1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

GAMDAKOOR SABRA '66 Plymouth Barracuda

Gamda_barracuda_ft Gamda_barracuda_rr


'60年代中盤はご紹介したいモデルが多く、なかなかマスタングに戻れません。。。


今回は初代モデルのプリマス・バラクーダです。バラクーダ/クーダというと、'70以降の3代目モデルを思い浮かべる方が多いのではないかと思います。2代目(映画”ハイウェーマン”に登場した赤いクルマ。)以降独立モデル化・ハイパワー化を推し進めマッスルカーのイメージの強いバラクーダですが、初代モデルはこんなに可愛い(?)クルマでした。成り立ちはクライスラーのコンパクトカーであるヴァリアントをベースに2ドアファストバッククーペとしたもので、サイドに回りこんだ大きなリアウインドーが特徴的です。2代目以降がクライスラーらしいちょっと”ワル”な雰囲気を醸し出しているのに対し、この初代は瀟洒で上品なイメージに感じられます。それでもコンパクトなボディにV8エンジンを搭載する事が出来たのですが・・・。


モデルはまたもやイスラエルのガムダクール。初代バラクーダのミニカー化は珍しいのではないでしょうか。例によってシンプル&素朴な出来ですが、プロポーションはなかなか良いと思います。1/43より小振りなサイズの多い同社ミニカーですが、以前ご紹介した'66マスタングHT同様実車がコンパクトなため、このバラクーダも概ね1/43スケールとなっています。ドアが開閉しますが事故修復車のように色がズレてしまっているのはご愛嬌。ボディを走る2本の黒いストライプも印刷やデカールでなく、吹き付け塗装のため滲んでしまっているあたりも味わい深いです。


バラクーダ/クーダは初代=ガムダクール、2代目=AMT(プラキット・カスタム仕様)、3代目=ロードチャンプス、マッチボックス/マテル、アーテル、Boss Model(ホワイトメタル)等、一応3世代全てが1/43モデルで揃います。

スポンサーサイト

Comments
 No title
どもでーす♪、、早々、お邪魔いたしまーす、、

>>初代バラクーダのミニカー化は珍しい。。

仰るとおりですねー、、このイスラエル産のモノと、モートラフィクだけではないでしょうか、、
あとは、amtの1/25キットだけです、、

で、コレ、意外とシャープなモールドで、良い感じですねー、、
 No title
覆面える様

いらしゃいませ~。
モートラフィクにもバラクーダが有ったとは驚きでした。しかもなかなか良い出来でしたね~。カラーリングも素敵でした。コチラのガムダクールはパーツ構成はミニマムなのですが、仰る通りプロポーションは結構良いんですよ。このクーダはちゃんと1/43だし(笑)。

1/43の2代目('67~)はamtのプラキットが有るんですが、カスタマイズされてサイドウインドーの形も変わっちゃってるので、ノーマルに戻すのはちょっと大変そうです。。。
 No title
バラクーダ、なかなか決定版がないですね・・・。
ここら辺いかがでしょうか?
http://www.ebay.com/itm/160453304981

あとコチラのバラクーダもロードチャンプなんかに
比べて、全然よさげです。
http://www.ebay.com/itm/120376787154
http://www.ebay.com/itm/400125362430
 No title
毛唐様

いらっしゃいませ~。
初代バラクーダの1/43モデルは当方も↑のガムダクールかこの
ホワイトメタルモデルしか知らないです。気にはなっているのですが
何分お高いので・・・。

2代目バラクーダの1/43モデルはamtのプラキットがあるのですが、
カスタム仕様でオリジナルとはだいぶ異なる姿になっています。
http://www.ebay.com/itm/ws/eBayISAPI.dll?ViewItem&item=330568268184

