FC2ブログ

1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

FORD GT特集 補足: Spark FORD GT Mk-2 Le Mans 1966 #5

緊急事態宣言による不要不急の外出抑制、多少の効果が見えて来たでしょうか?今週末も自宅で出来るブログ更新行ってみたいと思います。

Spark_Ford_GT_Mk2_5_01.jpg

1966年、ルマン必勝を期したフォードは大挙8台のGT Mk-2を送り込みました。何度も記したようにシェルビー・アメリカン3台、ホールーマン&ムーディ3台、アラン・マンレーシング2台という陣容でしたが、計16人のドライバー決定に関しては様々なアクシデントもあり難航します。予定していたメンバーの内、A・J・フォイト、ジャッキー・スチュワートが別のレースでのクラッシュにより負傷、ケン・マイルズのパートナーであるロイド・ルビーは飛行機事故で負傷、そしてフィル・ヒルはフォードのマネージメントと衝突し、ライバルであるシャパラルと契約する事となったのでした・・・。先回記したように、当時注目の若手だったマリオ・アンドレッティに声を掛けるなどした結果、フォードの'66年ルマンのドライバーラインナップは以下のようになりました。

Spark_Ford_GT_Mk2_5_03.jpg

Spark_Ford_GT_Mk2_5_04.jpg
↑ホールマン&ムーディ陣営で唯一24時間を走り切り、トップから12周遅れながら3位でフィニッシュしたロニー・バックナム/ディック・ハッチャーソン組のカーNo.5。リザルトからすればシェルビー・アメリカンとの差は歴然ですが、一応の面目は保ったと言えるでしょうか。

●'66年ルマン フォードGT Mk-2ドライバーリスト
カーNo.1(1015号車) ケンマイルズ/デニス・ハルム
カーNo.2(1046号車) ブルース・マクラーレン/クリス・エイモン
カーNo.3(1047号車) ダン・ガーニー/ジェリー・グラント
カーNo.4(1032号車) ポール・ホーキンス/マーク・ダナヒュー
カーNo.5(1016号車) ロニー・バックナム/ディック・ハッチャーソン
カーNo.6(1031号車) ルシアン・ビアンキ/マリオ・アンドレッティ
カーNo.7(XGT-2号車) グラハム・ヒル/ブライアン・ミュアー
カーNo.8(XGT-1号車) ジョン・ウイットモア/フランク・ガードナー


Spark_Ford_GT_Mk2_5_05.jpg

Spark_Ford_GT_Mk2_5_06.jpg

Spark_Ford_GT_Mk2_5_07.jpg
↑ゴールドのボディカラーにピンクのマシン識別カラー、右ドア上部にコブあり仕様。´66年ルマンにエントリーした8台のMk-2の内、このマシンのみノーズからドア先端部までホワイトのピンストライプを纏っているのが印象的です。何気にカッコ良いカラーの1台だと思います。

今回ご紹介するのはロニー・バックナム/ディック・ハッチャーソン組のカーNo.5(1016号車)、ホールマン・ムーディーからエントリーした3台の中では唯一24時間を走り切り、シェルビー・アメリカンの2台と共にパレード走行の栄誉に浴したマシンです。ゴールのボディにピンクの識別カラー、ドライバー側のドア上部にはヘルメットを収めるためのコブがあるタイプ。シェルビー・アメリカンの3台がソリッドカラーだったのに対し、ホールマン&ムーディーの3台は全てメタリックカラーを纏っているのも対照的で興味深いです。私見ですが、ひょっとしたらこれ自体がチームの識別になっていたのかも知れませんね・・・。また8台のMk-2の内、この車のみノーズからドア前端にかけてホワイトのピンストライプが入っています。

Ixo_66_Ford_GT_Mk2_5_01.jpg

Ixo_66_Ford_GT_Mk2_5_02.jpg
↑こちらは過去にご紹介したイクソ製モデル。本文に記したホイールやホイールスピンナーの色違いなど、細部考証に差異が認められます。H&M陣営ながらタイヤはスパーク製、イクソ製共にグッドイヤーを装着しています。改めて見直すと先回ご紹介したカーNo.6は、スパーク製がファイアーストン、イクソ製がグッドイヤーを履いています。途中のタイヤ交換で変更された可能性が高いかも知れません(シェルビー陣営の2号車はファイアーストンタイヤでスタートし、途中でグッドイヤーに交換していた)。

モデルはスパークの1/43レジン完成品で、プロポーション、フィニッシュ共に上々の仕上がり。過去にご紹介したイクソ製モデルと比較すると、ホイールの色がイクソは4輪ともゴールドに対しスパークは前輪がシルバー、ホイール・スピンナーはイクソが右2輪がブルーのアルマイト処理風、左2輪がクロームに対し、スパークは4輪共にブルーのアルマイト処理風と、細部の考証が微妙に異なっています。余り深追いするつもりはありませんが、どちらかが正しいのか?どちらも正しくないのか?興味のある部分ではあります。尚、タイヤはホール&ムーディ陣営ながらイクソ/スパーク共にグッドイヤーとなっているのでこれは間違いではなさそうです。ドライバーの契約の関係か?途中で入れ替えたのか?これも面白いですね。

Spark_Ford_GT_Mk2_5_02.jpg
スポンサーサイト




Comments

Body
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
月別アーカイブ
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 07