FC2ブログ

1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

ブログ開設12周年(中途半端)

奥さんにリマインドして貰うまで、すっかり忘れ去っていました。。。

  000_3.jpg
↑上の画像は当ブログの初UP時に使用したもの。畳の縁を道路に見立ててミニカーで遊んだ少年時代、自動車は憧れ・夢の対象として輝く存在でした。その情熱や感動を失いたくはないと思います。

本日11月11日は当ブログを開設し、最初の記事をアップした日でした。今を去ること12年前、2007年の事です。地道・コツコツ型の人間ではありますが、まあ、よく続いたものです。・・・と言っても、最近はすっかりサボり癖がついてしまい、下手をすると月の更新が2回ぐらいという体たらくであります。自身のモチベーション低下が更新回数や内容に影響を及ぼしているせいか、アクセス数も右肩下がり・・・もっとも、1/43でアメリカ車を蒐集するという行為がマジョリティになるとは思ってもおらず、僅かでも興味を持って下さる方が増えてくれれば・・・という動機で始めた部分があるので、それ自体は余り気にしていません。

この10数年の間にネットを巡る環境もどんどん変化しており、新たなコミュニケーション手段が次々に誕生している事は折に触れて記しています。ハードウエアの主体もパソコンからスマホに替わり、最近は大学等の卒論の作成にもスマホを使うなどという話を聞くにつけ、借りてきたワープロ(!)で文章を作成し、写真を切り貼りしていた者としては隔世の感を禁じ得ません(・・・言っている事が年寄りくさいなあ/笑)。

これも折りに触れて記していますが、ブログというものの存在も、1部影響力の大きい有名人のそれを除けば曲がり角に来ているのかなと感じています。ブログサービス自体の終了も相次いでおり、本年末にまた1つ有名どころのブログサービスが終わろうとしているのもそうした現れではないかという気がします。コメントなどを通じネット上でコミュニケーションが取れるという特性も、より新しいツールの方が簡単で便利なのですから、取って代わられるのも致し方のない事なのだろうと思います。

・・・しかしながら、ブログには文章や画像をセットで検索・ソート出来るなど、アーカイブとして優れた特性もあると私は思っています。より手軽に情報発信の出来る新たなコミュニケーションツールは確かに便利ではあるものの、情報はネットに書き流しにされ、どんどん使い捨てられる刹那的なものになってしまっている気がしてなりません。自分は旧い世代の人間なので”コト”よりも”モノ”への執着が強いですし、今もそれを大事にしています。そんな自分にはブログはちょうど良い媒体だなとも思います。すっかり更新頻度も落ちていますが、もう少し続けてみよう・・・13年目に入るにあたり、改めてそう考えています。

  000_2_2.jpg

↑上の画像は2回目の記事で使用したもの。ジェネレーションYやZの若い方々と違い、”コト”より”モノ”に執着する旧世代な当方。実物を所有出来ない憧れのクルマたちは、ネット上の画像や動画などの”情報”ではなく、ミニカーという”立体物”で手許に置いておきたいのです。
スポンサーサイト




Comments
 デジタルよりアナログ
12周年、おめでとうございます。
2007年、割と最近のイメージですが、もうそんな前になってしまうとは……。と言いながらも、2007年ならジェネレーションZの当方がまだ小学校2、3年生くらいなので冷静に考えるとかなり時間が経ったのだなと思わされます(笑)

身の回りの同世代は、実際「もの」より「こと」を重視する人の方が多いように感じます。
それはデジタルとしてあらゆる技術が進んで簡単に情報が得られるからなのかもしれませんが、デジタルデータが半永久的に残ると思っていたのも、束の間。

実際のところ、数多くのレンタルサーバーの停止、ブログサービス停止等々で多くのデジタルデータが失われたと感じる次第です。今年3月のホームページサービスに続き、年内にブログサービスもまた1つ消えるわけですから……。

SNSもアカウント削除(や凍結)であらゆるデータが見れなくなりますし、Youtubeでさえ、同様の理由で昔観ていた動画が全く見られなくなってしまうことが普通に起こってるので、やはりデジタルデータは思っているよりも簡単に失われてしまうのだと思わずには居られません。
そういう意味でやっぱりアナログな「もの」の方が安心感があるなあと。当方はある意味、「前時代」と呼ばれてしまいそうな世代の側の人間でもあるのかもしれません。

 Re: デジタルよりアナログ
Grizzly様

ありがとうございます。

そう、割と最近のような気がしますが12年も前なんですね。
2007年といえば、まだ先代のマスタングがデビューして数年という所です。
当方の好きなアメリカ車がまだ沢山残っていた時代です・・・。
アメリカや日本で、これ程セダンが廃れてしまうとは思ってもみませんでした。
やっぱり、アメリカのポリスカーとタクシーは、フルサイズセダンじゃないといけません。

>まだ小学校2、3年生くらい
いや~お若いですね。でも、Grizzlyさんモノにも拘ると伺って親近感を感じます。
ジェネレーションY/Zがモノよりコトの世代とは色々な所で見たり聞いたりしますが、
CDなどの販売が減ってダウンロードが主流となったりするのを見ても、やはりそういう
事なんだろうなと思います。当方などはジャケットや歌詞なども含めて作品と考えてしまうので・・・。

お気に入りに入れていたブログやお店のサイトがいつの間にかなくなっていたり、Youtubeの
動画が削除されていたりすると一抹の寂しさを感じますよね。
当方はサービス終了に伴って、ブログの引っ越しを余儀なくされた経験がありますが、
記事内容や画像は引き継げても、全体のフォーマットやテンプレート、URLは失われてしまうので、
元のブログが消えてしまった時には自分の一部が失われたような気持ちになりました。

・・・核戦争が起こる前に、フォトブックにでもしておこうかしらん(笑)。
 12周年おめでとうございます!
遅れ馳せながら、
貴ブログ12周年、誠におめでとうございます!