BOSSモデルの’70年型はかつてキットでTRANS-AMレース仕様と
ノーマル仕様が日本にも入って来ていました。こちらも当方は未入手です。
同じシリーズの’70マスタング BOSS302は入手しましたが、未組立で
絶賛放置中であります(笑)。
 No title
クライスラーが鋭意開発中の次期ダッジチャレンジャーは、「SRTバラクーダ」のブランドネームを纏ってアルファロメオと共同開発の後輪駆動シャーシを使用するという!!
2014年に登場予定の同車、実現すればプリムスバラクーダへの原点回帰であるのと同時に、アメリカ発ワールドクラスのスポーツクーペとしてBMW3シリーズクーペもアウディA5もご用心な予感がする!
Ponys41様も楽しみだと思いませんか。

さて同クラスつながりで小生は最近、しばらく遠ざかっていたレクサスIS350を運転したい禁断症状に襲われている―何なら昨今は2004年式ヴィッツ1300U-Lにばかり付きっきりで、レクサスは名義の関係等大人のしがらみから父親に独占されておりました、それがヴィッツは99535kmと「四捨五入して」10万km圏に届き、ヴィッツを今後やたら酷使せずに負荷をかけないで15万kmまで持ちこたえさせる計算から遠出にレクサスISを多用しようという運びなのです!
そんなレクサスISのライバルの一員たる新生クライスラーSRTバラクーダ、小生も一生に一回は手に入れたい衝動に駆られますが現実はレクサスISを最後に中大型車から降りる確率が高く、次は軽自動車ダイハツミライースで暮らしながらデイトレーダーをする公算大なため、「楽しむのは今のうち」なのかも知れません。
さあ日本語教師の「みんなの日本語」教案をまとめないと!
 No title
真鍋清様

いらっしゃいませ~。
次期チャレンジャー改めバラクーダ、今月のA-CARSにも記事がありました。
V8は搭載されない可能性が高いとの事ですが、最近のアメリカ車では
V8搭載車が減っていることを考えると有り得る話ですね。

個人的にはSRTバラク―ダは純粋に新型車として追加して、チャレンジャー
はそのまま残して欲しいような気もします。(もちろんV8エンジンも。)
同様に300ベースのチャージャーがどうなるのかも気になる所ですね。

マスタングも次期モデルは少しコンパクトになるという話もありますし、
1000馬力なんていうのは今の世代が最後なのかも知れません。
さみしい気もしますが、新世代モデルがどのようなクルマになるのか、
2014年はポニーカーから目が離せない年となりそうです!
 No title
レスどうもありがとう!
おお、Ponys41様もA-Cars6月号買って読んでいたのですね!
そこで手前味噌かもしれませんが、まさに小生からお知らせ―同誌の読者投稿欄の一番最初に「S.T様」からの投稿として出ている「ダッジチャージャー MOPAR11」に関する文章は、ズバリ私が書いたものですので、Ponys41様も読んでくださればと思います!!
(※S.Tとはブログネーム「真鍋清」に対する本名の頭文字です)
 No title
真鍋清様

再びいらっしゃいませ~。
A-CARSの読者投稿欄、拝読致しました。
水と油のようにも思えたフィアットとクライスラーの提携も、今の所案外
上手くいっている感じもしますね。

編集の人も書いておられたように、新型バイパーもイタリアンな感じ
は余りしませんし、お互い補い合って良い方向に向かってくれると
良いな~と思います。バラク―ダも期待出来そうですね!
 No title
2代目なんですが、これって今後出るんでしょうかね・・・
1/18と1/43と発売予定みたいなんですが。

★メーカー:ハイウェイ61
★車種メーカー:バラクーダ
★商品番号:0HW50715
★発売日:2011年6月下旬頃

http://minicar-fs.jp/shopdetail/033001000002/
 No title
HIGHWAY61の1/43はようやく’69マスタングが発売になりましたが、
この車種については当方は残念ながら情報は持っていません。
今の所日本でも予約が開始されているのは本ビーショーに展示されていた
4車種だけだと思いますし・・・。
ちょっとネット検索した限りではそれらしい情報は見つけられませんでした。。。
・・・すみません。気を付けておくようにしたいと思います。

Body
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10