1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

12月18日(日)は第96回ワンダーランドマーケットです。

早いもので来週の日曜日は今年最後のワンダーランドマーケットです。

ワンダーランド16夏07
↑当方の前回(7月)の取得物。今回はどんな出会いが待っているか・・・。

日本最大級にして長い歴史を誇るアンティークトイ&ホビーのノミの市、ワンダーランドマーケット。ティントーイ,ダイキャスト,プラモデル,キャラクターグッズ,カタログ,書籍・・・大きな会場にこれらのアイテムがずらりと並んだ様は壮観です。恒例の会場オークションも開催されますし、最近は個人出展者様のブースもひと味違ったラインナップで興味深いです。

●第96回ワンダーランドマーケット
・日時; 2016年12月18日(日) 10:00~16:00 (一部早目に撤収される出展者さんもいます)
・場所; 横浜産貿ホール
・入場料; 1,000円
・主催; 横浜元町サンセット さん


ワンダーランド16夏02
↑先回の会場オークション出品の一部

ワンダーランド16夏04
↑恒例の実車展示も毎回楽しまさせて頂いています。

実際に商品を見て、触れて、選んで買えるというのはネットでの買い物とはまた違った魅力があります。今回も良い出会いを期待したいです・・・。

ホビーフォーラム2016調査報告

本日は楽しみにしていたホビーフォラム2016開催日。当方もお小遣いを握り締めて現地へ・・・。

 HF2016_01.jpg

モデルクラブの作品展示、メーカーの新製品&予定品展示、ミニカーやプラキット等の物品販売、オークション、作品コンテスト・・・クルマやバイクを中心とする車両系模型の総合イベント=ホビーフォーラム。今年は爽やかな好天に恵まれ、いつにも増して来場者が多かったように思います。

HF2016_02.jpg

当方は開始時刻の少し後10時30分頃に現地入り、先ずはともかく部品販売のチェック。会場はさながら「ザ・男のバーゲンセール」状態(笑)。毎度の事ながら思わぬブツに出会ってしまい、あっという間に軍資金がなくなってゆきました。。。

HF2016_03.jpg

HF2016_04.jpg

部品販売のチェックが済んだらモデルクラブの作品展示とモデルコンテストへ。有名な方の作品や、モデルカーズ誌の紙面を飾った作品などを直接見られるまたとない機会。

HF2016_05.jpg

HF2016_06.jpg

また、知り合いの方々と久しぶりにお会いしてお話出来るのも嬉しいです。
作品が少しずつ完成に近づいてゆくのを拝見するのも興味深いです。


HF2016_07.jpg

HF2016_08.jpg

日本製の旧いアメリカ車キットやエレールの小さな1/43キットもきっちり作り込むと見応えのある作品となります。この辺りは実物を拝見しないと中々感じ取りにくい部分です。

HF2016_09.jpg

HF2016_10.jpg

実車のTVCMのシーンを再現したり、1/43でボディの叩き出しに挑戦したりと、その創意工夫の方向性の広さは、完成品蒐集がメインの当方のようなコレクターでも大いに創作意欲を刺激されてしまいます。

HF2016_18.jpg

HF2016_12.jpg

HF2016_11.jpg

更に数は多くはありませんが、メーカーの新製品や予定品の展示もあり、こちらも興味深い物。・・・最近は製品もどんどんディープな世界に向かっているようです。科特隊のコルベア・・・展示は1/18でしたが、もしも1/43が発売されたらどうしよう(悩)。

HF2016_14.jpg

HF2016_13.jpg

HF2016_15.jpg

ホビーフォーラムでひとしきりディープなカーモデルホビーに浸った後は、お天気が良かったので大桟橋をブラブラ。赤レンガ倉庫やランドマークタワーを眺めたりしながらしばしまったり。フォーラム会場のアツさとは正反対ののんびりとした空気を味わってから帰宅しました。

