FC2ブログ

1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

FORD GT特集 補足:Spark FORD GT Mk-2 Le Mans 1966 #2 勝利の栄冠に輝いたマシン

非常事態宣言全面解除も近い?今日も自宅でできるブログ更新継続です。

Spark_Ford_GT_Mk2_2_01.jpg

さて、今回ご紹介するのは最終的に'66年ルマン優勝の栄冠に輝いたカーNo.2 1046号車です。ドライバーは共にニュージーランド出身のブルース・マクラーレンとクリス・エイモン。マシンはニュージーランドのナショナルカラーであるブラックとシルバーに塗られ、右フロントフェンダーにはNZのロゴも入っています。マシンを見た2人のドライバーはとても喜んだと言われています。粋な計らいですが、渋いカラーリングはFORD GTの筋肉質なボディとも相まって、独特の凄味を感じさせます。実質2位のポジションにいましたが、レース終盤に3台同時ゴールという演出を行った結果、走行距離の最も長かった者が優勝というルマンのレギュレーションの綾により最終的に'66年の栄冠を手中にする事となったのでした(予選下位だったマクラーレン/エイモン組の方が、マイルズ/ハルム組より後方スタートだった分走行距離が長かった)。

Spark_Ford_GT_Mk2_2_03.jpg

Spark_Ford_GT_Mk2_2_04.jpg
↑2人のニュージーランドドライバーに合わせ、ブラックとシルバーのナショナルカラーに塗られたカーNo.2 1046号車。フォードの戦略、ルマンのレギュレーションなど複合的な要因が絡み合い、最終的に総合優勝の栄誉を担いました。

モデルは今回もスパークのレジン完成品、ドライバー側ドアのルーフにコブあり、ゴールドのホイールにシルバーのスピンナー、タイヤはグッドイヤーを履いています。カーNo.2はシェルビー・アメリカンの3台の中では唯一、スタート時はファイヤーストーンのタイヤを履いていましたが、これはドライバーのブルース・マクラーレンがファイヤーストーンと契約していた事による物。ところがレース開始後、タイヤのグレイニングが発生、ピットストップ時にグッドイヤーに交換したのでした。この問題と、タイヤ交換時のレギュレーション確認によって、マクラーレン/エイモン組は後退を余儀なくされ、この事がなかったら件のパレード走行がなくても優勝していた可能性もあったと言われています。様々な要因が複雑に絡み合った結果としてのリザルトだったと言えるかも知れません。

Spark_Ford_GT_Mk2_2_05.jpg

Spark_Ford_GT_Mk2_2_06.jpg
↑モデルはスパークの1/43レジン完成品。過去にご紹介したことがありますが、今回は一応新たに撮影をしました。グッドイヤーのタイヤを履いているので、スタート時では無くタイヤ交換後の姿を再現した物。パレード走行の再現には都合が良い状態です。

●ネタバレ・映画フォードVSフェラーリと歴史的事実の相違点!?

さて、評論家や観客からの評価も高く、当方も大好きな作品である映画、”フォードVSフェラーリ(原題FORD v FERRARI)”映画の尺で数年の出来事を語るための省略や、エンターテイメントとしての演出等により歴史的事実と異なる点が散見されます。今回もA・J・ベイムの著書”フォードVSフェラーリ 伝説のルマン”との対比を軸に気付いた点を記してみたいと思います。毎回記していますが、上記映画と本のネタバレがありますので、未見・未読の方はご注意願います。

FORD_v_FERRARI_02.jpg

その3: ケン・マイルズは'65年のルマンに出場していた!!
映画ではすっかり悪役に仕立て上げられてしまった副社長、レオ・ビーブの差し金により'65年のルマンドライバーから外されてしまい、アメリカのシェルビーファクトリーで一人寂しくルマンのラジオ中継を聴いていたケン・マイルズですが、実際には彼は'65年のルマンに出場していました。この年フォードは2台のGT Mk-2をエントリー、カーNo.1がブルース・マクラーレン/ケンマイルズ組、カーNo.2がフィル・ヒル/クリス・エイモン組というラインナップでした。ただし、ケン・マイルズはブルース・マクラーレンからドライブを交代してすぐにギアボックストラブルでリタイヤ、殆ど走ることが出来ずにこの年のルマンを終えました。

Ixo_66_Ford_GT_Mk2_2_01.jpg

Ixo_66_Ford_GT_Mk2_2_02.jpg
↑こちらは過去の特集でご紹介したイクソ製のモデル。新製品当時の通常価格帯ダイキャスト製1/43モデルとしては、各車の作り分けは素晴らしいものでした。

・・・という事で、ケンマイルズがドライバーラインナップから外されるというのは映画の中だけのお話でした。歴史的事実としては'64年のフォードのルマン参戦時はまだシェルビーアメリカンが関わっておらず、結果的にケン/マイルズもフォードGTに乗っていなかったので、映画で描かれた'65年は史実の'64年と'65年をミックスして、そこにフォード側からの横槍というストーリーを付加したのではないかと推測します。ネットで調べてみても、レオ・ビーブという人は実際はもっと立派な人物だったというような記述もあり、映画では本当にとんだ悪役に仕立て上げられてしまったものです。こういう場合、悪役相当の人間は架空の人物にしておいた方が良かったのではないかなと思いました。

Spark_Ford_GT_Mk2_2_02.jpg
スポンサーサイト




Comments

Body
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
月別アーカイブ
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 07