FC2ブログ

1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

FORD GT特集 補足: コンストラクター、キャロルシェルビーのルマン。PART2 ~ TMS '64 Shelby Daytona Coupe Le Mans

なかなか本題のフォードGTに入れませんが、もう少しだけシェルビーのルマンについて記したいと思います。

TMS_Shelby_Daytona_01.jpg

'63年、純然たるワークス態勢ではないものの、コブラでのルマン初挑戦を総合7位完走で終えたシェルビーは、'64年には新たにデイトナクーペを開発し、ワークス体制でルマンに挑みました。ルマンではコブラに独特なハードトップルーフを装着したものの、エアロダイナミックの面でフェラーリ勢に劣ることが明白となったため、シャシーや289cu.in.(4.7リッター)ウインザーV8エンジンなどのコンポーネントをコブラから継承しつつ、空力特性に優れたクーペボディを構築、64年のデイトナ2000Kmレースでデビューした事からデイトナクーペと呼ばれるようになりました。

TMS_Shelby_Daytona_03.jpg

TMS_Shelby_Daytona_04.jpg
↑オープンボディのコブラでは空力面でライバルのフェラーリとトップスピードに差があったため、弱点を改善してファストバックのクーペボディを纏ったデイトナクーペ。ある種アメリカンらしい迫力に満ちた佇まいです。

ピート・ブロックの手になるボディデザインは、後半にピークのあるルーフラインや大きく盛り上がったリアフェンダーなど力感に溢れ,独特の迫力と魅力が感じられます。デビュー戦のデイトナでは惜しくもリタイヤとなりましたが、セブリング12時間での優勝を経てルマンに挑む事となりました。ダン・ガーニー/ボブ・ボンデュラント組のデイトナクーペは、終盤にオイルクーラーからのオイル漏れというトラブルを抱えつつもGTクラスでは他を圧倒する速さを見せ、クラス1位総合でも4位という好成績でフィニッシュする事となりました。レース後、同じく打倒フェラーリを目標としていたポルシェのチーム監督フシュケ・フォン・ハンシュタインは、フェラーリを倒してくれたことでシェルビーに感謝の言葉を贈ったと言われています。

TMS_Shelby_Daytona_05.jpg

TMS_Shelby_Daytona_06.jpg
↑TSMのモデルは美しい仕上がりで見ごたえがありますが、レジン完成品としてはウインドウ類のフィッティングが非常に良いと思います。

今回ご紹介するのはTSMから多種多様な仕様で発売されたシェルビー・デイトナクーペのレジン完成品からの1台で、'64年ルマンクラス優勝に輝いたCSX2299です。以前GT40特集内でご紹介した京商のモデルは別仕様でしたが、TMSからの発売によって無事ルマン仕様を入手する事が出来ました。要所にエッチングパーツを用いた精密な仕上がりで、ブルーメタリックの塗装も美しく、またこの種のレジン製品としてはウインドウ類のフィッティングが非常に良い点も特筆に値するのではないかと思います。クリアなガラス越しに室内のディテールが良く見えて見応えのある仕上がりとなっています。

TMS_Shelby_Daytona_07.jpg
↑この年、ジョン・ワイヤー率いるフォードワークスのGTがルマンに初出場を果たしますが、結果は全車リタイヤ。シェルビーとは対照的な結果となってしまいました。画像奥はビザール製フォードGT'64 ルマン仕様、フィル・ヒル/ブルース・マクラーレン組のカーNo.10(102号車)

こうしてルマン挑戦2年目でシェルビーアメリカンが大きな成果を挙げた一方、この年ルマン初挑戦であったフォードGTは全車リタイヤという厳しい現実に直面したばかりか、その年のエントリー全てをリタイヤで終える事となってしまいました。(詳細は過去記事を参照下さい)結果ジョン・ワイヤーはたった1年でプロジェクトのマネージメントから外されてしまい、翌'65年シーズンからはキャロルシェルビーがその任に就く事となったのでした。そして、その人事を行ったのは誰あろう、ヘンリーフォードⅡ世の腹心であり、映画”フォードVSフェラーリ”ではすっかり悪役にされてしまっていたレオ・ビーブその人だったのでした。シェルビーがフォードGTプロジェクトに抜擢された結果、デイトナコブラの活躍は'65年シーズンで終わる事になってしまったのは、皮肉と言えば皮肉な結果ではありました。

TMS_Shelby_Daytona_02.jpg
スポンサーサイト




Comments
 ご無沙汰しております。
久々にコメント失礼いたします。
今デアゴスティーニから試験販売で隔週刊1/43アメリカンカー コレクションなるものが出ているそうです。
出来はアシェットの国産名車ぐらいみたいですが、手軽にアメ車が集められるならよさそうかなと思ってます。

https://www.youtube.com/watch?time_continue=24&v=_2dDEEtaajg&feature=emb_logo
 Re: ご無沙汰しております。
うる様

コメントありがとうございます

・・・って、これ、当方的には相当ヤバいです!!!
物凄い情報、ありがとうございます。

車種的にはプレミアムXやグリーンライトと被る物が多いので、多くはイクソ系の金型のようですね。
・・・ですが、ノーマルの’70カマロや'69GTO、72チャージャー、’68バラクーダ(!)は
イクソ系金型では見た事がありません。'67シェルビーGTは旧アーテルにダイキャストの金型が
あってそれに似ている気がします。

・・・パイロット販売ですか~、このシリーズ、海外では商売になるのでしょうが、
果たして日本で正式GOになるんでしょうかね・・・。

Body
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
月別アーカイブ
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

123456789101112131415161718192021222324252627282930 06