HF2016_17.jpg

で、今回の当方の戦利品。先ずはホットホイールの'15マスタングコンバーチブルと、シェルビーGT350Rのレッド、ストライプが曲がっていない物をゲット。さらにCUSTOM '12 MUSTANGのバン・ギットン風仕様も・・・。

HF2016_16.jpg

アメリカ車に特化した筈の当方ですが、今回入手の1/43モデルは何故か日本車ばかり。ハイストーリーのAE92トレノGT-Z(日本にもメーカー純正のスーパーチャージャーが存在したのです)と、JB23系ジムニーの'04年型(最近何故かとても気になるクルマ)。どちらも半額とまでは行きませんが、かなりお安くゲット・・・とはいえ温存していた今月のお小遣いはほぼ払底。残りをどうやって暮らして行けば良いのやら。。。(汗)

11月6日(日)はホビーフォーラム2016です。

HF2016_1.jpg
↑ここ数年は撮影をサボっているので古い画像で失礼します。雰囲気が伝われば・・・会場は大桟橋ホールで、非日常的な雰囲気が味わえる空間です。

・・・人間、歳をとると月日の経つのが本当に、いやと言うほど早くなります。。。今年もあっという間に10月の後半、2週間後の11月6日(日)は大桟橋ホールでホビーフォーラム2016が開催されます。モデルカークラブの作品展示、メーカーの製品展示、ショップさんを中心とした物品販売、会場限定品販売、オークション等々が複合したクルマ模型の一大イベントです。11月ホビーフォーラム、12月ワンダーランドマーケットと、神奈川県内でモデルカー関連のイベントが目白押し。今から楽しみですが、懐具合が甚だ心もとないです。。。

HF2016_4.jpg

●ホビーフォーラム2016
公式サイトはコチラ

開催: 日時2016年11月6日(日) AM10:00~PM4:30

場所: 横浜港大さん橋国際客船ターミナル内 大さん橋ホール
    〒231-0002 神奈川県横浜市中区海岸通1-1-4
    アクセス情報はコチラ

入場料: 一般入場無料

開催概要:
・モデルクラブ作品展示
・メーカー、ショップ、個人による物品販売+一部製品展示
・会場オークション
・会場限定商品販売

                                    ・・・etc.

HF2016_2.jpg
↑作品展示はクルマ、バイク、建機など車輪のある乗り物中心なので、様々なジャンルの集う静岡ホビーショーとはまた一味違う密度の濃さが感じられます。作者の方に製作の苦労話やノウハウなどを伺うのも楽しいです。

会場は横浜港大さん橋国際客船ターミナル内の大桟橋ホール。ユニークな設計で非日常的な空間となっています。ここを訪れるだけでも楽しいのですが・・・開始時間の直後はデパートのバーゲン会場の様相を呈していて、そんな事を気にしている余裕はないのですよね(笑)。この会場を借り上げ、入場無料で開催下さっている関係者の皆様には本当に感謝です。

HF2016_3.jpg
↑物品販売は新しい物・旧い物、高い物・お値打ちな物と様々・・・こちらも楽しいです。(スタート時は必死/笑)

第95回 ワンダーランドマーケット プチ調査報告

先回は行けなかったワンダーランドマーケット、今回は無事に訪れる事が出来ました。

ワンダーランド16夏01

4月をスキップしているので当方はちょっと新鮮な気分。毎回フリマスペースで出展していた方が正規ブースの方に移っておられるなど、色々と変化がありました。オークションの出品物をチェックするとガムダクールが!・・・幸い(笑)入手済みのバリエーションでしたが、そうでなければオークション初参戦となるところでした。恒例の実車展示はお馴染みのマルモチ・フィアットや30系セドリック、車高を落としたVW TYPE-Ⅱ、'01~'04と思われるトヨタ・タコマ。入り口のネコパブリッシングさんに立ち寄ると、なんと最新model cars誌244号でガムダクールが記事になっているとの事。嬉しくなってしまってその場で購入致しました(笑)。

ワンダーランド16夏02

ワンダーランド16夏03
↑オークション出品物の中にガムダクールのシェベル・イスラエル・ファイアチーフが!!