それにしても、(以前にも書いたかもしれませんが)
和室の畳のヘリを「道路」に見立ててミニカーで遊んだり、
同じく畳のヘリを「サーキットの縁石」に見立ててプラモデルで遊んだり、
なんとも同じような事をして遊んでおられたんだなぁ~と、
感慨無量でございます。

あ、奇遇にも、
弊ブログでは只今ムスタング・マッハ1をアップ中です。(笑)
 Re: 12周年おめでとうございます!
celica197012様

ありがとうございます。


昭和の自動車大好き少年、やっぱり考えることは一緒ですね(笑)。
映画の影響と思いますが、画像の感じでカーチェイスごっこして遊んでました。
今だったら卒倒しちゃいそうなミニカー大惨事です(笑)。

子供の頃はミニカーのスケールや国柄など超越して遊んでいましたから、
今よりもずっと自由で豊かだったのでしょうね。
他には丸いお盆をステアリング、靴べらシフトノブに見立てて運転ごっこしてました。

最近コメントではご無沙汰しておりますが、ブログはずっと拝見させて頂いております。
オートワールドのエルドラードも素敵でしたね。
 おめでとうございます!
大変遅ればせながら、12周年おめでとうございます。

お互い、始めたころは、ブログというコンテンツがこんなふうになるとは思ってもいませんでしたね(汗)
でも、まったく無くなるということもないでしょうから、引っ越しを繰り返してでも、存続していただきたいと切望しております。

自分自身のブログも蒐集も停滞していますが・・・玩ヲタを止めた訳ではないので、今後とも宜しくお願いします。目指せ、24周年!!
 Re: おめでとうございます!
ねこざかな様

有り難うございます。
ブログを始めたばかり頃、ねこざかなさんや皆さんにコメントを頂いたり、
相互リンクを指せて頂いたり、勝手連で盛り上がったりして本当に楽しかったです。
僅かな期間の間に、本当にネットの環境は変化しましたよね。
24周年の頃には、どんな事になっているのやら・・・(笑)。

コミュニケーションを望むのであれば、SNSの世界に足を踏み入れれば良いのでしょうが、
当方は広くて浅いお付き合いが苦手なもので・・・。
存続出来る内は細々とブログで続けて行こうかと思います。

こちらこそ、今後ともよろしくお願い致します。
 
Ponys41様に速報!!
貴殿も集められていたはずのファーストレスポンス社(First Response)の1/43パトカーモデル群が2016年にGreen Light LLC社へ売却され、以降はGreen LightのいちシリーズとしてのFirst Responseとして再発足していることにお気づきでしょうか。
車種も減らされ、2012年式ダッジチャージャー覆面パトカーは廃止され、ダッジ関係では2006年式チャージャーが最新、他にはフォード・クラウンビクトリアの数バージョンがあるといった感じで、小生とっておきだったAmerican Heritageシリーズは引き継がれなかった模様です。
そこで同シリーズの代表作品だった2012年式ダッジチャージャーR/Tの紺と赤の二種はなんとMTC Electric TrainsのRAIL KINGシリーズとしてリストアップされており、要は鉄道模型のジオラマの一種として商品化されていることが今判明しました!!
ファーストレスポンスのグリーンライト側への売却に当たって、どのような取引があったか知る由もありませんが、とにかく「散り散りになった」というべき顛末ですよね!!
 
拙文の内容(元American Heritage1/43ダッジチャージャーの現在の販売元)について一部訂正いたします。
(正)MTH
(誤)MTC


 Re: タイトルなし
真鍋清 様

コメントありがとうございます。

グリーンライトの1/43スケール進出は、当方が知る限りではハイスピード製品のOEM
に始まっており、その後一連のジープ・ラングラーやフォード・フュージョンなど
自社オリジナル製品をリリースしてからも、1部の製品はイクソと金型が一緒だったりと
よく分からない部分が多いですね。

ファーストレスポンス金型の製品も以前から少しづつリリースされており、当方は
最近、フュージョンのイエローキャブ仕様やクラウンビクトリアのイエローキャブ
仕様で、ジョン・ウイックチャプター2劇中車仕様などを入手しました。

他にも、60セカンズのシェルビーGTはヤトミン、ビバリーヒルズコップ仕様の
シェビー・ノバはかつてのハイウェイ61の金型を使用したものでしたし、金型を譲渡
されたのか、OEMで供給を受けているのか、どうもグリーンライトの1/43シリーズは
既存の金型を活用している部分が多いようです。それゆえ、比較的安価である事は
有り難いのですが・・・。
 Re: タイトルなし
真鍋清 様

こちらの情報も有り難うございます。
MTHの展開は知りませんでした。元々1/43ミニカーはOゲージ鉄道模型のアクセサリー
からスタータしていると言われていますが、それを地で行く感じですね。
これらも金型が譲渡されたのか、それともパッケージ替えのOEM供給なのか・・・
どちらなんでしょうね。

Body
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
月別アーカイブ
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 12