy_02.jpg
↑以前ご紹介した事のあるモーターマックス製'86コルベット・インディ。過去にはコンセプトカーとしてミッドシップのコルベットが発表された事もありますが、2020年を迎えようやく量産モデルがミッドシップ化される事となりました。アメリカのコアなファンは果たして受け入れてくれるのでしょうか?

・・・が、コンサバなアメリカ車ファンである当方なぞは「コルベットといえばやっぱり長大なエンジンフードのFRだよな・・・」と思ってしまいます。実の所、C6以降はスタイリングもどことなくフェラーリに似て来たような気もしていたのですが、ミッドシップとなってキャビンが前進した事により、基本的なプロポーションも欧州製のスーパースポーツカーのようになりました。・・・やっぱりすぐには馴染めそうもありません。個人的には絶対的な性能より、そのクルマらしさや楽しさを追求して欲しかった気もするのですが・・・。2020年以降、GMとC8コルベットがどのような軌跡を辿るのか、注目してゆきたいと思います。
スポンサーサイト




Comments
 
ついに発表されましたね、C8コルベット。

テストショットや予想CGの時点で「フェラーリみたくなるんじゃないか」と危惧してましたが、蓋を開けて見ると意外や意外、コルベットらしさというか、アメリカンスポーツカーらしさというか、そういうデザインを感じられて、案外好感が持てました。実物を見るとまた印象が変わるのかな、と。

思えば、C7が登場した頃もリアウィンドウ周りの処理がC6までのサイドにウィンドウが回り込んだものから変わった為か、最初は意外と好きではなかったものが、気付けばコルベットの中でも1、2を争うくらい、好きになって居たので時間と共に……と思ったり。改めて見ますと、かつてのキャデラックのスーパーカーのコンセプト「キャデラック・シエン」にも近い気がしますし、意外とそこからもデザインの着想を得ていたのかな、と思いますね。

ZR1は出たばかりなのもあるのか、しばらくはC7コルベットのまま、C8と併売されると言う話ですが、やはり今までのロングノーズ・ショートデッキのFRから大きくスタイルが変わったのもあって、GMも少し市場に対する探りを入れながら開拓していくんでしょう。カマロの2023年生産終了の噂も一転して新型に着手しているという話なので、今後の動向を見守りたいです。


 Re: タイトルなし
Grizzly様

コメントありがとうございます。
出ましたね~。コンサバな当方は正直まだ馴染めない感じがしています。
仰る通り、クルマはやっぱり実物を見てみないと善し悪し分からないですよね。
最近のアメリカ車は動力性能も侮れないので、走ったらきっとスゴイんだろうと思います。
現行マスタング、そして’05年の先代もデビュー当初は余り好きになれなかったのですが、
すぐに大好きになりましたし(笑)。

C7とC6、当方はC6の方が好みです。そう言うのってミニカーの保有台数にも影響があって、
C7は余り所有していないんです。シエンはカッコ良かったですね。確かウチにもHWがあった
ような・・・。今日に至るまでキャデラックの市販車デザインに影響を与えている名作と思います。

ああ、そうなんですね・・・C7併売するのですか。なんだか、ついこの間デビューしたような気が
していたので、6年で終了は勿体ないなと思っていました。同じ車名で全く異なる車両レイアウト、
ある意味物凄く贅沢。FRとMR、コアなファンがどう反応するか興味深いですね。
カマロも頑張ってくれるとマスタング好きとしても嬉しいです。
 遅コメです
「コルベット」というとC2、C3、
頑張ってC4くらいまでの世代です。
って誰がおやじですか!
誰が60年代初頭の生まれですか!(*´ω`)

初めて知りました、コルベットがミッドシップになるんですか??
ひゃーーーっ( ;∀;)
ずっといつまでも直線番長のままでいてほしい、
というのは客側の勝手な思い込みですよね~。
ガンバレコルベット!
 Re: 遅コメです
celica197012様

コメント有り難うございます。
当方も一番好きなのはC2、次がC3という感じです。C4もカッコ良いですよね。
C6辺りから、コルベットは既に直線番長を抜け出しつつあり、ニュルで結構
速いタイムを叩き出していました。

今回のモデルチェンジでMRに一大変更をした理由が、FRのままでは性能的に
限界だったという事ですから、かなり本気で欧州製スーパースポーツと渡り合うつもり
のようです。

見た目的にはロングノーズでこそコルベットという感じがしますが、MRのポテンシャルが
どれ程の物なのか楽しみですね・・・。

Body
最新コメント
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
月別アーカイブ
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

123456789101112131415161718192021222324252627282930 11