ワンダーランド16夏04

ワンダーランド16夏05

ワンダーランド16夏06

さて、今回の当方の捕獲品は、HWのシェルビーGT350R2色とテクノの'66マスタング コンバーチブル。最近はHWなどの1/64にはなかなか手が(資金が。。。)廻っていないのですが、このキャストはやっぱり欲しかったのです。一方テクノのマスタングは分解・組み立てが可能な同ブランドの宿命か、フロントウインドウ、三角窓、ステアリングなどが失われてしまっているのですが、某博士の愛あるレストアを受けて蘇った1台。購入の決め手はボディの赤が綺麗だったのと、トランク内の備品と共に失われる事の多いエアクリーナーパーツが残っていた事です。帰宅後、中性洗剤・ティッシュ・綿棒の洗車セットでクリーンナップした所、なかなか良いコンディションになりました。

ワンダーランド16夏07

やはり行くと色々と楽しい事のあるワンダーランドマーケット。12月もまた訪れたいと思います。

7月31日(日)は第95回ワンダーランドマーケットです。

来る7月31日(日)は2016年2回目となるワンダーランドマーケットが開催されます。

#93_ワンダーランド_09
↑昨年12月の当方の捕獲品の1部

日本最大級のアンティークトイ&ホビーのノミの市、ワンダーランドマーケット。ティントーイ,ダイキャスト,プラモデル,キャラクターグッズ,カタログ,書籍・・・大きな会場にこれらのアイテムが並んだ様は壮観です。恒例の会場オークションも開催されますし、個人出展ブースも要チェックです。

●第95回ワンダーランドマーケット
・日時; 2016年7月31日(日) 10:00~16:00
・場所; 横浜産貿ホール
・入場料; 1,000円
・主催; 横浜元町サンセット さん


#93_ワンダーランド_02
↑同じく昨年12月の会場オークション出品の1部。

たくさんのアンティークトイの中からお気に入りの品が見つかるかも・・・。
当方は前回4月は残念ながら訪れられなかったので、今回は訪れられればと思っています。

静岡ホビーショー2016調査報告 Vol.2 モデラーズクラブ合同作品展編

先週末から風邪をこじらせてしまいブログの更新もままならず・・・。開催から時間が経ってしまいましたが、静岡ホビーショー2016調査報告第2弾、モデラーズクラブ合同作品展編をお送りします。

静岡ホビーショー2016_20

日本全国、更には海外からもモデルクラブが作品を持ち寄る静岡ホビーショーの合同作品展、その全てを楽しもうと思ったらこちらだけでも1日では足りないかも知れません。例によって当方が個人的に興味を惹かれた作品をご紹介したいと思います。

静岡ホビーショー2016_21

静岡ホビーショー2016_22
先ずは当方好みなアメリカン・マッスル&ラグジュアリーカー、どちらも時代を感じさせるメタリック塗装が美しいです。

静岡ホビーショー2016_23
モデルカーズ誌の紙面を飾ったマスタングたち。どの世代もきちんと作り込むと見応えがあります。

静岡ホビーショー2016_24
働くクルマのモデルも多数ありましたが、当方はどうしてもアメリカ車に目が・・・。

静岡ホビーショー2016_26

静岡ホビーショー2016_25
昨年は片山豊氏、今年は桜井眞一郎氏のフィギュアが登場した日産テクノさんのブース、エンジンやフレームの作品もいつもながらお見事です。

静岡ホビーショー2016_27
昨年もお見かけしたSFメカのソリッドモデル、小糸のモデルクラブの方の作品だったようです。

静岡ホビーショー2016_29

静岡ホビーショー2016_30

静岡ホビーショー2016_28
どの作品もベースはプラキットだと思うのですが・・・錆や使い込まれた雰囲気、もはや金属にしか見えない質感。誇張した表現も魅力的です。

