FC2ブログ

1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

FORD GT特集補足: コンストラクター、キャロル・シェルビーのルマン。 ~BOX MODEL '63 AC SHELBY COBRA LE MANS

昨年12月に頑張りすぎて、今年1月・2月は息切れ気味であります。。。

BOX_63_COBRA_LE_MANS_01.jpg

レーシング・ドライバーとしてアストンマーチンにルマン24時間レースで初の総合優勝をもたらし、F1のステアリングをも握ったキャロルシェルビーでしたが、狭心症によりそのキャリアを諦めざるを得なくなりました。引退後はシェルビー・アメリカンを設立し、自身の理想とするスポーツカーのデザイナー・コンストラクターとして腕を振るう事となりました。彼の最初の作品はイギリスのライトウェイトスポーツカー、ACエースにフォードの260cu.in.(4.2リッター)エンジンを押し込んだコブラで、当時コルベットに対抗し得るスポーツカーを持たず(コルベットの対抗としてデビューしたサンダーバードは年を追うごとに大型化・ラグジュアリー化していた)、実用大衆車メーカーというイメージを払拭したがっていたフォード社と利害が一致。フォードはシェルビーアメリカンに対して、都度資金提供や工場用地取得などの便宜を図り、その過程でキャロル・シェルビーとリー・アイアコッカ個人との間にも太いパイプが結ばれていったようです。

BOX_63_COBRA_LE_MANS_03.jpg

BOX_63_COBRA_LE_MANS_04.jpg
↑'62年に販売を開始し、翌'63年には早くもFIAホモロゲーションを取得、モータースポーツシーンに進出したコブラ。ルマン・ルーフと呼ばれる独特なハードトップを備えた姿が個性的です。

'62モデルイヤーにコブラMk-1を発売した後、キャロルシェルビーは'63年にFIAのホモロゲーションを取得、コブラをモータースポーツの世界へと送り出しました。この年、コブラは早くもルマン24時間レースに参戦していますが、ワークスとしての出走は時期尚早と判断したシェルビーは、車両をACカーズとシェルビーアメリカンのディーラーに委ねます。カーNo.4ディーラープライベートエントリー車は規定前のオイル交換により失格となってしまいますが、ACカーズのエントリーしたカーNo.3は6台のフェラーリに次ぐ総合7位に入賞、初出場にして早くもそのポテンシャルを見せつける結果となったのでした。この年、シェルビーはオープンボディのコブラにルマン・ルーフと呼ばれたセミファストバック風のハードトップを被せてレースに臨み、その姿はロードバージョンとは異なる迫力と魅力を醸し出しているように思います。

BOX_63_COBRA_LE_MANS_07.jpg
↑ミニカーはACカーズからエントリーしたカーNo.3、イギリス人ドライバーニニアン・サンダーソン/ピーター・ボルトンのドライブで6台のフェラーリに次ぐ総合7位でフィニッシュしたマシン。ボックスモデルのこのパッケージも懐かしい感じがします。

ミニカーはイタリア製ボックスモデルの古い製品で、ACカーズからエントリーしたカーNo.3、ニニアン・サンダーソン、ピーター・ボルトン組のドライブで総合7位に食い込んだマシンです。同じ仕様のモデルはスパークからも発売されていたと思いますが、当方は新製品当時にこのモデルを入手していたのでスパーク製品はスルーしてしまいました(資金がなかったとも言う・・・)。入手してからかなりの年月が過ぎていますが、美しいグリーンメタリックの塗装やデカール類にも劣化が見られず、良好なコンディションを保っています。程々の造り込みもなされており、近年の製品と並べても大きくひけは取らないように思います。購入当時はレースのリザルトなどは知らなかったのですが、美しいボディーカラーに惹かれてこちらのマシンを選んでいました(笑)。

BOX_63_COBRA_LE_MANS_05.jpg

BOX_63_COBRA_LE_MANS_06.jpg
↑モデルは新製品時にリアルタイムで購入したイタリア、BOXモデル製の古い製品。ボディの塗装劣化やデカールのひび割れなどもなく、良好なコンディションを保っています。

BOXモデルのコブラは同ブランドでは数少ないアメリカ車の製品化でしたが、ルマン以外にも幾つかのレース仕様が存在したほか、ロードバージョンもバリエーションとして展開していました。ワイドボディの427ではなく、ナローボディの260/289系統をプロトタイプとしていた点は、今となっては貴重な事かも知れません。ロードバージョンのモデルはベースとなったACエースと共に、また別の機会にご紹介したいと思います。・・・こうしてコンストラクター・シェルビーのルマン初挑戦は幕を閉じましたが、ストレートでのフェラーリとのトップスピードの差は如何ともしがたく、翌'64年は更にレースに特化したマシンを投入してゆく事になります(次回へ続く)。

BOX_63_COBRA_LE_MANS_02.jpg
スポンサーサイト




Comments

Body
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
月別アーカイブ
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

123456789101112131415161718192021222324252627282930 04