静岡ホビーショー2016_31

静岡ホビーショー2016_32
こちらは非常に大きな作品。モルタルや錆びた金属など質感表現、ノスタルジーを感じさせる室内の様子など素晴らしいです。

静岡ホビーショー2016_33
こちらも非常に大きな作品。個々の造り込みももちろん凄いのですが、作品全体から感じられる背景設定や世界観が魅力的です。

静岡ホビーショー2016_34
映画のワンシーンを切り取ったよう・・・。LEDの普及は模型作品の表現にも新しい世界をもたらしたようですね・・・。

静岡ホビーショー2016_35
過去にも拝見した事のあるカングーロのフルスクラッチモデル。製作過程や使用工具までもディスプレイ化されています。

静岡ホビーショー2016_36
同じ方は謎の円盤UFOのシャドーカーもフルスクラッチ。その情熱には脱帽です。

静岡ホビーショー2016_37
開場のそこかしこに見られたくまモンのプラキット。メッセージは伝わっていたと思います!

静岡ホビーショー2016調査報告 Vol.1 メーカー展示編

昨日は同好の士数名と毎年恒例の静岡ホビーショー調査に赴きました。

静岡ホビーショー2016_01
55回目となる静岡ホビーショー、今年も自衛隊車両展示や地元高校の吹奏楽部演奏会などイベントと共に盛大に開催されました。製品の展示に関してはミニカーショップさんのサイトなどで包括的な情報がUPされると思いますので、当方は個人的に感じた事や、気になった製品をご紹介したいと思います。

●完成品1/43モデルにダイキャスト回帰と低価格化の動きか???

静岡ホビーショー2016_02
今回初めて知ったのが、レジン完成品が中心だったスパークが1/43でもダイキャストの製品展開を始めるという事。ブースの方に伺った話では6月頃発売予定、価格は3千円台との事。ミニカーの仕上がりも良さそうで、コンテナ型のケースに収まって発売されるそうです。

静岡ホビーショー2016_03

静岡ホビーショー2016_04
また、TSMは2017年型NSXのモデルにおいてボディ本体はダイキャスト、シャシーや内装、一部外装部品などをレジンとするハイブリッドな構造を採用するとの事。価格も通常のレジン完成品より抑えられるとの事でした。

静岡ホビーショー2016_05

静岡ホビーショー2016_06
1/43モデルは近年ではレジン製のハイディテール・高価格の製品が主流を占めていますが、当方など高価すぎて付いてゆけなくなりつつある状況だったので、こうしたダイキャストによるリーズナブルな製品展開の流れは歓迎したい所です。FIRST43やオックスフォードなども安価なモデルのバリエーションを順調に増やしていますし、ミニチャンプスも既存金型を仕様した安価なライン、マキシチャンプスを展開するようなので、今後は高額品とリーズナブルなモデルの二極化が進むのかも知れません

●超私的、気になった新製品・予定品

静岡ホビーショー2016_07
ありそうでなかったミニチャンプスポルシェ356カブリオレのイエロー。ブリット劇中車としてマスタング、チャージャーと並べたい・・・。BでなくCだったらバッチリだったのですが・・・。

静岡ホビーショー2016_08
フォード・ジャニュイン・パーツは今後の車種展開によっては当方はヤバイかも・・・でも価格が。。。

静岡ホビーショー2016_09
トンキン・レプリカのケンワースT700はルーフを外してインテリアが見えるのでしょうか?1/53という縮尺は同ブランドの建機モデルとの関係からと思われます。

静岡ホビーショー2016_10
TSMでは新型フォードGTが気になります。ブルーは日本でも発売済み、当方はお世話になっているショップさんにシルバーのデトロイトショー仕様を予約してあるのですが・・・うむ~、イエロー&ブラックストライプもカッコ良いです(悩)。

静岡ホビーショー2016_11
TSMからもう一台、1/43GMフューチャーライナーのモデルはボディサイド開閉式、ルーフは閉じた状態とせり上がった状態の組み変え式になるのだとか・・・。コチラは確かNEOと競作だった筈。非常に魅力的な1台。

静岡ホビーショー2016_12
トラック系ではビザールのダイヤモンドTタンカーにも興味津々。この個性的なオイルタンカーは、先頃オート・カルトが製品化したばかり。コチラもまさか1/43で競作になるとは・・・驚きです。

静岡ホビーショー2016_13
トミーテック、トミカリミテッドの1/43セドリックY31のタクシー仕様。異型角ライトの個人タクシー仕様なんかもお願いしたいです。

静岡ホビーショー2016_14
ノンスケール小暮課長、関節が可動し様々なポージングが可能。この後他のメンバーも製品化されるんでしょうか???

静岡ホビーショー2016_15
血中鉄分濃度も高めな当方、トミーテック「鉄コレ」のキハ54-500番台が気になります。先発のグリーンマックスとの仕上がりの違いがどうなるか・・・。ステンレスボディの金属感がキモでしょうか?塗装済サンプルが見たかったです。

静岡ホビーショー2016_17

静岡ホビーショー2016_18
毎回予定品を実車と共に展示して会場を盛り上げてくれるアオシマさん、今年はランボルギーニ・ウラカンの1/24プラキット!!

・・・という事で極端に偏ったメーカー展示レポートはここまで。次回はモデラーズクラブ合同作品展をご紹介します。


オートモデラーの集い in横浜2016に行ってきました。

昨日土曜日は同好の士数名とオートモデラーの集いin横浜2016に行ってきました。日本全国から大勢のカーモデラーが自慢の作品を持ち寄って展示するこのイベント、対象が自動車・モーターサイクル中心という事もあって、静岡ホビーショーのモデラーズ展示とはまた違った密度の濃さを感じました。開場は例年通り日産の横浜工場に隣接するエンジン博物館/ゲストルームで、歴史ある建物やその展示自体大変興味深いものです。展示はどれも素晴らしい物でしたが全てはご紹介しきれないので、ごくごく1部ですが個人的に気になった作品をいくつかご紹介させて頂きたいと思います。

オートモデラーの集い2016_01
↑ルマンの疾走感を表現するため、ライトを点灯し、背景の文字やホイールのブレを表現した作品。流し撮り写真の立体化のようで見応えがあります。

オートモデラーの集い2016_02
↑特装車系を中心にLEDを活用してライト類を点灯させている方が多かったように思います。

オートモデラーの集い2016_03
↑スケールを問わず、フルスクラッチに挑戦される方も増えているように感じました。

オートモデラーの集い2016_04
↑ランチアベータターボGr5はエレールの1/43プラキットの前後カウルを着脱/開閉改造し、内部を作り込んだもの。素材としてのエレールのポテンシャルと、作者さんの技術力と感性が光ります。

オートモデラーの集い2016_05
↑HTをセダンに、2ドアを4ドアに、ある車種を別車種にと、モディファイして作りかえる方も多かったです。この作者さんは4ドアHTをセダンに改造した上、タクシーとして仕立てておられました。

オートモデラーの集い2016_06
↑当方の大好物の劇中車。コロンボ警部のプジョーはエレール1/43プラキットの4ドアセダンを2ドアコンバーチブル化。フィギュアも良く似ています。

オートモデラーの集い2016_07
↑こちらは映画「王者の道 マルホランド・ラン」で主人公の駆ったポルシェ356スピードスター。各部の再現度はもちろんの事、やはりフィギュアも特徴を良く掴んでおられます。

オートモデラーの集い2016_08
↑作者の方は510ブルのオーナーで、モデルはサスペンションや操舵機構を活かしながら車高を落とすのに苦労されたのだそうです。そうしたお話を聞けるのもこうしたイベントの楽しい部分です。

オートモデラーの集い2016_09
↑TE27レビンのプラキット、床板のオイルパンのモールドを見ているうちに作りたくなり製作したという2TG。作者は年齢的に当方よりも先輩にあたる方。その創作意欲と情熱に脱帽です。

オートモデラーの集い2016_10
↑クリエイションはプラキットやレジンキットだけのものではありません。缶コーヒーのおまけも手を加えてジオラマの中に置けば生き生きと輝きを増しますね。

オートモデラーの集い2016_11
↑こちらはミールトイをベースとしたモディファイ、これのタイヤ&ホイールを換えてみたいって気持ち、良く分かります。

当日は同行したお仲間と共に当方の作りかけの小さなモデルも数点展示させて頂いちゃいました。。。すばらしい作品の数々や実車について多くの方と語り合い、楽しいひと時を過ごさせて頂きました。毎回開場の提供や運営をして下さっている関係者の皆様、素晴らしい機会をお与え頂き本当に有難うございました。

やっぱり行きました・・・第93回ワンダーランドマーケット

・・・なんだかんだで、やっぱりワンダーランドマーケットを覗いて来ました。

#93_ワンダーランド_01

2015年の最後となる第93回ワンダーランドマーケット、出店数、来場者共にかなり多かったように思います。当方は開場からお昼頃まで現地にいましたが、モデル探しや知り合いの方とのご挨拶など、楽しい時間を過ごしました。

#93_ワンダーランド_02

#93_ワンダーランド_03

今回も会場オークションに参加はしませんでしたが、出品物はしっかりチェック。自分の探している物がないのが残念だったりほっとしたり・・・(笑)。

#93_ワンダーランド_08

#93_ワンダーランド_07

#93_ワンダーランド_06

更に毎回興味深い実車展示、今回はお馴染みマルモチフィアットと共に当方の大好物な渋めのフォード車2台。1台は'63のギャラクシー、そしてもう1台は・・・'64マーキュリーコメット!しかもエンジンフードからすると404搭載車か?フォード版のファルコンの兄弟車ですが、やはり一味違う雰囲気です。

#93_ワンダーランド_04

#93_ワンダーランド_05

こちらも恒例化しつつあるHWを中心としたカスタム作品の展示とくじ引き。美しい仕上がりとセンスには唸らされました。

#93_ワンダーランド_09

最後に今回の当方の捕獲品、テクノのトロナードの白と今の所ブランド不明のフォード・クラウンビクトリアのNYPD仕様。ウェリーとも違うしマイストでもなさそうだし・・・そしてファーストレスポンスのフォード・ポリスインターセプター、SFPD仕様を安価に見つけたのでゲット。気が付けばこのキャストは初入手でした。果たして来年はどんな出会いがあるのか・・・今から楽しみです。

12月20日(日)は第93回ワンダーランドマーケットです。

来る12月20日(日)は2015年最後のワンダーランドマーケットが開催されます。

Mattel_Astro_2_04.jpg
↑前回のワンダーランドマーケットで当方が入手したモデルの1台。個人的には訪れる度に何かしら新たな出会いがあります。

日本最大級のアンティークトイ&ホビーのノミの市、ワンダーランドマーケット。ティントーイ,ダイキャスト,プラモデル,キャラクターグッズ,カタログ,書籍・・・大きな会場にこれらのアイテムが一堂に会する様は壮観です。恒例の会場オークションも開催予定のようです。

●第93回ワンダーランドマーケット
・日時; 2015年12月20日(日) 10:00~16:00
・場所; 横浜産貿ホール
・入場料; 1,000円
・主催; 横浜元町サンセット さん


#92_ワンダーランド_05
↑前回の会場オークション出品物の1部

たくさんのアンティークトイの中からお気に入りの品が見つかるかも・・・。
何かと慌ただしい年末ですが、時間をとって訪れられればと思います。

1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
月別アーカイブ
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

123456789101112131415161718192021222324252627282930 04